特別編・5

 
 
 

    ──戻ってきましたね。
 

    ……ああ。
    胸の内に、苦いものが一杯にたまっていた。
    目の前の鋏を見下ろすと涙が出そうになって、きつく唇を噛んでそれをこら
   えた。
    隣で蛟も、沈痛な瞳で鋏を睨んでいる。
 

    ──何度繰り返しても結局は戻ってくるでしょう。さあ、今度こそ……決め
      ますか?
 

    私はやりきれない思いで、鋏と、遥か下方の青い星を見つめた。
 

   「切ってしまったら……何もかも消えますか?」
    蛟が真剣な顔で天を振り仰ぐ。
   「もう、新しい何ものも……ないんですか?」
    それからわずかためらい、再び口を開く。
   「俺と……水緒は、どうなるんですか?」
 

    しん、と辺りが静まり返った。
    私は急に怖くなって、蛟に肩を寄せた。
    蛟はちらりと私を見て、ぐっと手を握りしめてくる。
 

    ──二人で……つくりますか?
 

    長い沈黙の後、やっと声がした。
 

    ──何もない、どろどろとした土の中から……もう一度、すべてを、あなた
      達二人で……つくりますか?
 

    蛟はまっすぐ、私を見た。
    その目の中に同じ思いを見い出して、私は深くうなずいた。
   「……つくります。二人で」
 

    ──ならば、始めなさい……すべてを消して、そこから始めなさい。
 

    私はそっと、冷たい鋏の持ち手に触れた。
    蛟がそのもう一方に手を乗せる。
 

    怖い、ああ、こうやってすべてを切ってしまうことの何とおそろしいことだ
   ろう……でも……私達は……やらなければ、すべてを……始めなければ。そう
   だ、二人なら……二人でいられるなら……構わない、何だって、もう、構いは
   しない。
 

    私の指と蛟の指に、同時に力が入った。
 
 
 
 

    そんな夢だ。
 
 

  2000.6.6
 

              番外編・1へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る