特別編・4

 
 
 

    目を開けると、ぼろぼろに崩れた天上が見えた。
    全身が重たく、だるい。
    私はゆっくり、首をめぐらせる。
    どうやら長椅子のようなものの上に寝かされているようだ。
    すぐ隣には会議机らしきものが見える。そして……
 

    私は目を見開いた。
    床の上に、何人もの少女が寝かされている。
    どうやら死んでいる訳ではなく、眠っているようだ。
    更に首を動かすと、私の寝かされている椅子と直角に、壁に沿ってもうひと
   つ長椅子があり、その上にも少女が一人眠っているのが見えた。
 

    部屋の中はひどく荒れて、空気も淀んでいる。
    一体……どうして……こんなことに、なったのだろう。
    私はもう一度首を動かし──部屋の片隅の空間が、ぐにゃりと歪み出すのを
   見た。
    目をこらして見つめていると、みるみるその場所に何かが凝って──そこに、
   トヅカの姿が、現れた。
 

    ぐうっ、と喉の奥から何かがせりあがるような心地がした。
    トヅカは怪我を負っているのか、顔に血がついている。
    床に片膝を立ててあぐらをかいたまま、彼は私を見て、凄惨な笑みを浮かべ
   た。
   「……俺の勝ちだ。何度も何度も邪魔をした、でも結局は俺の勝ちだ……俺の
   植えた‘憎しみの種’が何もかもを滅ぼした。もうお前には何もできまい」
 

    私は目を見開いて、彼を凝視した。
    記憶がごおっと逆流する。
    ……ああ、そうだ、そうだった……時も場所も越えて、何度も何度も、数え
   切れない程私達は戦った、私は何としてでも彼の企みを阻止したかった……そ
   れなのに。
   「人は憎しみ合う方がずっと簡単で楽なのさ。お前には止められない」
    憎々し気にトヅカは言い捨て、からからと笑う。
    頭に一瞬で血がのぼった。
 

   「何度も逃げられた。今度こそ……殺してやる」
    トヅカはさっと、腕を構える。
    その腕は、私のようなちゃちなものでない、一目見てそれと判る、本物の機
   銃に改造されていた。
    その瞬間、すぐ近くで動きを感じた。
    

    はっと見ると、隣の長椅子で、少女が目を覚ましていた。
    そばかすの散った顔を恐怖にひきつらせ、椅子から飛び出そうとする。
   「……この角度なら当たらない、動くな!」
    私は咄嗟に大声で叫んだ。
    銃が空気を裂いて火を吹いた。
 

    どうっ、と煙のように血しぶきが上がった。
    床に寝かされていた少女達は皆、全身を撃たれて一瞬で息絶えた。
    耳の鼓膜が痛くなるような、急速な沈黙が降りる。
    私も、隣の少女も、傷ひとつついていなかった。
    沈黙を破って、隣の少女の喘息のような喘いだ呼吸音が聞こえる。
    その瞳には、うっすら涙が浮いていた。
 

   「……つまらん」
    トヅカは唾を吐いて、私を睨んだ。
   「命乞いでもすれば少しは可愛げもあるものを……」
    言いながら、今度は銃口が届く位置にずい、と体を動かした。
    脇の下につうっと冷や汗が流れる。
 

    その時、壊れかかった扉がばん、と大きな音を立てて開いた。
 

   「トヅカ、駄目だ……殺させない、水緒は殺させない!」
   「蛟、情が移ったか!」
 

    飛び込んできた蛟とトヅカは、床でもみあった。
    私はその隙に、急いで長椅子を降りた。
    少女達の体をかきわけるようにして、場所を確保する。
    そしてまっすぐ、トヅカに指を向けた。
    トヅカは素早くそれに気がつき、自分の銃を無理にこちらに向ける。
 

    撃たれる、そう思った時、私の目の前にそばかすの少女が立った。
   「あなた……」
   「撃って、早く、わたしを盾にしてあの男を撃って!」
    その顔にはもう涙の影はなく、決然とした覚悟がありありと浮いている。
    トヅカが大きく舌打ちをして、蛟の腕をかわしてさっと銃を上げ、一瞬で少
   女の額を撃ち抜いた。
    小鹿のように細い体が、ぐらりと揺れる。
    私はひと声叫んで、その体の間からトヅカの額を6回、正確に撃った。
    大きな体の動きが、ぴたりと止まる。
    そして、どす、とその姿勢のまま、壁にもたれかかった。
 

   「…………」
    私は大きく息を吐いて、その場に背中を丸めた。
    目の前にそばかすの少女が倒れている。
    知らぬ間に両頬を涙がつたっていて、彼女の短い髪の上に落ちた。
 

   「……水緒」
    全身に傷を負った蛟がよろりとこちらに近づいてくる。
    私はゆっくり、顔を上げて彼を見た。
   「終わった……やっとだ……手遅れでも……終わった」
    蛟は呟いて、私の頭に手を回そうとし、わずかにためらった。
    指が髪に触れる。
    一瞬の逡巡があったと思うと、強く引き寄せられ、肩に頭を押しつけられた。
    ……ああ。
    再び、まぶたの間から熱い涙があふれた。
 

   「……そう思うか」
 

    その時声がして、私は全身を堅く引き攣らせた。
    髪の間の蛟の指も、固く引き締まる。
 

   「本当に……そう思うか」
   「……トヅカ……?」
    壁に張り付けられたその顔は、血まみれになったまま、全く動いていない。
    なのにはっきり、声が聞こえた。
 

   「蛟、お前が裏切ることは判っていた……お前達の間には何かがある、切るこ
   とのできない何かがつながっている……吐き気がするな」
    その声は、彼の腹の辺りから聞こえてくるようだ。
   「やっと触れ合えて何よりだ……だが、すぐに終わらせてやる」
    声が低くなって、何となく凄みを帯びる。
   「俺は意識を電子脳に移して、腹部に移植した……この頭はただの飾りさ、中
   身は……空っぽだ」
   「……トヅカ!」
    蛟が銃を構えると、トヅカはからからと笑った。
   「俺の腹の中には爆弾が仕込んである……ほら、今そのスイッチを入れてやろ
   う」
    カチリ、と小さな音がして、秒を刻む時計の音が始まった。
   「水緒、行こう!」
    蛟は私の手を握って、部屋を飛び出した。
   「15秒だ……これで……この辺りは……あらかた吹っ飛ぶ……」
    背中でトヅカの声と、血を吐くような笑い声が響いた。
 

    閉じ込められていたビルは、おそろしく高かった。
    非常階段を、蛟は飛ぶように走った。
    ばん、と扉を開けて外に飛び出すと、目の前は海だった。
    黒い雲が重たくたれこめ、波が激しく打ち寄せている。
    その間を、たくさんの骸骨が逃げ惑っていた。
    もう死んだ身だというのに、それが自分で判らず、爆弾から逃げようとして
   いるのだ。
 

   「……畜生!」
    蛟が叫んで、睨むように空を見上げた。
    カチッ、とどこかで針が終わりを告げる音が聞こえる。
 

   「──STOPだ、水緒!」
 

    蛟が高く叫ぶと同時に、すべてがくるっと白く消えた。
 
 
 

              特別編・5へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る