特別編・3

 
 
 

    この海辺の家に、私は父と二人で住んでいる。
    兄は仕事で遠い土地に住んでいて、母はこの前、父と喧嘩をして出ていった
   きりだ。
    まあ、喧嘩をすると激しいが、根本的には仲の良い夫婦なので、私はそんな
   に、心配していなかった。どうせすぐに戻ってくる。
    案の定、出ていって二週間もしない内に、母は帰ってきた。
 

    裏庭で洗濯物を干していた私を捕まえ、「父さんどう? 反省している?」
   と真剣な顔で聞くので、私は笑ってしまった。
   「そんなの、自分で聞けばいい。奥にいるよ」
    母はしばらくしぶっていたが、わざと相手をせずにいると、やがて諦めて中
   へ入っていった。
 

    私はその場に残って洗濯物を干し続け……ふと、丘の下の家に続く道に目を
   止めた。
    兄だ。
    連絡もなく帰ってくるなどと、珍しい。
    私は二人を呼びに行こうかと思ったが、面倒なので放っておいた。
    兄は裏庭にいる私には気づかず、家に入っていく。
 

    その、わずか数十秒後に、家の中からものすごい音がした。
    私ははっとして、洗濯物を放り出して家の中に駆け込む。
    廊下を走り、居間へと飛び込み──心臓が、止まった。
 

    ソファの上で、父と母が死んでいた。
    その前に、兄が無表情に立っている。
    指の先から、薄い煙が出ていた。
 

    知らず、呼吸が浅くなって、歯がかちかちと鳴った。
    兄がゆっくりと振り返る。
    その目には、やはり表情というものが無い。
    構えた指が、私に向けて、まっすぐに上げられる。
 

    その瞬間、すべての時間が止まって、目の前に全く違う風景が見えた。
    そこにいるのは、あの大きな体の男だ。
    私はその顔つきに、身震いがした。
    何だろう、あの目、あの顔……ひどく気分が悪い、そう、何というのか……
   「邪悪」という概念をこねあげて顔にしたような、そんな感じがする。
 

   「俺は‘憎しみの種を植える者’としてこの世にやってきた」
    男が低く誰かに話している。
   「人を憎しみ合わせる。命を奪い合わせる。それが俺の命の元だ」
    隣にそれを聞いている人影が見える。
   「俺の仕事にはお前が要る。万一俺に何かあったら、お前が跡を継げ。それが
   お前の存在する意味だ、蛟」
   「……判ってるさ、トヅカ」
 

    影は顔を上げた。
 

    この……二人が……兄をあんなにしたのだ、私には判った。
    トヅカと、ミヅチ。
    私はその名とその顔を、深く心に刻み込んだ。
    忘れない。絶対に、忘れない。復讐してやる。絶対に。
 

    はっと我に返ると、そこは家の居間だった。
    兄は指先を私に向けたまま、動きを止めている。
 

   「……どうして撃たない!」
 

    不意に居間の入り口の方から声がして、私はばっとそちらを見た。
    トヅカだ。
   「お前には確かにこの俺が憎しみの種を植えた。さあ撃て!」
    その隣に立っているのは……ミヅチ。
    全身の血が逆流した。
   「……あんた達が!」
    私は豹のように、二人に飛びかかった。
 

    ミヅチが大きく目を見開いて、空中に飛んだ私を見つめた。
    わずかな一瞬が、飴のようにぐうっと引き伸ばされ──私の指がその喉にか
   かろうとした瞬間、三度、私達は遠くに弾き飛ばされた。
 
 
 

              特別編・4へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る