特別編・2

 

 
 
 

    辿り着いた場所は、知った土地だった。
 

    ああ、そうだ、ここは……家の……近くだ。家の近くの、畑や田んぼの間の
   あぜ道。
    だがよく見ると、その風景は微妙に変わっていた。
    気温からして季節は春か秋だ。でも、田畑はひどく荒れ果て、いつもはそこ
   ここに見える人影も、誰一人見当たらない。
    私は何だかひどく不安になって、必死に走った。
 

    小高い丘に出て、私は立ちすくんだ。
    丘の上から、累々と死体が横たわっている。
    遠くの方で、銃のようなものを撃ち合っている人影が見える。
 

    一体……私はどれ程の時間、ここを離れていたのだろう、その間に、一体何
   が?
 

    私はよろよろと足を踏み出した。
    その動きに気がついたのか、人影がこちらに近づいてきた。
 

    ……殺される、咄嗟に判った。理由も理屈もなく、直感的にそれを悟った。
    私はさっと両の指を組み合わせて突き出し──自分のその動きに、殆ど愕然
   とした。
    手も、指も、どこからどう見ても全く変化はなかった。なのに……自分の手
   の中に銃が埋め込まれている、それがはっきり判った。他の人々もみんな同じ
   体になっていて、それで撃ち合って殺し合ったのだ。
 

    弾は6発。
    これを使ってしまったら、どこでどう補給すればいいのか判らない。
    どんどん大きくなる人影を見ながら、私はぎり、と唇を噛んだ。
 

    人影は二人いる。
    ひどく大きなのと、私より少し背が高いくらいのと。
    大きな方が前に立っていて、小さい方はよく見えず……けれど不意に、その
   小さい方が、自分の指を構えたまま、さっと前に走り出た。
 

    ……蛟。
 

    私ははっと息をのみ──同時に、向こうも私に気がついた。
 

    私は構えを解き、彼に向かって走り出した。
    彼も同じように、私の方へ走ってきて、その手を伸ばした。
    指先が触れあおうとしたその時、地面がぐにゃりと歪み、私達は再び、また
   違う時空へと放り出された……。
 
 
 

              特別編・3へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る