特別編・1

    
 
 

    こんな夢を見た。
    ……と言って、普段なら夢の話を始めるところなんですが、先日、それはもう、
   大河な夢を見てしまいまして。もっのすごく長く、一応最初から最後まで大きな
   破綻もなく、話ができている。
    しかし何分、あまりにも長いので、いつものように一夜分として書くとすごい
   ことになってしまいそうだし、割とはっきりと章分かれのような状態になってい
   る為、このような変則的な手段をとってみました。
    では、お楽しみ下さい。
 
 
 

    こんな夢を見た。
 
 

    ──ミズオ、ミヅチ。
 

    どこかで名を呼ぶ声がした。
    水緒は私の名、蛟は彼の名だ。
 

    私達の足の遥か下には、瑠璃色の地球が見える。
    そして胸の辺りから下方に向いて、おそろしく巨大な銀色の鋏が、刃を開い
   て静かに浮いていた。
 

    再び声がする。
 

    ──その刃を閉じればこの星のすべては無と化す。水緒、蛟、それを決める
      のはお前達だ。さあ、どうするか決めなさい。
 

    私は鋏に手を触れ、その冷たさにためらった。
    隣を見やると、蛟もこちらを見た。
   「……決められない」
    その瞳に、声が勝手に口からこぼれた。
 

    ──今決められないのなら……お前達はもう一度定めを繰り返す、時間と空
      間の中を激しく行き来して、すべてを再びその目にしなければならな
      い……それでも?
 

    決められない、今度は蛟が小さく言って、そっと私の手を握った。
 

    ──では……もしもここで終わらせたい、そう思ったら戻ってきなさい。
 

    次の瞬間、私達は全く違う時間と空間の中へ、別々に放り出された。
 
 
 

              特別編・2へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る