番外編・4

 

     こんな夢を見た。
 
 

    「第九夜」で見たスーパーマーケットで無差別殺人犯に殺される夢、本当は
   あの夢はあそこで終わりではない。
    何とわたしはこの日ひと晩の夢で、実に3度も死ぬ羽目になったのだ。
 

    まずこのスーパーでの死が1回目。この時は「わたし本人」だった。
    で、「死んで」、はたと気づいた時には、全く別世界の、郊外の公園らしき
   場所で、道沿いに生えた木蓮のような花の咲いた木に上って遊んでいる、小学
   生くらいの女の子になっていた。
    それが不思議で、ぱっと気がついた時にはもうその子なんだけど、「その子
   としてのそれまでの人生」の記憶は遠い彼方の方にいってしまって、ひどくお
   ぼろげにしか感じられず、「スーパーで死んだ自分が今気がついてここにいる」
   という風に感じられた。けれど何故かそれが全然違和感がなく、「ああ、自分
   はあれからこの子に生まれ変わったんだな、で、そのことを今思い出したんだ」
   とごく自然に判った。
 

    そしてそれに気がついてまもなく、すぐに2回目の死がやってきた(笑)。
    急に天気が悪くなって、激しい落雷がまっすぐに落ちてきて、一瞬で木は激
   しい炎を上げ、わたしごと燃え落ちたのだ。
 

    ……はたと気がついた時には、また別の場所にいた。
    煉瓦壁の洋館の、2階の寝室のベットの中だ。
    そこでわたしは、ひどく病弱な体を持った高校生くらいの少女だった。あま
   りにも体が弱くて殆ど外に出たこともなく、最近では自分のこの部屋を歩くこ
   とさえままならない状態だった。
    さすがに3度目ともなると理屈が判ってきて……この、前世の死の記憶、こ
   れを取り戻した時が「現世の自分の死の時」なのだとすぐに自分は覚悟した。
    予測は外れず、わたしはそのまま、ベットの上で、誰にも看取られずにしず
   かに息をひきとった。
 

    また別の場所に生まれ変わるのか、と思ったらそうではなくて、気がついた
   時には、どうやら「幽霊」のような存在になって、その洋館の外に漂っていた。
   そしてそれは、最初の「わたし本人」だった。
    漂いながら辺りを見回すと、「2度目の自分」「3度目の自分」も幽霊になっ
   てすぐ傍に浮かんでいた。
    わたし達は互いに確かに別人なのに、何かをはっきり共有していた。他人な
   のに、間違いなくどれも自分自身だった。
    わたし達はしばらく窓の外から少女の安らかな死に顔を見つめると、丸く手
   をつなぎ、まっすぐに空のものすごく高い場所に向かって一心に上っていった。
 
 

    そんな夢だ。
 
 

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る