番外編・3

 

     こんな夢を見た。
 
 

    夢の中で別人になっていることは多い。男になっている時もあるし、外人
   さんの時もある(でも喋っているのは日本語(笑))。
    けれど高校の時に見たある夢は、少々変わってました。
 

    夢の中で、他人の頭の中に入り込んでるんです。
    でも入られているその若い男性は、わたしがそこにいることに全く気がつ
   いてない。
    わたしは彼の脳の中にいて、彼の目を通してものを見たり、彼の耳を通し
   て音を聞いたりできるんですが、それに何の手出しもできる訳じゃないんで
   すね。ただ見てるだけ。彼の思考も、大体の感じは伝わってきても、はっき
   りと読み取ったりはできない。
 

    で、この彼、ある女性に惚れてるんです。
    ところがどうもこの女が、ろくなもんじゃないんですね。
    どんな女か見てやろう、と思ったはいいが、電話をしても「今忙しいの」
   てな感じで相手にしてもらえない。彼の視界に現われてくれない限りわたし
   には見えない(笑)。
    が、友人との会話を盗み聞くところによると、相当な美人のようだ。しか
   しどう見ても彼のことをミツグ君とかアッシー君としてしか見てなくて、他
   にもそんな男をたくさん従えているらしい。
    友人達は口をそろえて「あんな女やめとけ」と言うし、見てるだけのわた
   しでさえ「そりゃーやめた方がいいよ、キミ」と思ったものだが、彼は聞く
   耳持たず。一心に彼女のことを思い、プレゼントを贈ったり、手紙を書いた
   り一所懸命なのです。
 

    が、ある日、とうとう決定的にふられてしまいました。それも、手紙で。
    短い、冷たい文章を読みながら、彼は泣いていた。
    顔も知らない、ろくなイメージがない、わたし自身には何の思い入れもな
   い女なのに、何故かその時彼の感じている哀しみがまるで水のようにすうっ
   と心に染み通ってきて、ひどくかなしくなって、涙が流れた。
    夢の中で泣いたのは、これが初めてだった。
 
 

    そんな夢だ。
 
 
 

              番外編・4へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る