番外編・2

 

     こんな夢を見た。
 
 

    中学二年か三年の頃、一ヶ月くらい毎日同じ夢を見続けたことがある。
    夢それ自体は、なんてこともないものだ。
    朝起きる。朝食を食べ、制服に着替えて、学校に行き、授業を受け、家に
   帰って夕飯を食べ、風呂に入って寝る。
    と、本当の自分が目を覚ます。
    そんな夢を、一ヶ月間毎日見ていた。
 

    これは、やってみれば判りますが(笑)、疲れます。ほんっとーに、疲れ
   る。全然眠った気がしない。人の倍動いて休みはゼロ。
    しかも人の倍勉強できて成績も二倍、ならまだ良いのだが、疲労が残って
   いる割に授業内容についての記憶は殆ど無かった(笑)。バカ極まれり。
 

    ある日突然何の脈絡もなく始まり、ほぼ一ヶ月間続き、そしてやはり何の
   前触れもなくぴたりと終わりました。以来このようなことはありません。あ
   れは一体、何だったんでしょうねぇ。
 

    ……でも当時、最もおそろしかったことは、何かをしていてふっと「あっ、
   これはどっちの自分なんだろう?」という疑問が胸をよぎること。急に足元
   がすくわれるような不安。
    わたしは夢の中でも、ほぼすべての五感がある人なので(大人になってか
   ら気づいたのだが、嗅覚は鈍いようだ。これから夢か現実か判断したくなっ
   たら何かの匂いを嗅げばいいのか(笑))、「痛くないからこれは夢」的な
   判断ができないんです。その為、一度その疑問が起きると確認する術が全く
   なかった。
    しばらくすると忘れてしまうんですが、何かの拍子に、また思い出す。眠
   って目が覚めても、それが「夢に入った起床」なのか「現実の起床」なのか
   判らない。宙ぶらりんで苦しい、不思議な日々でした。
 
 

    そんな夢だ。
 
 
 

              番外編・3へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る