番外編・1

 

     こんな夢を見た。
 
 

     夢の中で、RPGをやってるんですな。
     それが、ゲームの中に自分がすっぽりと入っちゃってるというスタイル
    のゲームなんですよ。
     ゲームの中で自分は男で、何故か主役、というかいわゆる勇者的立場の
    人間ではなく、彼の親友、というかしょっちゅう対立はするんだけど実は
    信頼しあっているという、009におけるジェットのような、ガッチャマ
    ンにおけるコンドルのジョーのような(笑)、クールでニヒルな、非常に
    おいしい役どころでありました。
 

     ……それがどうした、と言われそうなんですが、何がすごいって、まる
    で 「FF8」のごとく、総ポリゴン状態だったんですな。
     風景も、まわりの仲間も、そして自分も無論、総ポリゴン。腕を見ても
    足を見てもポリゴン。すげえ。
     冒険してるうちに火山のふもとで温泉を見つけて、のんびりお湯につか
    ったりもしたんですが、無論お湯も湯気もポリゴンであった(笑)。
     仲間には女性もいたんで、温泉番組のごとく白いバスタオルを巻いた姿
    まで見てしまいましたが、言うまでもなくそれもポリゴン。
     目が覚めてつくづく、「俺って変態?」と悩んでしまいました(爆)。
 
 

     そんな夢だ。
     ただそんだけ(笑)。
 
 
 

              番外編・2へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る