第九夜

 

 

     こんな夢を見た。
 
 

    休日のスーパーマーケットには、たくさんの人がいた。
    午後の陽射しは店の中までさしこんで、あちこちで笑い声が響き、何だか
   ひどくのどかだ。
    だがそれを打ち砕くように、突然店の入り口の方から破裂音と耳が裂ける
   ような悲鳴が響いた。
    断続的に続く鼓膜が震えるような破裂音、子供の泣き叫ぶ声、ばらばらと
   駆け出す靴音…………何?
 

    こちらへ一人の男がものすごい顔つきで走ってきた。……服についている
   のは、あれは……血だ。
   「銃をぶっ放してる。こっちに来る。早く逃げろ……!」
    言い終わらないうちに、目の前で男の胸に後ろから穴があいた。
    わたしは反射的に、身を翻して駆け出した。
    角を曲ろうとした時、リノリウムの床に足をとられて滑った。
    ああ、と思う間もなくわたしは床の上に転がり、そして……すぐ背後に靴
   音、獣の気配、カチリと引き金に指がかかる、発射音。
    同時に、背中に火のように熱い重たい一撃がきた。
 

    ああ、死ぬんだ。
    とてもあっさりと思った。血がどっと出て一気に体温が下がった。痛いイ
   タイいたい。そうか、こんな風に自分は死ぬのか。
    ……ふと気づくと、すぐ隣に若い男が膝を抱えるようにして座っていた。
    何とか顔をねじまげて見ると、男は青白い顔色をして、かたかたと細かく
   震えていた。時折店内をうかがうように、首を伸ばして棚の向こうを覗く。
    その膝の上には、大きな銃があった。
    ああ……この男が……そうなのか。
    見ていると、男は震える手で、ズボンの後ろのポケットから薄い文庫本を
   取り出した。そして読むでもなく、ただぱらぱらとめくり始めた。まるでお
   守りを扱う手つきのようだ。
    ああ、あの本は……自分も、知っている。
    そう思った瞬間、勝手に声が出ていた。
 

   「その本……わたしも……好きだ」
    びくり、と大きく男の体が震えた。
    ゆっくりとこちらに向けられた目は、小動物のように怯えきっていた。
    どうやらわたしにまだ息があるとは思いもしなかったらしい。
   「でも、主人公は……あまり、好きじゃ……ない、ライバルの方が……ずっ
   と、いい。そう……思わない?」
    じわじわととろ火であぶられているように全身が痛い、どろりとした自分
   の血が胸からどくどくと流れ出している、なのにそんな状況の中で、わたし
   の口は勝手にその本についてべらべらと喋り続けた。何故か怒りとか憎しみ
   とかいう思いは全く無かった。そんなものは何もかも、どうでもいいような
   気がしていた。
 

    くどくどとどれだけ喋ったか、突然……本当に突然、何の前触れもなく堰
   を切ったように、男の両の瞳からどっと涙があふれ出た。
    そして男は、床に倒れたままのわたしの肩の下に腕をさしいれ、ぐいと引
   き上げるようにして抱え起こし、きつく抱きしめた。
    痛みですうっと、気が遠くなる。
 

    気がつくと、男に抱かれてどこかを運ばれていた。
    眩しい。外だろうか……ああ、駐車場……だ。
    広い駐車場のトイレに男はわたしを運んで、子供用のベットの上に寝かせ、
   耳元で早口に叫んだ。
   「救急車を呼んでくる。あんたは必ず助ける、生きてくれ」
    走り去っていく足音を聞きながら、わたしは痛みの感覚がだんだんどろり
   として、鈍く遠くなっていくのを感じていた。
 

   「大丈夫ですか、大丈夫ですか!」
    涙まじりの、女性の叫び声がする。
   「今助けますからね、大丈夫ですからね!」
    うっすらと目を開いてみたが、もう殆どものが見えない。
    ああ……もう……駄目だ、このまま……もう一度目を閉じたら……それが、
   終わりだ。
    明滅する光のように時折消えかかる意識の合間に、わたしは何とか集中し
   て、声を発した。
   「……彼に」
    彼に……伝えて。
   「何? 大丈夫ですからね、喋らないで!」
    わたしは、もう……此処に、いられない、あなたを独りこの世に残して…
   … いく、ごめんね……さよなら。
    その言葉が届いたのかどうか、もう判らなかった。
 

    わたしの意識は今までいた世界を離脱して、すうっと、どこまでも何も無
   い場所をまっしぐらに落下していった。
 
 

    そんな夢だ。
 
 

  1999.11.6
 

              第十夜へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る