第八夜

 

 

     こんな夢を見た。
 
 

    あの高い山脈を越えた草原から、私はこの遠い異国の地に嫁いできた。
    故郷の地では、女は皆、黒い髪を長く伸ばしていくつもの細かい三つ編み
   にたらし、その家に代々伝わる赤や青の原色の鮮やかな民族衣装を身につけ
   ている。それは遥か先祖から続いてきた私達一族の誇りだ。
    無論この新しい家でも私はそれを捨てるつもりはなく、夫もそれを当然の
   こととして受け入れていた。
 

    新しくやってきたこの国はとても大きかった。けれど私達は国境の外れに
   近い、人の少ない土地にいて、国の中央の動きなど何も知らずに日々を送っ
   ていた。
    嫁いで何年もたった後、やっと生まれた娘が3歳になった冬の日に、その
   男はやって来た。
 

    新しい国王からのお達しだ。華美な衣装も化粧も、すべて禁止する。違反
   をすれば、命は無いぞ。
 

    呆れ返る程居丈高に男は告げて、去っていった。「近隣を見回ってから、
   またやってくる。その時までに髪は切り、服は燃やせ」との言葉を残し。
 

    ひと晩、眠らずに考えた。
    けれどどれ程考え続けても、結論はひとつしかない。
    これを私に捨てろと言うのは、魂を捨てろというのと同じだ。
    部屋の中央にたいた火の傍で、ぐっすり眠る小さな娘を抱いて、私はひと
   り決意を固めた。やはり眠らず、一言も喋らず、部屋の隅でじっと私を見つ
   めていた夫は、瞬時に私の心情を理解し、小さくうなずいた。
 

    次の日の朝、私は編んだ髪と真紅の衣装で、男を迎えた。
   「莫迦な女だ」吐き捨てるように呟くのを無視して、立ち上がる。
    かあさま、呼んで、膝にまとわりつく娘を、部屋の奥の夫にそっと押しやる。
   「立派に育てる」、低い声で夫が言った。
 

    町への長い道のりを歩き、石畳の広場へと出る。
    広場の真ん中には、縄を輪に結んだ処刑台が立っている。
    粗末な木の階段をのぼりながら、私の心には一点の曇りも無い。
    処刑人の手を拒み、自分で縄をかけると、私は足元の台を蹴った。
 

    こんなに息は苦しいのに、不思議に安らかだ。
    私の娘は、きっと美しい女になる。
 
 

    そんな夢だ。
 
 

  1999.11.1
 

              第九夜へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る