第七夜

 

 

     こんな夢を見た。
 
 

    映画のような小説のような、ふしぎなかたちで物語を見ている。
    切り立った崖の間に続く山道の下には深い淵がある。黒い髪を日本人形の
   ようにぴしりと切り揃えて、やはり人形のように真っ白い頬をして、少女は
   死体となってそこに浮かんでいる。
 

    容疑者は5人。
    第一発見者の若い男、少女の遠い血縁で現在の保護者でもある夫婦、その
   妻の親友の女性とその夫。
    少女の死んだ両親は、ある新興宗教法人を主催していて、二人が死んだ今
   も少女はそれに巫女のようなかたちで深く関らわされていたが、事件がこの
   宗教がらみのものか、全く無関係なものかはいまだ判らなかった。
 

    容疑者はまるで部屋のように広いエレベーターの中に集められた。
   奥には背の高い、髪をかなり短く刈った、真っ白い人民服のようなものを
   着た男が立っている。
    あれが探偵だ、そう判った。そして……エレベーターが行き着くところま
   で辿り着いたその時、犯人が明らかになるのだ。
    チン、と音が鳴って、エレベーターが上昇を始めた。
 

    ひと階ごとに隠された物語が明らかになる。
    謎の多いその宗教の理念も、家族の筈だった夫婦の欺瞞も、若い男の少女
   に対する性的妄想も、友人夫婦の少女への隠された憎しみも、まるでベール
   をはぐように一枚一枚明らかになる。そしてああ判ったと思った途端にエレ
   ベーターは上昇し、たった今こうだと確信したことは覆され、新たな側面が
   掘り起こされる。
    ただ見ているだけの私も、そして容疑者達も皆混乱し始めた。
    何がほんとで、何が嘘なのか?
    この探偵は一体何者なのだろう?
 

    そして何度目か判らない程エレベーターが上昇し、再びその扉が目の前で
   開かれた時、思いもかけないことが起こった。
    妻の親友の女が死んでいたのだ。
    探偵はまっすぐに私の目を見る。
   「無論、彼女を殺した人物がすべての事件の犯人です。……あなたにはそれ
   が誰か判りますか?」
    呆然と立ち竦む私の前で、チン、と音がしてエレベーターの扉が閉まった。
 

    次に扉が開いた時には、そこにはまるで別の空間が広がっていた。
    山を削ったような広くむきだしの場所に、驚く程大勢の人がいる。
    そして先刻の容疑者達が、驚いたような顔をしてそこに立っていた。
    目をこらすと、探偵ははるか向こうにいる。
    黒山のような人々は皆一様に、男と同じ、白い人民服のような服を身につ
   けていた。そしてまるでコーランをとなえる人達のように、地に膝をついて
   何かを一心に祈っている。
    ……あの男はこの信者らしい人達の束ねなのだろうか? そしてその何か
   ふしぎな力でこの事件を見抜いたのだろうか?
    そう考えた私の思いがまるで声になったかのように、信者の一人が顔を上
   げてこっちを見て言った。
   「いいや、奴じゃない。すべてを見抜いているのは孤供先生だ」
    ……コグ先生?
    聞き返そうとした時、人々の間から一人の女性がすっと立ち上がった。
    肩までのびた柔らかいウェーブのかかった髪を払って、ちらりとこちらに
   海豹のように真っ黒い目を向ける。
    あれが……孤供先生?
    彼女は探偵の方を見て、ふうっと微笑んだ。
    探偵は小さく頭を下げて、そして同じように……敬愛のこもった、愛しさ
   に満ちた笑みを彼女に返した。
 

    その時私の目の前に、黒地に白い文字のかたちで犯人の心がくっきりと立
   ち上がった。
 

    ああ。
    何だ、そうだったのか。
    それなら、早く……抱いてやればいいのに。
    あんなにまわりくどい道を辿らなくても良かったのだ。
    ただ一言告げてくれれば。
    そうしたらすべてが視えた、そうしたら私は、
    …………
 

    そこで突然、画面は灰色の地に変わり、黒文字で明朝体の文字が現れた。
    「解決編」。
 

    手の平に乗りそうな程小さく縮んだ、皺だらけの老婆が、左右に仁王像の
   ような体格のスーツ姿の男を従えてソファに座っている。
    こちらに背を向けて老婆の向いに二人の人間が座っているが、影になって
   いて誰かは全く判らない。
    なのにこの二人の内の一人が犯人だ、と電撃のように判って、私はにわか
   に緊張した。
   「……暗黝(アンユウ)は消したか?」
    擂り鉢ですりつぶしたような声で、老婆が尋ねる。
    向いの相手は小さくうなずいた。
   「暗黝を消さなければ戻ってきてしまう。何度でも何度でも戻ってくる。あ
   れは……おそろしい娘だ」
    老婆の呟きと共に、カメラがゆっくりとまわり込む。
    ……ああ、いよいよだ。
    私は息を飲んだ。
 

    その時、おそるべきタイミングで目覚ましのアラームが鳴った。
    わたしはこの事件の犯人を知るチャンスを永久に失った。
 
 

    そんな夢だ。
 
 

  1999.10.27
 

              第八夜へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る