第六夜

 

 

     こんな夢を見た。
 
 

    ふと気がつくと、ほの暗い洞窟の中にいた。
    自分では見えなかったが、手足の自由は完全に拘束されているようだ。
    うす暗い中で辺りを見回すと、目の前に突然、小さな老婆の姿をした妖精
   が出現した。
    何故か驚きは全く無く、自分は彼女に捕らえられたのだということだけが、
   はっきり判った。
 

    このままでは、多分自分は無事ではすまない、そんな気がした。
    その時、小さな声が、ひどく近くで聞こえた。
    “助けてあげる”
 

    驚いて頭を動かすと、天井近くに、もう一人、やはり手の平程の小さな女
   の子の妖精が浮かんでいた。
    視界は何故か彼女のまわりでひどく暗く、その中に二つの目だけが猫のよ
   うに黄色く光っている。
    その姿を見て、老婆が甲高い声で何かを叫んだ。
    光る瞳がそちらに振り向けられると、老婆は苦しそうに膝をつく。
    少女が片手を振ると、洞窟の壁に小さな穴がぽかりと開いた。
    少女は背を向け、黒いシルエットとなってその穴に入っていく。
    老婆がよろよろとその後を追いかけ、穴に入った。
 

    わたしはその場にいながら、穴の中の風景をはっきり目の前に幻視してい
   た。
    細い洞窟を、宙に浮かんですべるように進む少女。
    “その先に行かせてはならない”、老婆の叫びと共に、洞窟の壁からわい
   て出るように、小さな妖精達が現れ、道をふさいだ。
    息をのんで見つめていると、黄色く光る目をした少女は、まるでフラッシ
   ュのように、明滅しながらすうっと追っ手の間をすり抜け、奥へと進んでい
   く。
    その動きがあまりに速く、一瞬残像が長くまっすぐな道の奥まで、ずらり
   と立ち並んだ。
    そしてそのどれもが、黄色い目をぎらぎらと輝かせていた。
 

    はっと気がつくと、少女の隣に、小さな少年の妖精が浮いていた。
    彼の姿も黒いシルエットに、目ばかりが黄色く光っている。
    頭の奥に直接、射し込むように声が聞こえた。
    “来たの”“来たよ”
    “行こう”“ええ、行こう”
    その声を、わたしは確かに知っていた。
 

    瞬間、目の前に鮮やかな色彩があふれて、記憶が怒濤のように蘇った。
    そうだ、遠い、あれはひどく遠い昔だ、あれから何度も何度も生まれ変わ
   った、遠いあの昔、わたしは小さな村に住む子供だった、その時代、その国
   では妖精の存在は当たり前のことだった、けれどそうは言っても人前に姿を
   現わす妖精など稀だった。そんな中で、祭りの日、村に遊びにやって来たそ
   の妖精の少女と少年を、わたしは一番に見つけて仲良くなったのだ。
    長い年月の記憶が一度にあふれかえった。並んであけびの実をかじった、
   旅の妖精と話した、将来妖精の国の女王になる少女、少年の少女によせるほ
   のかな想い、それを村中で微笑ましく見守っていた、何もかもが夢のように
   あたたかく美しい色彩であふれていた、不幸などどこにもかけらもなかった
   あの柔らかくやさしい日々。
    …………あれから、どうなった?
 

    記憶はまるで断ち切られたようにそこで途切れていた。
    黄色い目を光らせて宙をすべっていく二人は、確かにあの時の妖精だ。
    彼女は妖精の女王になる定めだった、輝かしい未来が待っていた筈なのに、
   あれは……あの禍々しい異形の姿、あれは……どうして?
    老婆の叫びが聞こえる。
    “その先へ行かせてはならない”“封印を解かせてはならない”
    とろりと、濁ったスープのように、記憶がたちのぼってきた。
 

    最初に変わり始めたのは少年だった、あれは……何年目のことだったろう、
   理由は知らない、けれど少しずつ確かに変わり始めた、何かとてもくろいも
   のにゆっくりと心を喰われていった、笑みが消え、無口になって、瞳の色が
   変わり…………そして、ああ、あれは、何度目の祭りだったか、そうだ、あ
   の夜だ、あの時に………。
 

    吐き気がした。
    体中に鳥肌がたっていた。
    あの時に……何か……そう、とても、おそろしいことがあった、なのに思
   い出せない、何だ…………何が、あった、村はどうなった、母さんは、父さ
   んは、皆は、そして自分は…………一体、どうなったのだ。
    老婆の甲高い叫びが鼓膜を刺す。
    “それに触ってはならない”“世界の幕に触れてはならない”
 

    わたしは、闇の中に必死で目をこらした。
    彼等が目指す洞窟の奥。
    そこに、何かおそろしいものがどろりと蠢いていた。
 

    ……嫌だ。
    思いは、かすれ声にさえならず、喉の奥で震えた。
    嫌だ、判らない、でも嫌だ、そこに行かないで、それに触らないで、それ
   を…………起こさないで。
    全身の毛という毛が、びっしりと逆立っていた。
    こわい。おそろしい。それは…………見てはならないものだ、あの祭りの
   晩と同じ、また起こる、あれがまた始まる、とてもおそろしいことが、ああ
   でも思い出せない、こわくて…………頭から、血が吹き出しそうだ。
 

    二人は並んで、音もなく宙を進んでいく。
    “世界を被うその幕を外してはならない”
    老婆の声だけが、空しく闇に吸い込まれる。
    闇の中で、それはのたりと蠢いて、二人を待っている。
 

    おそろしい…………ああ、もう誰も、あれを止めることはできない。
    恐怖の中で、突然わたしは深く深く絶望した。
 
 

    そんな夢だ。
 
 

  1999.9.5
 

              第七夜へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る