第五夜

 

 

     こんな夢を見た。
 
 

    うだるように暑かったその夏、たくさんの人が死んだ。 
    原因も理由も、誰にも判らなかった。
    だらだらと続く蟻の列のような死人の一番最後に、その少年がいた。
    僕の幼ななじみ。
 

    少年の家を尋ねていくと、誰もいなかった。
    僕は勝手しったる者の気安さで、彼の使っていた地下室に入った。
    地下といっても半地下で、高い位置にある窓からは午後の陽が斜めにさし
   こみ、埃の目立つ部屋の中を照らしている。
    ここに来るのは久々だった。
 

    古いニ段ベット(ずっと昔、捨ててあったのを二人で彼の父親を拝み倒し
   て拾ってきてもらったものだ。彼はいつも、上の段で寝ていた)の、下段の
   マットの下に手を突っ込んで探る。大事なものは、みんなそこに隠すのだ。
    指先に触れたものを、僕はつかんで引っ張り出した。
 

    綿の入ったガラスの瓶の中に、その不思議な結晶はあった。
    長い直方体の形、半透明な緑色で……そしてぼうっと、発光している。
    その光は何故か奇妙に薄気味悪く、不吉で、けれど魂を吸い込まれそうに
   美しかった。
 

    ……ラジウムだ。
    僕はその光を見た瞬間、それが判った。本物など、一度も見たことがなか
   ったけれど。
    そして、この光がこの夏の死人の理由だと、突然悟った。その最後に、彼
   自身がこの魔の光にやられたのだと。
 

    瓶をくるりとまわしてみると、綿の間に、黒いものが見えた。
    目を近づけてよく見ると、それは蜂の死体だった。
    まるで黒耀石でできたみたいにつやつやとした、流線形の、美しい死骸。
 

    その時、突然どこかから蜂の羽音がした。
    僕は思わず、首をすくめて振り返った。
    羽音はひどく近く、けれど姿はどこにも見えない。
 

    見えない敵の姿を目で探していると、手の中の瓶がいきなり細かく震え出
   した。
    僕はびくりとして、瓶を落としそうになるのをぎりぎりでこらえる。
    見ると、中の光はいよいよ強まり、綿の間で蜂は変わらず石のようにつや
   めいた死骸だ。
    ブーンンンンンンン…………という蜂の羽音を聞きながら、僕は手の中で
   瓶のかたかたとした振動を、いつまでも感じ続けていた。
 
 

    そんな夢だ。
 
 

  1999.6.30
 

              第六夜へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る