第三夜

 

 

    こんな夢を見た。
 
 

    私は特別な眼を持っている。
 

    だからこの凄まじく巨大な移民宇宙艦の中でも、私の仕事は特別だ。
    抹殺すべきものを見極めてその場でたたきつぶすのが私の仕事。
    けれどもその日、私は致命的なミスをした。
    生まれて初めてのミステイクだ。
 

    私が生かされ続けているのはこの特別な眼の為だ。けれどこの眼の為に、
   直属上司は私のことをうとんじている。生まれ落ちたその時から私の生殺与
   奪は彼の手の内だったが、この眼の為に、彼は私をないがしろにできないの
   だ。
    私がミスを犯したのを知って、彼は私を自室に呼び出した。
    殴られる、それが判った、おそろしかったが顔には出なかった。あらゆる
   感情が顔に出ない性格を私は訓練で身につけていた。
    彼が拳をふりあげた時、部屋に呼び出し音が鳴り渡った。
 

    すんでのところで解放されて、私は食事をとりに船内をうろついた。
    この船にはありとあらゆる生き物がいる。総人口は5万を超える。知能を
   持った小型の恐竜達、異星の生き物を腕にコーディネートした異形者達、彼
   等のかける声の間をすり抜けながら、私は黄色のエレベーターシャフトに乗
   って食堂へ向かった。
    彼等の最近の話題はたったひとつ、船内で起きている連続殺人だ。犯人は
   人々の頭の中を駆け巡り、目についた相手を八つ裂きにしては去っていく。
    その姿は私の眼にさえ捕らえることができなかった。
 

    大皿に適当な食べ物を盛ってテーブルにつき、2口程食べかけた時に、
 

    それはきた。
 

    男か女か判然としない、人形のように綺麗な顔の若者が横たわっている。
    薄い唇にはうっすらと笑みが浮いている。
    まるでのしかかるようにして、その首に手をかけている男の背中。
    私の上司だ。
    若者はゆらりと小枝のように細い右腕をあげた
    指がかっ、と開いて上司の顔を正面からわしづかみにする。
    白い指の筋がぎいっと浮き上がった。
    音は、全く聞こえない。
    指は鋼鉄のように、呆気なく上司の顔を握りつぶした。
    鮮血。
 

    気づくと、目の前に食べかけの皿があった。
    私は動悸をおさえて殆ど手をつけていない皿を返しに行った。
    食堂の奥から誰かが呼ぶ。
 

    たった今あんたの上司が殺られた。例の奴だ。
 

    そして私の手に1枚の紙片が手渡された。
    死ぬ直前に上司が残したものだという。
    白い紙には数字が並んでいる。
 

    (2596)、そしてその次に90度に倒されて10、それからエクスクラ
   メーションマークが2つ。
 

    2596は、この仕事内で私に与えられたコードナンバーだ。そして横に
   倒された10は、やはりコードで、その意味は、「殺せ」。
 

    見つけだして必ず殺せ、それが彼が最期に私に与えた指令。
 

    私はたった一丁の銃を持って、このおそろしく巨大な混沌の船の中に身を
   投じた。
    必ず奴を見つけだしてみせる。
    私は奴の顔を「視た」。
    私の特別な眼からは、決して誰も逃れられない。
 
 
 

    そんな夢だ。
 
 

  1999.2.6
 

              第四夜へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る