第二夜

 

 

    こんな夢を見た。
 
 

    その国ではある種の蝸牛が非常な美味として珍重されている。しかし乱獲
   が過ぎて、今では王の命により禁制品とされており、禁を破れば死罪にも関
   わらず、闇では大変な高値でやりとりされていた。
 

    私はある領主の城付きの衛兵だ。最近、宴の度に普通の食料貯蔵庫とは違
   う、地下の厳重に鍵のかかった檻のような部屋から、肉や魚を運べという特
   別な命が出た。私はそれを一目見た時、その中に例の蝸牛が隠してあるのに
   気がついた。だが、敢て知らないふりを押し通した。それがどこから調達さ
   れるのか、私には謎だった。
 

    ある宴の日、いつものようにその仕事を終えた時、激しい通り雨が降り出
   した。
    衛兵仲間の男と城へ入ろうとした時、厨房の方から多少頭が弱いと評判の
   コックが一人駆けてくるのが見えた。
    雨に降られたのか全身ずぶ濡れで、貧弱な体が更にみすぼらしい。
    急ぐ訳を聞くと、大バルコニーに宴会用のリネンや料理道具を干しっ放し
   だ と言う。  
    なら私達が片付けてくるから、お前はとにかく着替えてくるといい、そう
   言うと、料理道具は触らなくていい、と男はいつになくはっきりとした口調
   で言い置いて立ち去った。
 

    私と仲間はバルコニーで片づけを始めた。ふと見ると、仲間は結局、干さ
   れ ていた鍋やズダ袋まで、せっせと避難させている。
    ひと通り片付けて気がつくと、仲間は雨の中呆然と立っていた。
    どうした、聞くと、彼は土気色の顔で私を見、死にたくないならそこのガ
   ラクタに触るな、そう一言呟き、バルコニー端の階段を降りていった。
    何のことだ、いぶかしく思っていると、もう一方の階段からコックが早足
   で上がってきた。
    私はコックの方を見て、血も凍るような心地がした。いつも気の抜けたへ
   らへらと笑っているその顔が、今は昏く、悪鬼のようだ。
    それを触ったか、剣のような声で聞くのに首を振ると、仲間はどこへ行っ
   た、そう聞くので、私は階段を指さした。
    コックがその階段の向こうへ消えた瞬間、私はバルコニーの隅に積まれた
   ガ ラクタの山に飛びついた。
    鍋やフライパンに混じって、黒く染められたふくらんだ麻袋が私の目に飛
   び込んだ。
    それを手に取ると同時に、階段の下の方で鈍い、ごんという音がした。
    そして足音が凄まじい勢いで、こちらに駆け上がってきた。
    私は咄嗟に袋をかつぎ、もう一方の階段を庭に向かって矢のように駆け降
   りた。
    見ずとも判る、この中身は……あの、禁制品だ。
 

    雨はとうに止んでいて、庭には集まり出した宴の客が、さざめきながらた
   ち歩いていた。
    背後から足音が迫ってくる。
    私は駆けながら、袋の口を開いて、つかめるだけの蝸牛を両のポケットに
   ねじこんだ。
    そして残りの中身を、振り返りざま思いきりぶちまけた。
    客の間からどよめきがあがって、全員がどっとそこにむらがった。
    その大混乱の中、私は高い塀を乗り越えて走った。
 

    なんとしても逃げ切らなければ。
    うまく逃げればこれを売って私も大金持ちだ。
    けれど捕まれば仲間のように私も殺される。
    きっと奴は、どこまでも私を追ってくる。
 

    逃げなければ。
    逃げなければ。
 
 

    そんな夢だ。
 
 

  1999.1.25
 

              第三夜へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る