第十四夜

 

 
 
 

    こんな夢を見た。
 
 

    そこは完璧な正方形の面を持つ部屋だった。
    灰色の、すべて全き同一の煉瓦形をした堅固な石が、隙間無くみっちりと積
   み上げられた壁。
    その壁が、地の遥か奥からまっすぐに伸びて、彼方の天上まで続いている。
    下を見ても上を見ても、壁はどこまでも続いていて、下方も上方も黒々とし
   た闇に覆われ、床や天井が果たしてあるのかさえ判らない。
 

    僕はそのどこまでも長い直方体の空間にぽっかりと浮かんで、その場を見下
   ろしていた。
    直方体の部屋の中心には、やはり同じ石で組み上げられた、各辺が20メー
   トル程の直方体の柱が立っていて、その上に赤い柱を持つ社殿が建っている。
    その入り口の前に、橙色の袈裟をまとった剃髪の男が一人鎮座していた。
    ちょうど僕から見て、彼は建物の向こう側、つまり本当なら完全に死角の位
   置にいるのだが、何故だか僕には、その姿がはっきり見てとれた。
 

    社殿の建つ柱と部屋の壁の間には、30メートル程の空間があいている。
    その部屋の壁ぞいにぐるりと、わずか2、3メートル程の薄い石の床がはり
   めぐらされ──その上にもやはり、彼と同じように橙の袈裟をまとった剃髪の
   僧侶がずらりと並んで座り、お経とも祝詞ともつかぬものを低く口ずさんでい
   た。
    そして、柱にいる男と向かいあう位置にいる男だけが、たった一人、立ち姿
   で彼と対峙していた。
 

    彼等一人一人の容姿は殆ど見分けができないくらいに似ているのに、柱の男
   と立っている男、その二人だけが明らかに異質だ。
    まわりの僧侶達は、どう言えばいいのか……すべて駒のようなもので、何か
   のパワーの源として使われる為だけにそこにいる。それが感じ取れた。
 

    その時、立っている男が奇妙なかたちに片手を振って、何かをとなえた。
    すると、彼と柱の男、その間に広がる黒々とした空間に、ぼっ、と炎の道が
   出現した。
    同時に、四辺で座っていた男達がそれぞれにふら、と立ち上がり、その道へ
   と向かいだした。
    だが床はあまりに狭く、彼等の足取りはあまりに覚束なく、多くの者が足を
   踏み外し奈落の底へと声も無く落ちていく。
 

    ああ、魂を抜かれている。
    上で見ていて、それが判った。
    彼等はあの、立っている男に操られ、柱の男を滅せようとしているのだ。
    ──だが、満足に魄の無い彼等はその命もろくに果たせずにあたら命を落と
   していく。
    でも立っている男はそんなことはちっとも構わなくて……いや、むしろ、そ
   れが彼の狙いなのだ。そこにいる僧侶達はかつては皆すべて柱の男の弟子達で、
   彼はそれを操り、男の目の前で彼等が自ら命を落としていく姿をわざと見せつ
   け、男を嘲笑っているのだ。
    そういうことが、何故かすべて、そこで見ている僕には判った。
 

    何十人となく僧侶達は暗い空間へと身を躍らせていき……それでも、さすが
   に、ほんの数人かは何とか炎の道へと辿り着き、男の方へ向かってふらふらと
   歩き出した。
    いくら何でも、さすがにあのままでは身が危ない。
    そう僕が思った瞬間、男は素早く立ち上がり、袈裟を翻して社殿の裏手、す
   なわち僕が浮いている側に向かって走り出した。
    それと同時に、僕の体は勝手に社殿の方に向かって下降し始めた。
 

    男は裏手にまわると、両手で素早く印を結んで、口の奥で何かをとなえた。
    その瞬間、男の姿はさっとかき消えた。
    術で姿を見えなくした、とかそういうこととは違う。確かに、彼の存在はこ
   の場から消えた。
    下降を止めることができないまま、僕はそう思った。
 

    僕はふわりと、たった今男が消えた、その同じ場所に着地した。
    その時になって初めて、僕は自分の体が殆ど透明に透けていて、薄く薄くオ
   レンジ色に発光していることに気がついた。
    彼が消えたその場所には、1冊の本が残されていた。
 

    それは僕と同じように、薄く透けて、その場にある石や柱や社殿とは明らか
   に違った存在だった。
    僕は本を手に取り、そっと開いてみた。
 

    その瞬間、僕の神経は彼のことを察知した。
    あの男が、炎の道を渡ってくる。
 

    全身がぎゅっと縮むように緊張した。
    位置としては完全に見えない筈なのに、僕には男が近づいてくるのが、その
   ゆっくりとした落ち着いた足取りが手にとるように判った。
    男は道を渡り、柱に足を踏み入れる。
    そして難無く、角を曲って近づいてくる。
 

    その気配を全身で感じながら、何故か僕の目は吸い付けられたように本から
   放すことができなかった。
 

    ──君に知ってもらいたい。
 

    その本は僕に、僕だけにむけて書かれたものだったのだ。
    そしてそれは、「僕」自身の物語だった。
 

    それは年老いた博士によって書かれていた。
    いつか来る。いつかこの日が必ず来る。彼等が互いの命運を決する戦いの日
   が。それは短い、けれど熾烈な戦いになる。その争いの巨大さにひきかえ、決
   着は殆ど瞬時と言ってしまっていい程すぐに決まる。覆すことはできない。
 

    だが私はどうしてもあの男に勝たせる訳にはいかない。あの男が勝つこと、
   それはこちらの世界が狂うことだ。動くものは動きながらもまとまっている、
   だがあの男はそれを歪めようとしている。それはとんでもないことを引き起こ
   す。
    あの男を勝たせる訳にはいかない。
 

    だが彼はたった一人だ。
    彼は恐ろしく強靱で、素早く、天と地のあらゆることに通じている、だが彼
   はたった一人。
    何かひとつ、大いなるもの、天意のような、遣わされるもの、幸運の水晶、
   そんなものが彼を背後から覆ってやらなければならないのだ。
 

    男の歩みがひたひたと近づいてくる。
    本はいまや、文字ではなくなっていた。
    それはやはり、すべてが発光するオレンジの濃淡で彩られた映像となって僕
   の目の前に浮かんでいた。
 

    ……ああ、母さん。
    僕は頭の中で呟いた。
    見慣れた自宅の居間のテーブルで、母が博士と向かい合っていた。
    母は随分と若く、そして美しく微笑んでいた。
 

    博士が母に話し掛けている。
    知っていますね、そのことを。
    貴女の子供は、天に護られている。
    毎年の誕生日には、ひっそりと何かのしるしが顕われた。刺繍の小さな乱れ、
   こぼれたパスタの折れ端が床に描く文字、そんなかたちで貴女の元にはたくさ
   んのしるしが届いた筈だ。おそろしい地震が地を覆う日、激しい水が人々を押
   し流す日、そんなことを天は必ず貴女に伝え、貴女と貴女の息子を護った。
    母は黙って美しく微笑んでいる。
 

    ……ああ、思い出した。
    母は本当に、突き抜ける程陽気な脳天気な人だった。翳るところなく明るく
   美しく、いつも燦々と陽を浴びて前を向いて微笑っていた。
    母はすべてのしるしを何らかのかたちにして保存していた。
    そしてそれを毎年毎年、僕の前に並べては見せてくれた。
 

    ほら、これがあなたに与えられたしるし。あなたはいつかこれ等の為に、きっ
   と何か大きなことを為さねばならない。けれど大丈夫、あなたは護られた子供
   だから。
 

    記憶の中の母の言葉と重なるように、博士が母に語った。
    いつか私達は貴女の子供を必要とする。
    その時には、与えられた時と同じように峻厳に貴女の手から貴女の子供は奪
   われていく。
    母は微笑んでいる。陽気に、嬉しそうに。
    ずっと僕が見続けてきたのと同じように。
 

    男が最後の角を曲って現れた。
    心臓が大きく波打つ。
    男は一度足を止め、ゆっくりと辺りを見回した。
    その口元には、酷薄そうな薄笑いが浮いている。
    どうやら、僕の姿も、僕の手の本も、その上に浮かぶ映像も見えていないよ
   うだ。
    僕は膝の力が抜けそうな程の安堵を感じて、肺の底の息を少しだけ吐いた。
 

    博士が語っている。
    息子さんは、彼と同じ側についてもらわなければならない。彼の背後にいつ
   も有って、その肩を、その存在を護らなければならない。
    決してあの男を勝たせてはならない。
 

    貴女の息子さんが生涯の敵としなければならない男、その名前は、
 

    ──覚丹、
 

    その瞬間、男がさっと首をめぐらせて、僕の目をまっすぐにとらえた。
 
 
 

    そんな夢だ。
 
 

  2002.12.5
 

              第十五夜へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る