第十二夜

 

 

    こんな夢を見た。
 
 

    気がついた時には、私はその奥深い山の中で道を見失っていた。
    夜の山道は静かで、暗い。
 

    私は手に提げた提灯で辺りを照らしてみた。
    しっとりと露に濡れた草むらの間で、ぽつぽつ、何かが白く、黄色く、ちら
   ちらと光っている。
    螢か、と思ってよく見ると、それはごく小さな、人の頭だった。
    首のところですぱんと切られた小さな生首が、草の間に数え切れない程、い
   くつもいくつも転がっていて、その髪の上で燐光がちろちろ燃えているのだ。
 

   「みな奴が斬った。因果な男よ」
 

    突然耳元で声がして、私は驚いて辺りを見たが、誰の姿もない。
    私はもう一度ぐるりと辺りを見回し、木々の間に、遠く灯りを認めた。
  

    山道を抜け、そちらに歩いていくと、土手のようになった道の上に出た。
    右も左もだだっ広い広場で、真ん中のその道だけが高く盛り上がっている。
    その広場では、巨大な護摩が炊かれていた。先刻見た灯りは、この護摩の炎
   だったのだ。
    炎の向こうに、それよりももっと巨大な観音像がちらちらと揺れていた。
 

    私は道端に立って、それをものめずらしげに眺めた。
    土手には、若い侍と娘が並んで座って、やはりそれを眺めながら、ぼそぼそ
   と熱心に何か話している。
    すると、広場の方から一人の修行者が駆け上がってきて、私の前に立ち、膝
   をついた。
   「参加なされないなら、どうか立ち去って下さい」
    彼はそれだけ言うと、またさっと走り去っていく。
 

    私はどうするか迷って、しばし立ち尽くした。
    広場を見下ろすと、護摩の炎の横で、二人の修行者が水を一杯に入れた大き
   な釜を火の上で振っていた。
    若い侍と娘は、それを指さして何か話しているようだ。
    その時、  
   「復讐心があるうちはいかん。邪心があるからいつまでたっても湯が沸かん」
    と、先刻聞こえたのと同じ声がすぐ隣でした。
 

    はっと見ると、年老いた僧侶が一人、隣に立っていた。
   「あの二人は奴に斬られた者の身内だ。奴の定めを知ろうと釜湯の占をしよう
   としている。だがあれではどんなに待っても湯は沸くまいよ」
    僧侶はそう言うと、すたすたと私の横を通り過ぎた。
   「お前さんも長くこんなところにいてはいけない」
    そして、小さくそう言い残して立ち去った。
 

    私はもう一度、熱心に囁きあう二人を見た。
    それから燃え盛る護摩の炎を見た。
 

    立ち去ろう、そう思っているのに、何故か足が動かない。
    釜の中でたぷたぷと揺れる水は、いつまでたっても冷たいままだ。
 
 
 

    そんな夢だ。
 
 

  2000.6.5
 

              第十三夜へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る