第十夜

 

 

    こんな夢を見た。
 
 

    これは、私達がいかにして“鎧憑き”になったかという話だ。
    

    私は北の島に住む七人の魔法使いの一人だ。
    最近、島では不作や奇病など、凶事がたて続けに起こっている。
    全員の魔力を尽して調べ上げた結果、それは海を隔てた国の騎士による呪
   いだということが判った。遠い昔その国と私達の島は戦になり、彼はその戦
   いで命を落としたのだ。
 

    私達七人は、暗く冷たい海を泳いでその国へと渡った。
   

    騎士の墓は、丘の上にあった。
    十字架のまわりは低い石垣で囲まれていた。石垣も十字架にも枯れた蔦が
   からみつき、雑草がびっしりと生えて、荒れ果てた姿をしている。
    私達は石垣の中に押し合うようにして入り、ひざまずいた。
    長老である女魔法使いが、低い声で呪文を唱え出す。
    すると、十字架から地面に向かって黒々と、長く騎士の影がのびた。
 

    長い呪文が終わって、私達は立ち上がった。
    一人一人、順に石垣から出ていく。
    そこを出る瞬間、皆ゆっくりと足の底全体でその影を踏みつけた。こうやっ
   て、騎士の呪いを封じ込めて押し返す。それが儀式の最後の仕上げなのだ。
 

    ところが、最後に出たまだ年若い魔法使いが、ひょいと影を踏み越えて外
   に出てしまった。
    その瞬間、背後から彼の全身に、呪いの影がごうっととり憑いた。
 

    私達は一目散に、そこから逃げ出した。
    彼は必死になって、後を追いかけてくる。
 

    私達は後ろも見ずに一心に泳いだ。
    けれども末尾で泳いでいた長老が、突然ぐるりと振り返り、高く片手をあ
   げた。
    その時、彼の身に新しい呪いがかけられた。
    海の間の小さな岩場に、彼の体は永久に縛りつけられたのだ。
    何としても、あの騎士の呪いを島に持ち帰る訳にはいかない。
    気の毒ではあったが、仕方のない選択だった。
 

    数カ月後、彼がそこで命を落としたことを私達は知った。仲間の死は、気
   配で判るのだ。
 

    そして同時に、呪いが降ってきた。
 

    騎士の呪いは彼の恨みと呪いを吸い取り、更に肥え太って私達の後を追っ
   てきたのだ。
    その日から、仲間が一人、また一人と死に始めた。
 

    騎士の呪いは彼のおかげで、明確に私達六人だけに的を絞られていた。
    きっと私達が全員死ねば、この呪いはおさまるだろう。
    魔法使いを失った後の島の行く末は心配だったが、もうどうにもできない。
 

    私達は次に死ぬのが一体誰になるのか、お互いに腹をさぐりあいながら、
   残り少ない日々をじりじりと過ごしていた。
 

    このようにして私達は“鎧憑き”になったのだ。
 
 

    そんな夢だ。
 
 

  2000.4.22
 

              第十一夜へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る