第一夜

 

 

    こんな夢を見た。
 
 

    旅行先で村祭りを見物にでかけた時に、奇妙な話を聞いた。

 
    もう何十年も昔の祭りの日、七人の子供が神隠しにあった。以来、村では
   祭りの度に何かトラブルやハプニングが起きるようになる。何でも当日は、
   その七人の子供達によるアトラクションがあったのだが、台風か何かの事故
   で中止になったそうなのだ。そして気がつくと、もう子供達は消えていた。 
 

    祭りを見物がてら古い民家を見てまわっていると、蔵の奥の壁に、物に隠
   されて昔の祭りのポスターが貼られていた。
    ポスターの中心には写真が直接貼り付けてある。緑濃い山をバックに、そ
   こにいたのは……その、七人の子供だった。そして彼等は、その写真の中で
   生きていた。
    ポスターの下にかすれたローマ字で彼等の名前が記されている。その名を
   一人一人声に出して読み上げることで、彼等はそこから抜け出すことができ
   るのだ。  
 

    けれども最後の一人、双児の女の子の一人の名だけがどうしても読めな
   い。
    出てきた彼等はその名を知っているのだが、口にすることができないのだ。
    彼女の名前を呼べるのは、現実の側にいる人間、このわたしだけ。
    必死にかすれたローマ字を判読しているうち、彼女はふい、と写真の奥の
   世界に姿を消してしまった。
 

    このまま彼女一人を写真の中に閉じ込めてはおけない。
    わたしは六人の子供をひきつれて、写真の中に入る決意をした。
    古い日に焼けたポスターの中で、写真の色は驚く程鮮やかだ。
 
 

    そんな夢だ。
 
 

  1999.1.21
 

              第二夜へ進む

              睡郷譚のトップへ戻る

              犀の山のトップへ戻る