生涯一度の贅沢

 
 

     夕飯の買い物をしようとスーパーをうろついていると、視界に「生ガキ1パック 98
    円」の字が飛び込んできた。

     うわぁ、安いなぁ。今日はコレで決まりだっ。
     と、手に取り、カゴに入れて、また店内をうろつき……気づくと、再びその文字の前に
    立っている自分に気づく。

     こんなにも安いなら……「アレ」をやってもいいんじゃないか?

     そして店を出る時、わたしの買い物袋の中には2パックの生ガキが入っていた。
 

     例えばロールスロイスを何台も持つ、自分専用のワイン畑を持つ、などという、あまり
    にも図抜けて絶対に手の届かない贅沢ってあるじゃないですか。
     が、世の中にはもうひとつ、手を伸ばそうと思ったら簡単に届く、やろうと思えば別に
    今すぐだってできる、でもその一歩をどうしても躊躇してしまう、という「贅沢」ってあ
    ると思いません?
 

     そうですね、例としては、わたくし子供の頃からずっと、「フルーチェを全部一人で食
    べてみたい」という夢を抱いておりました(笑)。
     で、中学生や高校生になって、フルーチェくらい幾つでもさっと買える、家人がいない
    間にこっそりやれば誰にとがめられることもない、そんな状況になっても、わたしは長い
    ことそれを実行に移すことができませんでした。何故なら……「そんな贅沢なことする勇
    気がない」から。
     長じてわたしは清水の舞台から飛び下りるような気持ちでこれを実行に移しましたが、
    大きな器いっぱいにフルーチェがぷるぷるしてるのを見た時のあの何とも言えないゴージャ
    ス感は忘れられません。食べ出したら、半分くらいで気分悪くなりましたが(笑)。
 

     で、そんなわたしが、ずっと胸に秘めつつ実行に移せなかった「贅沢」のひとつがコレ、
    「カキを2枚重ねにしたカキフライ」。
 

     TVか雑誌で見たんですが……小麦粉をまぶしたカキを、向きを互い違いにして2枚重
    ね、卵をつけてパン粉でまとめ、揚げるんですな。
     これがもう、実に何とも、美味そうなのであります。
     重ねてるから揚げ上がりも実に巨大で、中はレア状態で非常にジューシー。ああ、何て
    そそられるのかしら。
 

     その存在を知って以来、それは遠く輝く北極星のように、わたしの心に遠い憧れでし
    た(何もそこまで(笑))。
     が、これもやはり、ずうっと実行に移せないままだった。だってカキって高いんだもん。
    で、1パックのカキでそれをやろうとすると、総フライ個数が非常にさみしいことになっ
    てしまう。そんなのはイヤだあっ。だからと言って2パック買う勇気は絶対にない。
 

     ですが、この日ついに、わたしはやりました!
     憧れの2枚重ねカキフライ!!
 

     ……結論ですが、美味かった(笑)。
     ええ、非常に、美味しゅうございました。ボリュームも大変あって、満足の一言にござ
    います。
 

     けれど、うん、今回と同じくらいの安さのカキに出会えない限り、自分はもう一生これ
    をやらないだろうなぁ、と思う。いや、もう本当に、目眩がする程美味かったんですが、
    けれども同時にそこはかとない罪悪感が。「ただでさえちょっと贅沢な素材を、自分はこ
    んなにも放埒に食してしまっていいのだろうか……? それは、資源に対する冒涜では…
    …?」(笑)
 

     そんなことを思いつつも、それでもその日のお夕飯は大変にしあわせなひとときであり
    ました。
     夢がかなうって、いいよなぁ(笑)。

                                     2001.3.15
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る