Over stones on its way

 
 


     そこで待っていたんだ、と思う出逢いをすることがある。
     ずっと長いこと探していて、探し続けて、半ばもう諦めてしまった頃に、ひょっこりと現れる。
     今この時にこのタイミングで現れる為にそこにいたんだ、そう思う。
     例えばあの曲がそうだ。
 

     18歳だった。
     その頃、わたしはまだ言葉を操るのが本当に下手で、心を言葉に変換する作業にとても苦労し
    ていた。
     ひとり落ち着いて、文字にして書き出すのならまだ何とかなるのだけれど、人と対峙してその
    場でその時の気持ちを言葉にして伝えること、それが本当に本当に苦手だった。とにかくこうだ
    と思って何とか口にするのだけれど、それはもう心とは全然違ってしまっていて、けれど出して
    しまった言葉は取り返しようもなく、頭をかきむしりたいくらい苛々した。
 

     その時もそうだった。
     わたしは言葉でものすごく失敗して、その誤解は取り返しようが無かった。
     季節は春と呼ぶよりもう夏に近かった。
     ひとりで家に籠っているといいだけめげるので、何の目的も理由もなく、ただがむしゃらに歩
    いていた。足が動いていると、心を動かさなくて済む。
 

     清水から円山公園へ、歩いて歩いて公園の奥手はそのまま東山に続く。
     山道を適当に進むとどこかの寺の境内の裏に出た。
     そこから下に下りてみると、三条通りの端だった。
     通りを西に進んでいく途中、マンションの中にある中古CD屋に出くわした。
     何も考えずに、ふらふらと適当に入ってみる。
     そこで待っていた。
 

     わたしは18の年で家を出た。
     それまで住んでいた土地はとっても田舎だったので、CD屋さんなど数える程で、勿論品揃え
    も実に薄いものであった。中古屋さんなんて無かったし、今のようにネットも無い、まあ何より
    そもそもお金が無いのだが、そんな環境では自分の欲しい音源を手に入れるのはなかなか困難だっ
    た。それがあがたさんともなればその困難たるや推して知るべし(笑)。
     手持ちのアルバムは当時で確か2枚くらい、しかもその1枚は人からもらったレコード。
     そんなわびしい状況で、わたしはそれに出逢ったのだ。
 

     そこにあった2枚のCDを、わたしは乏しい有り金で迷わず買った。
     それからまた適当に三条を歩き、たまたま目に入った喫茶店に入って、ひとり紅茶を飲んだ。
     もう歩かなくてもいい。
     もう家に帰れる。
     だって、家に帰って、これを聴かなくちゃならない。
     だから帰れる、ひとりの家へ。
 

     家に帰って、どきどきしながらCDを聴いた。
     そしてその中の一曲に、初めて、堰を切ったように涙が出た。
     ああ、待っていたんだ。
     今こうやってわたしのこころに届く為に、わたしの背中を撫でる為に、この歌はあそこでずっ
    とわたしを待っていた。
     だいじょうぶ、自分はやっていける。だいじょうぶだ。
     そう確信した。
 

     あれから長い時間がたった。
     あの日歩いた三条通、そのわたしの横を間の抜けた警笛を鳴らしながら走り抜けていった京津
    線は廃線になって、線路の跡もきれいさっぱり消えてしまった。
     例のCD屋は、相変わらず中古屋だけど、オーナーが変わったのか別の名前の店に変わって品
    揃えもすっかり様変わりした。
     訪れた喫茶店は、今年の1月20日、閉店してしまった。その最終日にはひとりででかけて、
    2時間近くずっと本を読んですごした。
     たくさんのものが変わってしまった。
 

     失っても何かが残るだろうなんて、甘いことはそんなに思わない。
     失うというのは峻厳で容赦が無いものだ。
     残したいのなら全力で走るしか無い。
     それでも、それで尚、失ってしまったら、もう何かが残るだなんて思うべきじゃない。
 

     けれど。
     あの時あそこで自分を待っていた、あの瞬間に聴かなければきっと自分には意味が無かった、
    それだけは決して消えないし失われない、そう思う。
     たくさんのものをすべて完全に失っても、失い続けていっても、この道の先に必ずそういうも
    のが自分を待っている、そう信じてもいいと思う。
     それだけがきっと唯一の報いなのだと思う。
 
 

         サヨナラは   it's only
         モウイイノサ  百合Collection
         それでもあなたがほほえみ咲くかと
 

         サヨナラは   it's only
         モウイイノサ  百合Collection
         ふりむけば秋空に昇る星

                          (百合コレクション・ヴァージンVS)

                                     2002.5.8
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る