野性の証明




     大きな声では言えないが、実はわたしは「超能力者」なのである。
 

     我が友新解さん(新明解国語辞典第四版)によると、「超能力」というのは「普通では
    出来ないと考えられる事を実行してみせたりすることの出来る、特別な能力」なのだそう
    だ。
     この伝でいくと、スポーツの世界記録保持者なんかは全員超能力者ではないか、という
    気もしないではない(笑)。でもって、指先の感覚ひとつで千分の一ミリの狂いを感じとっ
    たりする精密機器部品の職人さんなんかも、十二分に「エスパーさん」の資格アリではな
    いか。
 

     多分自分のそれは、この後者「職人技」の世界に属するものだと一応は思う。と言うの
    は、働き始めて、その仕事の中で初めて自覚した能力だったからだ。
     と言っても、それができるのが「自分だけ」となるとちょっと話は違ってくる。実はわ
    たしは長いこと、それは「当たり前」で「誰にでもできること」なのだと思っていた。が、
    ほんのちょっとしたことから「自分以外の人にはそれができない」ことが判明し、当時は
    結構愕然としたものである。
    「そうか、自分が特別なのか」と思いはしたが、それはものすごく限定された、人にはと
    ても誇ることのできない能力であった。ので、今まで秘密にしてきたのである。
 

     では発表しましょう、わたしの持つ「超能力」はこれ、
    「画面を見ずに、音を聞かずに、テレビがついているかが判る」!
 

     ……はい、ごめんなさい(笑)。でもこれ事実なの。
     まず当時の仕事なのでありますが、わたしはホテルで「ハウスキーピング」という仕事
    をやっていたのでありますね。客室全般に関する仕事です。
     で、部屋の清掃というのは一般に清掃業者さんがやるのですが、業者さんが入る前と
    入った後、ホテル側の人間、つまりわたしですね、それが入って忘れ物や清掃の出来具合
    のチェックをするんです。
     わたしが自分の「超能力」に気がついたのは、その時でありました。
 

     部屋に入った瞬間に、もうそれは判る。「ああ、テレビがついてるな」そう思う。
     そしてそれは、目で判っている訳では絶対にないんですね。と言うのは、部屋の入り口
    からテレビ画面は完全に死角なので。
     それから音でもない。これは何故そう言い切れるかというと、テレビが時々、ビデオ入
    力にされていることがあるんですね。で、勿論、外部機器を何もつないでいないホテルの
    テレビは、そうなれば無音です。でも判る。
 

     話は先回りになりますが、何故わたしが「自分だけが特別」であることを知ったかとい
    うと、このテレビについてのクレームが来たからなのですね。
     ビデオ入力状態にチャンネルが合っていると、画面が電源オフにしている時と同じく、
    真っ暗になってしまうのです。で、何も知らないゲストがこの状態で電源をいくらオン・
    オフしても、画面は変わらず真っ暗なまま。で、「故障している」とクレームがついて、
    部屋に行ってみるとそういう状態であって別に故障ではなかった、という(*註)。
     こういうクレームがたまたま2、3回続いて、で、わたしはその時にものすごく不思議
    に思ったのでした。「だって、部屋に入れば画面が真っ暗だろうがテレビに電源入ってる
    かどうか判るのに、どうしてチェックした子は気づかなかった訳?」と。
 

     ある日の昼休み、ご飯を食べながら思ったことをそのまま口に出したら、その場にいた
    全員に驚かれてしまった。「ええっ、普通そんなの判らないよ!?」
     んで、今度はこっちがびっくり(笑)。「ええっ、どうして判らないの!?」
     結局、判るのは自分だけだと判明し、その時、後輩の子が一言「まるで災害の前に逃げ
    出すネズミみたいですね」。
 

     そう言われてみて、「どうして判るのか」を改めて考えてみたところ……これが、判ら
    ない(笑)。いや、判るんですが、人に説明はできない。
     目ではない。音でもない。これは断言できます。目隠ししてても耳栓してても絶対に判
    る。そういうところで感知してるんではないのがはっきり判るんです。
     では、どこかというと……これがやっぱり、説明はできない。ただ、そうなると、首の
    後ろ辺りに、ふわりと「気配」が来る気がする。産毛が逆立つ感じ。
     でもそれは、「そうなるからついていると思う」んではないんですね。順序が逆。「感
    知したからそうなった」という感じなんです。
 

     そしてこれは自分でも謎なんですが、判るのは「テレビだけ」なんですね。他の電気製
    品では全くそのようなことはありません。テレビオンリー。役に立たねえ。
     その代わり、テレビであればメーカーとかは特に問わないようだ。別のホテルに移って
    からもやっぱり判ったし、家のテレビでも判ります。
 

     そして間違いなく、決して「ただの偶然」などでなくこの「力」を持っているわたしは、
    それ故に「超能力」たるものの存在を否定する気になれない。が、それは世間で言われる
    SFチックなものとは、やはり違うんではないかと思う。
     例えて言うなら、コウモリが超音波を感知したり、蚊が人の体温や、吐き出す二酸化炭
    素を感知したりするのと同系統のことなのだろうと思います。そういう生き物がそういう
    ものを感知する、ということをわたし達は知っている、でもそれを彼等が「どのようなも
    のとして」感じ取っているのかを、わたし達は決して知ることができない。
 

     そういう風に、「目にも見えず音にも聞こえず、その他自分達の今まで知っている感覚
    では説明不能な、何かを感知する能力」というものが、きっとこの世には間違いなくある
    のだと思う。「超能力」と言うといかにもいかがわしげになってしまうが、実体はそうい
    うことなので、何もそう飛び抜けた、特別視するようなもんではないのではないかしら。
 

     一体自分が「何」を「どう」感じ取ってそれを感知しているかは判らないのだけど、後
    輩の子が言ったように、確かに「動物臭い」感じはします(笑)。
     そういえばあの恐怖の阪神大震災、あの日、わたしは10時出勤の日で、いつもは目覚
    ましが鳴るまで絶対に目を覚まさない寝汚い人であるにも関わらず、この日だけは、早朝
    5時45分に何の前触れもなく「ぱかっ」と目があいたんですね。その目の開き方は尋常
    でなかった。トイレに行きたかったり喉が乾いたりして目が開くと、一応目覚めはしても
    頭も体も半分以上眠っててずるずる眠りをひきずってるんだけど、この時は本当にすっき
    りと目が開いた。
     で、時計を見て、「ああ、まだまだ寝られるなぁ」と幸福感にひたり……その三十秒程
    後に、あの恐怖の瞬間は訪れた。ええ、わたし最初は、マジでどこかの国が爆撃を仕掛け
    てきたんだと思いました。それくらい、凄かった。子供の頃に結構地震の多い地方にいた
    ので地震慣れはしてたんですが、逆にそれが仇になった。こんなものすごいものが「地震」
    だなんて、想像もしなかったんだもの。
 

     たまたま布団の上に倒れるような物が置かれてなかったので助かりましたが、もしこれ
    が別の部屋だったら、結構ヤバかったですね。本全部落ちたし、食器棚も倒れたし。
     だけど、もし物が自分の上に倒れてきても、眠り込んでいたらもう絶対に動けなかった。
    それを思うと、この「野性の力」は結構捨てたもんではない気がする。
 

     何に役立つのかはさっぱり不明な「野性の証明」が、この先もずっと、自分から消えず
    にあってくれるといいなぁ、そう思うのでありました。

                                      2000.7.29
 
 

    (*註)……しかし、仕事としては本当はこれは×なんです。そういう、備品の機械が壊
     れていないかをチェックするのもハウスキーピングの仕事なので……本当は、清掃後に
     チェックする時は、必ずテレビを一度つけて、チャンネルをセット(これは各ホテルに
     よって違いはあるでしょうが、大抵はNHKに合わせておくことになっている)しない
     といけないの。だからそういう意味でも、これはホントはあっちゃいけないクレームな
     んだよね。
      ちなみに我が名誉の為に言っておくと、わたしは毎部屋、きちんとチャンネル合わせ
     してましたよ。真面目だもん(笑)。
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る