テレビくん

 
 

     うちの近所に、わたしがひそかに「テレビくん」と呼んでいる子が住んでおります。
 

     うちのアパートのベランダのほぼ正面はY字路になっていて、うちの部屋がYの字の下
    の足に面していて、その子の住むアパートは上のふたまたの遠い方のそれに面している。
    すなわち、うちとそことは、ほぼ道路一本半くらいの距離があるんですね。
     そしてどうやら、そのワンルームタイプらしいアパートには網戸もカーテンもないらし
    く、ここ最近、家にいる時にはいつも窓が大きく開けられ、こちらから部屋の中が丸見え。
     で……いつも、テレビがついている。
 

     それに気がついたのは、「見えたから」ではありませんでした。
     「聞こえたから」なのです。
     道路一本半距離を隔てて、その子の部屋のテレビの音は、何とうちまで届くのでした。
 

     隣の部屋のテレビや会話の音でさえ、ベランダに出て、隣の窓が開いていて、という状
    況でやっと聞こえる程度ですから、その室内での音量はおそらく尋常でない。
     しかも、窓が全開の時、すなわち部屋の主がそこにいる時は、殆どずーっと、時間帯を
    問わず、テレビの音が流れてくる。
     この「時間帯問わず」というのは誇張ではなく、平日でも土日でも、真っ昼間でも深夜
    の2時3時でもそう。最初に気づいたのは、深夜3時過ぎくらいに目が覚めてトイレに行っ
    た時。「なんか、どこかからぼそぼそ声がする……」と思って窓の外を見てみたら、その
    子の部屋の窓からこうこうとテレビの明りが光っているのが見えた。
 

     苦情でもあったのか最近は少しマシになりましたが、この頃は本当に毎日毎日深夜まで
    テレビの音が響いてた。あんなに毎日夜更かしして大丈夫か。
     それにどうも、あれは「見たい番組がある」から見ているようには見えない。ただ漫然
    とつけている、という感じなの。
 

     どういうんだろうなぁ、とちょっと考えてしまいます。角度的に、うちからはテレビは
    見えるけど、テレビを見ている当人のいるであろう位置は見えない。だから年も性別も知
    らないんだけど、一体どんな風にテレビを「見て」るんだろう。
     何かまるっきり他のことをしていて、さびしいからBGM代わりにつけてるのかな、と
    も思うけど、音が結構カシャカシャ変わるんだよね。てことはチャンネル触ってるんだろ
    う。それも、別に狙いがあって変えてる、って感じじゃなくて、一定の速度でガチャガチャ
    とただずっと変え続けている。深夜の2時3時にそれが聞こえてくるのは、ちょっと、無
    気味です。
 

     何を思ってテレビを「見て」いるのかな。眠れないのであろう夜、他の時間のつぶし方
    を知らないのかな。
     向こうからだーっと流れ込んでくるものを、そうやってただ流していくというのはどう
    いう感じなんだろう。
     わたしは、ダメ。やってみたけど、すぐ飽きてしまうし、眠くなる。
     ある意味あれをずうっと続けられるというのは相当な精神力、というか、精神の磨耗が
    必要な気がする。
     多分ああいうのって「テレビ好き」とは言わないよね。
 

     もしも顔が判って道ですれ違ったら、一度聞いてみたい気がする。
 

     ねえ、テレビくん、テレビ、面白い?

                                      2000.7.6
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る