川音清けし




     もう10年近くも昔の夏、明りのひとつ無い、まさに真の闇の野原の中、もやのように
    夜空を横切る天の川を間に、男星と女星が光るのを見た。
 

     天の川をはさんで2つの星が1年にたった1日逢瀬をするなど、昔の人も粋なことを考
    えたものだと思う。どうしてそれが「7月7日」になったのかは寡聞にしてよく知らない
    が。
     ちなみに陰暦では7月はほぼ8月で、しかも暦においてはもう「秋」である。日本の8
    月なんて暑さど真ん中だと思うのに、これを秋と言っちゃうのはすごい。
     七夕の夜に降る雨を洒涙雨(さいるいう)と呼び、天の川の水嵩が増して二人が会えな
    いと言いますが、現在の7月7日は梅雨真っ盛りだけど、この季節ならよく晴れていそう
    です。
 

     その8月頃には、ちょうど北に向かって見上げた夜空のほぼ真ん中に、織姫、琴座のヴェ
    ガが見えます。そして天の川をはさんでその斜め上に彦星、鷲座のアルタイル。
     この2つの星は本当に白く輝かしく、昔の人が他のどの星でもなくこの2つを牽牛、織
    女になぞらえた気持ちもよく判る。まさに格別のカップルだ。ちなみに、もう少し北にあ
    る白鳥座のデネブを加えると、「夏の大三角」ができあがります。
     2つとも本当に明るい星なんだけど、明るい方、0等星のヴェガが女性で、暗い──と
    言っても1等星なのだが──方のアルタイルが男性、というのが何だか可笑しい。これは
    多分、アルタイルがその左右に小さな星を従えていて、その姿が「牽牛」、牛を牽いてい
    るようだからではないかと思うのだけど。
 

     七夕という風習は万葉の時代から既に伝わっていたようで、万葉集には七夕についての
    歌が結構ある。
     中でも巻十の「秋の雑歌」の「七夕」は壮観で、延々100首近くずらりと七夕につい
    ての歌が並んでいる。まあ当然と言えば当然、いや、やはりさすがというべきか、その殆
    どが恋の歌。万葉人って頑張りやさんだなぁ(何だその形容は(笑))。
     月は別として、万葉集にはあまり星がらみの歌ってないんだけど、七夕の歌については
    やはり特別。中でも柿本人麻呂のこの歌が好きです。
 

      夕星も通ふ天路を  何時までか仰ぎて待たむ  月人壮子(巻十 二〇一〇)
      (ゆふづつもかよふあまぢを いつまでかあおぎてまたむ つきひとをとこ)
 

     「夕星」とは夕方になって現れる星、すなわち宵の明星、金星。「月人壮子」とはお月
    様のこと。今は「月に兎」なんて言いますが、万葉の時代は月を人に、それも男性になぞ
    らえていたようで、月のことをこのように表現している歌が他にもあります。そういえば
    月読命って男性神だものね。
     金星が天の川をゆっくりとよぎっていくのを、お月様を見上げながら出会いの時を待ち
    わびている姿がいい。
 

      天の川水陰草の  秋風になびくを見れば  時は来にけり(巻十 二〇一三)
      (あまのがはみづかげぐさの あきかぜになびくをみれば ときはきにけり)

      天の川霧立ち渡り  彦星の楫の音聞こゆ  夜のふけいけば(巻十 二〇四四)
      (あまのがはきりたちわたり ひこぼしのかぢのときこゆ よのふけいけば)
 

     この辺も非常に好き。2013はやはり人麻呂の歌で、2044の方は読み人知らずです。
     天の川を見上げて、その岸辺にそよぐ陰草や、水の上に立ち渡る霧を見、舵のこぐ音ま
    で聴いてしまうアンテナの立ち具合が素晴らしい。夜空の星の間にそんな世界が広がって
    いるなんて、考えただけでも素敵じゃないか。
 

     そして七夕の歌の中で最も好きなのは、読み人知らずのこの歌。
 

      天の川川音清けし  彦星の秋漕ぐ船の  波のさわきか(巻十 二〇四七)
      (あまのがはかはとさやけし ひこぼしのあきこぐふねの なみのさわきか)
 

     さらさらと、清浄な水音さえ聴こえてきそうな感があります。櫂が上げる水のしぶきの
    音、その銀色の輝き。すうっと髪の間を澄み切った風が通り過ぎていくようだ。
 

     かつてそんな風に、夜の空を星の川が流れていたのだということを、天の川なんざどう
    目をこらしても見ることができない都市に好んで住んでいる自分も、決して忘れたくはな
    い、そう強く思う。
                                       2000.7.7
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る