怠惰で、しかも健全な夏の休日

 
 


      今日は、職場の事情で平日なのにお休み。
      さあ、何しよう。
      つい何日か前から「鍵善のくづきりが食べたいぞ発作」にみまわれていたので(この発
     作は3ヶ月ごと程に激しい衝動を伴って訪れる)、それだけは確定だ。
 

      朝寝するつもりが前日結構早寝してしまったせいもあり、休みの日にしては破格の早起
     きをしてしまう。
      でも布団を出る気にはなれずに、だらだらと何となくゲームに突入。
      午前中が経過(笑)。
 

      もっともその間、朝ご飯食べて、洗濯すませて、布団も干した。
      鍵善行こうっと。
 

      わたしの行きつけの鍵善良房は、祇園の本店でなく高台寺店である。
      あの辺、歩くと楽しいんだよね。
      が、家からそこまで歩く気力は当然ない為、妥協して五条烏丸までチャリで行き、TSU
     TAYAの近くに停めて、いざ歩き出す。
      判る人には判ると思うが、ここからでも距離は相当だ。
 

      汗かきまくることは判っているので、服装はどうでもいいTシャツにどうでもいいジーパ
     ンである。が、日焼け止めだけはこれでもかと塗っているぞ。
      日傘をさして、歩く、歩く。
      陽射しは強いし、気温もバカ高いが、風があって湿度が低いので、意外な程楽だ。
 

      東大路からまっすぐ行ってもいいのだけれど、清水辺りが好きなので、遠回りを承知で
     二寧坂、産寧坂を、観光客のような顔をして、流してまわる。
      もっとも後でトイレの鏡見て気づいたが、こんなどうでもいい格好している観光客はい
     ない。日本人には(笑)。
      ちょっと来ないとすぐ店が入れ替わりしてるので驚く。それにここ最近、古くからある
     店も妙に軒先がこざっぱりしてきれいになった。
      美術館みたいな場所まであって、ちょっと面白い。
 

      全身にびっしり汗かいて、鍵善到着。
      すいている(だから好き、高台寺店)。
      メニューも見ずに、「くづきり(黒みつ)」を注文。
      何年か前に白みつなどという邪道なメニューが出現したが、くづきりの王道は黒みつだ
     ろうと、固く信じて疑わないわたし。
      と言いつつ、ここのくづきりは、みつをつけずに食べても美味しんです。
      半分くらいつけるのも好き。
      たまに、どぶっとつけて食べるのも好き。
      つまり、全部好き。
 

      くづきりを待ちつつ、昨日図書館で借りた西澤保彦のハードカバーを読み始める。
      読み終わる(激爆)。
 

      ……いや、ほんと、読み終わろうとは思いもせずに読み出したのですが。
      ただ、大変すいていてまあ長居してもいいや、と思ったのと、どうも「きりのいいとこ
     ろ」というのが上手く見つけられなくて、これがもう。
      でも本当に、最後の十数ページくらいまでは、「ここで読みきってしまおう」なんてか
     けらも思ってなかったのよー。
 

      結局1時間半近く、くづきり食べつつ、ねばったことになる。
      だけどわたしが出た時に、わたしが入る前からいた二人組がまだねばってた、というこ
     とは我が名誉の為に付け加えておこう、念の為(笑)。
 

      お店を出たら、そのまま八坂さんを抜けて、四条を西へ。
      途中によーじやがあるので、立ち寄る。
      すいている。
      他のものには見向きもせずに、石鹸を買う。
      実はこれはよーじや製ではなくて、ロフトやハンズでも買えるんだけど、たまたまここ
     に売っているのを知っていて、かつそろそろなくなりそうだったので買ってみた。1個
     250円。
      これで体も顔も洗っちゃうよ。
 

      大橋に出ると、わざわざ川辺に降りて、三条まで歩く。
      三条の橋元にはBookOffがある。
      当然、立ち寄る。
      込んでいる(笑)。
      だらだらと1階から3階まで流す。
      特に力入れて見るのは3階の海外文庫の棚。
      ここは、基本的に「仕入れから3ヶ月売れないと100円棚落ち」なのだそうである。
     ので、普通の古本棚にあるとつい「もうちょっと待とう」などとせこいことを考えてしま
     うのだが、以前それで『フリッカー、あるいは映画の魔』上下巻を逃がしたという痛い思
     い出があるので、次に見つけたら躊躇せず買おう、と決めているのだ。
      が、そう決意すると出てこないんだな、これが。マーフィー。
 

      結局何にも買わずに、それでも気持ちは満足して、店を出る。
      御池に上がり、寺町を少しさかのぼる。
      ちょうどお茶が切れていて、ここにお気に入りのお茶屋さんがあるの(一保堂に非ず)。
      すいている。
      いつものように煎茶を買ったら、「暑い中御苦労さんです、冷茶お出ししましょか」な
     どと言ってくれるので遠慮なくいただく。
      美味い。
      口に入れた最初はすきっと入るのだが、呑み込んだ後に舌の奥にふうっと葉の苦味とい
     うかえぐみというか、あくに近いようなものが一瞬よぎる。
      これがいい。
      最近の飲料水メーカーのお茶は、この手の渋みとか苦味を除いて旨味成分を出すことに
     全力を注いでいるようで、それはそれですごく美味しいんだけど(特に「旨茶」はおいし
     いと思う)、「緑茶を飲んだぞ感」にかけるのが難である。
      やっぱりこういう方が自分は好きだな。
 

      そこから適当な道を選んで下っていくと、目の前に金市商店が見えてきた。
      ここは何年か前に「ミール・ミィ」とかいうこじゃれた名前をつけて店内を改装したが、
     建物の上にある看板は昔のままで、包装紙にもしっかり「KANEICHI」と書かれているのが
     可笑しい。何の為の店名変更だ。
      そういやはちみつ、今もう栗と黐のしかないな、と思い立ち寄る。
      わたしはどんなに貧乏してても、緑茶とはちみつだけはこの2店を御用達と決めていて、
     人からもらいでもしない限りよそのは使わない。
 

      はちみつは、レギュラーものと別に「季節限定商品」みたいのが何種類かあって、限定
     品に弱いわたしは、いつもその中で迷う。
      櫨と柿とユーカリと向日葵。
      迷う迷う迷う。
      大いに逡巡した挙句、ユーカリを選択。前にユーカリの飴を食べたことがあって、それ
     が頗る美味だったので、なら蜜も美味に違いない、とあたりをつけてみた。
 

      袋ぶら下げ、再び南へ。
      さくさくと歩く歩く。
      お茶屋さんに「何で来ました?」と聞かれて、つい「自転車で」とうそついてしまいま
     した。いや、完全に嘘ではないのだが。でも「五条から清水まわって歩いて来ました」言
     うたらどんな顔されるかと思って(笑)。
      時刻は6時。
      雲が出て、もう日傘が要らない。
 

      ……どころか、降りそう。
      五条に着いて、慌ててチャリをこぐ。布団濡れたら最悪だ。
      堀川の角で、変わらない信号をいらいらと待っていたら、北西の空にばばっと稲妻が走っ
     た。
      うわあ。
      こんなにまともに稲妻を見るの、1年以上ぶりくらいだったので、つい見とれる。
      が、そんな場合ではなかろう、とはたと気がつき、走る走る。
      何とか間に合って、無事洗濯もの確保。
 

      それをたたんで、布団に掃除機かけて、何となく片づけなどに突入したが、どうも雨の
     降り出す気配なし。
      なあんだ、と気をとり直して、再び外出。
      今度は風呂屋だ。
 

      五条の「五香湯」。
      ここは、スーパー銭湯並にいろんなお風呂があって、かつ料金は普通の銭湯と同じ、と
     いう非常に良心的なところ。
      いろんなお風呂をはしごにはしごして、途中に休憩も入れつつ、軽く3時間ねばる(笑)。
      最後にかぶり湯から打たせ湯まで、色んなパターンを出してくれるシャワーを二度浴び
     して、締め。
      もう全身あますところなくつるんつるんである。
      帰りはすっかり夜で、自転車こいでもちっとも暑くない。むしろ、夜風がいい感じにほ
     てほての体を冷やしていって、たまらなく心地がよろしい。
 

      家に帰ると、朝に仕込んでおいた水出し緑茶がちょうど程よく飲み頃である。
      つくり方は実に簡単。大きなポットに緑茶の葉を入れ、上からぎゅうぎゅうに氷を詰め
     て、半日放置する。以上。
      飲む時には氷を入れたグラスに注いで飲むんである。
      同じ方法で紅茶もつくれるよ。
      じわっと味が出ていて、しみじみ旨い。
 

      そうめんでさらっとご飯をすませて、後はひたすらごろんごろん。
      ふかふかの布団でちょっとだけうたた寝して、パソコンへ。
      メール書いて、レス書いて、ああ楽しいなあ。
 

      体重計ってみたら、1キロ痩せていた。
      いい休日だった(笑)。

                                     2001.7.31
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る