ポケベルの中の女

 


     * この文章はニフティの旧映画フォーラムのFreetalkに96年7月24日に
       書いたものを加筆修正した文です。
 

     ここ何日か、ポケベルに謎の女の影がちらついている。
 

     その女の名は「ケイコ」さん。これは自分で名乗っているので確実だ。
     どうも知り合いのベル番を間違えてわたしのところに打ってきているみたいなのだが、
    ふつーここまでやったら気付くだろ、と思うくらい延々と続いているので、おもしろくも
    気になって仕方ない。
     彼女がわたしの忘れている知り合いという可能性はゼロ。その時、わたしは当時つきあっ
    ていた相手以外、誰にもベルのことを教えてなかったのだ。
 

     ケイコさんはポケベルで約束もする。明日〜時に鈴蘭台。
     一体この二人は会うことができたのだろうか?
     もし仮に会えたのなら、何故その段階で二人とも、ベル番が違っていることに気付かな
    かったのだろう??
 

     それでもどうやら二人は会えたようだ。ケイコさんはその後も、実にほほえましいメッ
    セージを大量にわたしの元に送ってきている。
     圧巻はつい先日の夜で、3時間の間に10回以上もメッセージをくれた。
    「誰々がガンとばしてこわかった」とか言ってくるのだが、あまりに返事がない(当り前)
    のに呆れたのか、「ベル入っとう?」「勉強しとる?」と尋ねてきている。すみません、
    ゲームしてました。
 

     だが当然ながらそれでも返事は来ない。ケイコさんはなおも呼びかける。
    「おーい寝とん?」「起きろ返事は?」「つまらん寝るな!」「起きたー?」いや、先刻
    からずっと起きているのだが。
 

     しかしこの言葉使いと、鈴蘭台で待ち合わせなんかするところを見るに、ケイコさんは
    神戸っ子だな。そして、相手にこれだけ返事を要求しながら、電話をかけないし、相手に
    もかけさせようとしないところから、おそらく二人とも親と暮らしている子供なのだろう。
    「勉強しとる?」というメッセージがよく入る。おそらく高校生ではないか。
 

     なんとも言えずほほえましいのであるが、いかんせん相手に伝わっていないのが玉に傷。
    わたしをほほえませてどうする。
 

     だがしかし、世の中にはこういう人が山のようにいるらしい。
     先程「起きたー?」と呼びかけたあと、ケイコさんは一度あきらめたようで、その後40
    分近くメッセージは送られてこなかったのだが、夜の11時をまわって、再びわたしのポ
    ケベルが音を立てて震えた。「やっと起きた?」何と、ハートマークまでついている。何
    のこっちゃ、と思っていると、直後にまた「意味判らんで!」との厳しいつっこみ。いや、
    意味判れへんのはこっちやって。
 

     考えるにおそらく他にもケイコさんのような人がいて、その人が偶然(!)、ケイコさ
    んのベルにあの時、メッセージを送ったのだろう。それを見てケイコさんは、「やっと起
    きてくれた!」ととても嬉しかったのだが、あいにくそのメッセージは意味不明な代物。
    ポケベルは会社が違うと文字コードも違うので、NTTの文字表を見てテレメッセージな
    んかに打ったりすると、非常にシュールな文章ができあがったりしてしまうのだ。
     そこでケイコさんはつっこんでみた。しかしその日の彼女からのメッセージはこれで最
    後。一体ケイコさんの身に何があったのか。
 

     一人気をもんでいたが、次の日の朝、ケイコさんからハートマーク付きで、「おはよう」
    のメッセージが届く。ほっとひと安心。おはよう、ケイコさん。
 

     だがこれが最後だった。その後、丸一日たったが、ケイコさんからは何の連絡もない。
     一体彼女はどうしてしまったのだろう?
    (まあ、いい加減間違いに気がついたのだろうな……)
 

                              1996.7.24(2000.7.7加筆修正)
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る