奥様雑誌

 
 

     仕事場にね。
     いろんな冊子が来るのです。
     こちらで頼んでいるものもあれば勝手に送られてくるものもある。
     中に、保険会社のおばちゃんが置いてくものがありまして。
     今まではずっと、TV雑誌の抜粋だったんですが、何故か先日に限って、とある有名なお
    料理レシピがメインの若奥様雑誌の抜粋ものだったのですね。
     ちなみに、果物の方でなく野菜の方。←バレバレやん(笑)
     が、そのほんのわずかな特集記事の抜き書きがわたしと友人の間に旋風を巻き起こすこ
    とになろうとは。誰も思いもよらない平凡な朝。
 

     「風水」って御存じですかね?
     なんかこう、方角だとか物の置き方だとか色なんかの組み合わせで開運を招いちゃった
    りするぞという占い関係の話。
     ……と、わたしの理解はこの程度なのですが、これ以上に遥かに詳しく「その解釈は間
    違っているよ!」と憤った方も「え? 何それ? 風に水?」てな方も実はOK。これか
    らの話のツボはそこでは無いんです。
     その特集たるや
    「奥さん、普段の行動に賢く風水を利用して旦那の運気を上げましょうぜ」
    という代物なのですが、実際に「おお、これって風水やん」てなものは殆ど無いんですな。
    かろうじて「鏡は夜、邪気を呼ぶからカバーしろ」とか「ベットカバーに使うならこの効
    果にはこの色」とかそれっくらい。
     そう、この文章のツボが「風水学」に無いのと同じく、この特集のツボもこれっぽっち
    もそこには無いんです。
     ではこの特集の真の狙いは何なのか?  
     まあ見て下さいよ奥さん。
     以下、カギカッコ内はすべて原文ママです。
 

     ではこれに従いとある御夫婦の一日を見てみましょう。  
     まずは起床時。  
     『やさしく声をかける。大声は絶対にNG』。  
     『料理の音や、においで自然に夫が目覚める状態が理想的』。  
     旦那さんご出勤。  
     『忙しい朝ですが、妻はお見送りにほんの30秒を使うだけで、夫のその日一日一日に大
    きなプラスのエネルギーを送ることになるのですから、ぜひ!』。  
     『仕事などで妻が先に家を出るならば、何かメッセージを書き置きしましょう』。  
     あ、アナタ、お財布忘れてるわよ。  
     『黒い財布を持つと夫は家庭のためにお金を使うようになります』。  
     『夫の財布は個人のものとはいえ、夫婦の共有性の高いもの。あらかじめ妻は「中身を
    見ることがあるよ」というふうに断っておいて、定期的にチェックしましょう』。  
     そんな旦那のお洋服。  
     『夫は仕事服も私服も上着から下着まですべて、妻の選んだものを身につけるのがよい
    でしょう』。  
     対する奥さんのおよふくは。  
     『妻は好きな服を着てかまいません。ワードローブの数も夫の倍は持っていてかまいま
    せん』。  
     仕事に行って、さてお昼です。  
     『夫の運を高めるお昼ごはんは、妻の手作りお弁当がベストです』。  
     『お昼時には、妻から携帯メールでメッセージ。(中略)携帯のメールで家庭からよい
    気を送ってあげれば、夫は午後からもよい仕事ができるでしょう』。  
     さ、その間に奥様は家事よ家事。  
     『洗濯物は夫のものからたたみます』。  
     『とにかく家の中では夫を立てるのが原則。夫は、家で立ててもらって初めて、外でも
    人から立ててもらえる、と思ってください』。  
     『物を片づけるのも夫のものから、と習慣づけてしまいましょう』。  
     あ、夕御飯の支度もしなくっちゃあね。  
     『できれば夫だけに、夫の好物を一品プラスしてあげましょう』  
     『夫にとっては、そういうささいなことでも「立ててもらっている」と感じることが運
    を高めるうえで大切なのです』。  
     そうそう、リビングもきれいにしなくちゃ。  
     『好きなものが置いてあることでリラックスできます。妻のものは、控えめに置くよう
    に心がけ、ぜひ夫のものを中心に置くようにしてみてください』。  
     と、こんなに頑張っているワタシなのに、あの人仕事仕事で家のこと放ったらかし。  
     『夫が何をするべきか、家の中での役割をきちんと作ってあげるべき。家の中では妻が
    上司なのですから。きちんと仕事を割りふってもらえない部下は仕事をしなくても責めら
    れないのです』。  
     なあるほど。安心したら眠くなったわ。寝ましょうアナタ。  
     『入り口から見て、奥側に夫が眠るように。家の中では妻が立場的に上司。万事管理し
    ていればよいのです。明かりを消したりするのも妻が』。  
     では、オヤスミなさい。  
 
 
 
 
 
 
 
 

     ………………………………恐い………………………………。  
 
 

     恐いです。恐過ぎます。わたしはこの奥様がとても恐い。マジに恐い(涙目)。  
     また、恐いのと同時にものすごく悩んでしまいました。何だコレ、60年代の奥様雑誌か? 
    一体今は西暦何年? 何世紀? そしてどこの国の話だ?  
     わたしはもう、こんな時代はこの国ではとっくに過ぎ去ったものだとばかり思ってまし
    た。それも、例えば愚かな幻想を抱いて中年や壮年や老人になってしまったおっさん共が
    説教や愚痴でのたまう夢見言ならともかく、これはまぎれもなく、「今の若奥様」に向け
    てはっきりと社会的につくられた雑誌の中での特集記事なのです。  
 

     何だかもう、ひとつひとつあげつらっていくのもどうかと思いつつ、ついひとつひとつ
    に文句つけずにいられないのですが……。
     「目覚ましも無いのかキミ達の家は」「『仕事など』の『など』って何だ『など』って、
    旦那には『など』は有り得ず妻だけに付くのかその副助詞は」「妻の財布に共有性は無い
    のか」「自分の服くらい自分で選べ」「旦那には自分の趣味を押し付けて自分は好きなも
    ん着放題かい」「働く妻には携帯で家庭の運気を誰が送んねん」「外で立ててもらわねば
    ならない立場にいる妻というのはこの世に存在しいひんのか」「そもそも家でここまでち
    やほやされなければ外で一人前に人に立ててもらえるだけの存在でいられないってそれダ
    メ人間じゃん」「リビングに好きな物も控えめに置かなきゃならん家ってどうよ」「役割
    をつくってもらわねば生活もできない男は要らねえ」「明かりを消す時まで妻に万事管理
    されてる旦那になんか死んでもなりたか無えぞ」etc.etc.……………………もうキリが無い。  
 

     ここに驚く程はっきり現れている「男は仕事、女は家庭」のうん十年前からの硬直した
    発想、色濃い男尊女卑、でありながら実は根底で個人の、自立した人間としての「家庭を
    持って外で働いている男性」をなめになめきった態度……いや恐れ入ります。凄いです。
    参ります。  
     こんな風にしか生きられない女も嫌だし、こんな風でなければ自分や家族の運さえ上げ
    られないようなそんなダメ男も嫌だ。自分がこんなんでも嫌だし、こんなんとは絶対友達
    になりたくない。嫌夫婦。  
 

     まあ、もう、正直明らかに「アンタ等どうかしてるよ」で、この記事ののたまってるこ
    とははっきり間違ってる、おかしいんですが、それに感じる思いと別に「何かヘン、何か
    妙だ」ってもやもやした違和感がありまして。  
     実はその正体、ずっと謎だったんですが、この文章書いていて初めて判った。  
     結婚している男と女。  
     それを一語の単語で呼びます。  
     まあいろいろありますがな。  
     TPOによっても使い分けますわな。  
     でね。  
     わたしだっていろいろ使いますよ。  
     でもこういう「語り文章」の時にね。  
     「妻」とか「夫」って言いにくい。もとい、書きにくい。  
     ついどうしても、「奥さん」とか「旦那」とか、「呼び掛けそのものに使える単語」で
    書いてしまうのよこれが。  
 

     勿論、「何で女が『奥』なのよ!」とか「『旦那』って、男だけが家庭の要を背負って
    んじゃないわよ!」てな言語に敏感な方の言うことも承知しております。判ります。その
    通りだと思います。  
     でもさ。  
     わたしの言語感覚が鈍いのかもということはともかく。  
     確かに鈍いかもしれない、でもわたしは敬称がついていないと使いにくくてつい「奥さ
    ん」などと書いてしまうが、その立場の人間が上記のように生きるべきとはこれっぽっち
    も思っていないし、「旦那さん」がそんな風に自立心と精神の自由を押さえ込まれて生き
    るべきだとも思っていない。  
     でも上の記事を書いた人は違う。  
 

     もし、これがまさにうん十年前の奥様雑誌の記事だったら。  
     間違いなく、上のような記事では呼び掛けは「奥様」「御主人」だった筈。  
     ですがそこんとこ、ここ近年はとびきり敏感です。  
    「主人だなんて妻は奴隷じゃないのよッ」って。  
     でも、さぁ。  
     呼び掛けだけは世間の風潮にならって書き替わっているこの記事、そのせいでこう、内
    容とは裏腹にどっか突き放したような妙な違和感の漂うこの文章……どう考えたって「奴
    隷」でしょうこの「妻」は。  
     「妻」だけじゃない。「夫」だって充分奴隷だよこの扱われ様。  
     互いが互いに、それぞれこんな抑圧された生き方してどうする。  
     それも強いられた抑圧じゃない、抑圧を自ら選んでるんですよ。誰にそう命じられた訳
    でもないのに。何だそれ。  
 

     なんかもう、この片手落ち(←そういやこの言葉も「いかん」言われる類ですな)感覚
    が非常にイヤなのですね。そこ敏感にやりすごしてる癖に何故本質にはこうも鈍感なのか、  
    と。それが気色悪い。
 

     わたくし、普段滅多にこの手の「奥様雑誌」を購入することがございませんので寡聞に
    してよく存じ上げないのですが……世の「奥様雑誌」ではこのような御夫婦の姿ってごく
    ごく当たり前なの? で、実際日常的に購入している奥様の御家庭もやはりこんな風なの? 
     いやいやいや、そんなことないよね。今ちょっと想像しちゃった。コワくて鳥肌立っ
    ちゃった。  
 

     しかしこれ、企画を考えた人もすごければこの内容を通してしまい、ほんとに誌面に載
    せてしまってる編集者や出版社の肝も太い。  
     もしかしたら企画考えたのも文章こしらえたのも全員男性なのかもしれませんが。それ
    にしたって。  
     誰かひとりくらい「コレあかんて」言わなかったんでしょうかね。女性でも男性でもい
    いから。  
     いなかったんだろうな。そう思うと、ちょっと絶望的な気分になりますね。はあ。

                                      2003.9.16
 
 
 
 

  ・追記。  
     ところで皆様。  
     先程お送りさせていただいた「風水夫婦の一日」。  
    「あれ、肝心なところが抜けてるな」とよもや思いはしませんでしたでしょうか。

 
     そう、あれですねあれ。抜けてます。すっぽりと。  
     そこは明るく健全な奥様雑誌、そんなところには目もくれないのだろう、と思った方も
    いらっさることと存じます。  
     だがそれは違う。  
     実はありました。そこの部分も。ばっちりと。それはもうばっちり過ぎるくらいに。風
    水夫婦、抜かりはありません。  
     これが何とも、たまらなく凄かった。  
     この一項目だけで、先刻あげた項目をすべてあわせた以上、いや30乗したくらいの破
    壊力のある文章でございました。  
     その底力にわたしと友人はもう釘付け。腹の底から爆笑した挙句、それについて矢のよ
    うにメールを飛びかわしてしまいました。また、互いのそのメールがまた面白いのなんの
    でお互い更に笑。  
     もう、あまりにもあまりにも面白すぎるので、当該の文章とわたし等のやりとりをぜひ
    サイトに載せたいと思ったのですが、「これはいくら何でもサイトの品位が下がる」との
    忠告を当の友人から受けまして(手前が言うな(笑))。   
 

     そんな訳で、隠しページにしようと思い至った次第。  
     ここを読んで、「それは是非読みたいではないか!」とお思いのそこの貴方とそこの貴
    女、掲示板にてメールアドレスご記載の上、「風水夫婦のアレを希望」と件名か本文にて
    お書き下さい。  
     当方問題無しと判断した場合のみ、秘密のアドレスをメールにてお教えします。  
     どうだと問題ありと判断するかはすべてわたしの勝手なので、不許可になった場合は諦
    めるなり説得するなりなさるよう伏してお願い申し上げます。  
     なお、「これを読んで女性に幻滅した」などという苦情は一切受け付けませんので、そ
    の旨ご覚悟の上ご希望お寄せ下さいませ(笑)。  
 

     では皆様の多数の御希望、お待ち申し上げております。
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る