何故そこで飛ぶ?

 
 


      わたしのとっている新聞は子供の頃からの習慣で朝日です。
      こういうの、「思想や傾向」とか、あるいは「景品の質」で選ぶ人もいるんだろうけど、
     きっと大半の人は「子供の頃からそうだったから」だよね。なんつーか、TV欄の構成だ
     とか、そういうちょこまかしたとこが違ってるとなじめない。
 

      けど昔から読んでてずっと思ってることなのだけど、朝日って時々すっごく素頓狂なこ
     とを言い出すことがありまして。
      こないだもすごいものにぶつかってしまいました。
      朝日の夕刊には1面に「窓」という論説委員の人が書くコラムがあるんですが、4月
     18日、その日のタイトルは「ハンニバル現象」。
 

      何だろう、生肉食べるブームでも起きてるのかな?(激爆)などと思いつつ読んでみる
     と、『ハンニバル』やら『バトルロワイヤル』やら、最近は直接的で激しい暴力を描いた
     ものが目立つ、という内容でした。
      んで、『ハンニバル』にはこんな暴力シーンがある、『バトル・ロワイアル』にはこん
     なのがある、ときて、だが映画だけでなく現代の文学にもそういった「不可解な」暴力が
     目立つ、という話になる。で、文芸評論家のある方がそれについて、「まずコミュニケー
     ション障害があってその打開の中で暴力への想像力が膨らみ世界へ漏れ出してくる」みた
     いな分析をしていると書いている。
 

      ここまで、特に、問題は無いですね? この評論家さんの分析の内容はとりあえず置い
     とくとして、話の流れとして別段おかしなところは無い。まず前提、その説明、そして展
     開。
 

      が。
 

      この分析の紹介直後ラスト4行、いきなり

     「暴力表現がうける背景には、インターネット社会でのいらだちと閉そく感が
      あるとも思える」

      などと言い放って文章は唐突に終わる。
 

      何だコレ?
 

      ここまで話がこう続いてきて、で、突然出てくるこの結論。その論理の飛躍っぷりが全
     然判らない。この文がここに表れる、その根拠を示せ。
 

      なんか、後ちょっとだし、適当にこういうこと言って行埋めとこうと思ったのか、それ
     ともほんとに言いたいことはこっちで、それをうまくつなげられずにこうなったのか。どっ
     ちの可能性もありうる感じ。
 

      そもそも「インターネット社会でのいらだちと閉そく感」てのがよく判らない。それは、
     インターネットがこんなに広まるまではこの世に存在しなかったもので、そしてこうなっ
     てから突如虫がわくみたいに発生したのか? それは一体どういう感情で、そしてどうい
     う人々が胸に抱いているのか。
      現代社会にいらだちや閉そく感を抱いている人はきっといっぱいいることだろうが、そ
     の中のどれ程の人が、果たしてそれを「インターネット社会のせいだ」などと思っている
     のか? 根拠があるならぜひ教えてほしい。
 

      そしてもし仮にそういうものがあると仮定して、それが何故「暴力表現がうける背景」
     と言えるのか? 他の表現ではなく、何故そこにいきなりガッとつないでしまうのか? 
      どんな状況であれ、いらだちや閉塞というものが、即暴力へ直結すると決めつけるのは
     あまりに短絡的だ。だが「これ以外への行き先はない」と言わんばかりのこの態度は何。
 

      こういう、いい加減にさっと手先でまるめたような言葉の使い方、わたしは非常に嫌い
     です。いや、意識してわざとそう作るならいいんですが、全く無自覚で、その上そういう
     人間が論説委員、すなわち「文章のプロ」なんてことをやっているのが非常に気に障る。
 

      もし仮に「ほんとにもっていきたい結論がこれだった」としても、わたしはこのやり方
     は嫌いです。だってそれじゃあ、あまりにも『ハンニバル』や『バトルロワイヤル』が気
     の毒だ。今、世間で暴力ものとして目立ってるから適当にさっと引っ張ってこられただけ。
     レクター博士がひとを食うのはインターネット社会のせいか? 違うだろ。
      どうせひいてくるのなら、もっとその結論に運んでくるのに都合の良さそうな素材が、
     今の世の中、いくらでも転がってるじゃないですか。大人ならそれくらい自分で探せ。あ、
     ちなみに、どう探していいかも見当のつかないものを探すには、インターネットが一番便
     利よ(笑)。
 

      例があまりにもいい加減だから、結論との間を埋めることができない。あるいは、ほん
     とは言いたいことはそこまでで、ただ単に文字数あわせに適当なこと書いたから、そこだ
     け異様に飛躍している。
      どっちにしたって「プロの仕事」ではないですね。やだやだ。誰か止めろよ。
 

      適当な文字数あわせ、にこういうこと書いちゃうのも、どうかと思いますけどね。こう
     いうのに「悪者仮面」押しつけとけば、それで何となくカッコがついちゃう、という考え
     方が見え見えではないですか。
      これは朝日だけではないと思うんだけど、ほんと、マスコミの考えることはよく判らな
     い。持ち上げたいのか貶めたいのか? 特にネット化なんて、どっこも喜々として押し進
     めてる癖に、この手の「ネット社会の歪みがこの犯罪を引き起こしたのかもしれません」
     なんて言い種をいとも簡単に使うんだよね。ああ判らない。
 

      (朝日でない人の為に──全文こちら

                                     2000.5.15
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る