御近所の米良美一




     うちから歩いて3分かからない場所に、一軒のコンビニがあります。
     ここでバイトをしている学生風の青年を、うちでは「米良くん」と呼んでいる。
     そう、かの『もののけ姫』の主題歌を歌って一世を風靡した、カウンターテナー米良美
    一氏のことである。
 

     その理由は、ずばり直球「似てるから」。
     顔といい、小柄で小太りなところといい、肌の色白さといい(笑)、もう何から何まで
    似てるんです。血縁関係があったとしても驚かないぞ。
     で、顔のつくりが似ているということは、骨格が似ているということですね。骨格が似
    ているということは、すなわち声まで似てしまうのであります。
     最初に出くわした時には、度胆抜かれましたからねぇ。自動ドアをくぐると同時に、も
    んのすごく高いスタンスから、最大ボリュームで「いらっしゃいませ〜ぇ」と声が降って
    きた。
     この「せ〜ぇ」の部分の尻上がり具合もすごい。実にオペラを歌うかのような風情があ
    るのであります。
     そして勿論、出ていく時の「ありがとうございました〜ぁ」も同様。彼がいる時のコン
    ビニはまさにオペラハウス(笑)。
 

     そんなんだから、行く度につい注目して見てしまい……で、気がついたのだけど、米良
    くんの勤務態度は非常に真面目。それも、超がつく真面目。
     普通、客が一人か二人しかいなくて、レジに誰もいなかったりすると、店員さん多少の
    無駄話はするじゃないですか。それってごく当たり前のことだよね。
     しかし米良くんは違う。わたし、実際に、米良くんが仕事以外のことで店員さんやお客
    と話してるところを一度も見たことがありません。
     そして立ち方はいつも直立不動。背筋を伸ばし、身じろぎひとつせず立ってます。客が
    誰もレジにいないんだから「休め」の姿勢くらいとっても良さそうなもんなのに、彼の姿
    勢は決して変わらない。その姿は店外から見ても一目で判ります。「ああ、今日は米良く
    んがいるなぁ」。
 

     そしてそのまっすぐなまなざしはいつも店内に、お客様に注がれている。
     店内で何かあった時のレスポンスが、んもう、異様に速いんですね。棚から何か落ち
    ちゃった時とか、お客さんがものを選んでレジに向かって動き出した時とか。
     だもんだから、店内に自分と米良くんしかいない、という時には、これが結構、緊張し
    ます(笑)。米良くんの全関心が自分によせられているのをひたひたと感じる。目当ての
    品がなくても、何も買わずに出るなんてとてもできない気分になります(笑)。まあ、も
    し何も買わずに出ていったとしても、やはり米良くんはいつものようにオペラボイスで
    「ありがとうございました〜ぁ」と全身全霊で見送って下さるのですが。
 

     このように多少の緊張を強いられたりする場面もありつつも、その生真面目ではきはき
    した態度は、見ていて非常に心地が良いです。もしかして、同僚だったりすると「そんな
    一人真面目にやられたら、俺等しんどいわ」って感じでちょっと煙たい気もするのかもし
    れないが。
     でも、全身からにじみ出るその一所懸命さは、ほんとに感じがいい。ちょっと気分がむ
    しゃくしゃしてたり、落ち込んでたりする時に、店に行って彼の真面目な働きぶりを目に
    すると、それだけで何となく嬉しく元気になります。ああ、米良くんは今日も真面目で一
    所懸命だ。偉いなぁ。
 

     そんな訳ですっかり心のマイアイドルと化していた米良くんなのですが、どうもこの数
    カ月、姿を見かけません。
     学生っぽかったし、卒業して田舎に帰っちゃったのかなぁ。残念だ。さみしい。
     でもきっと、いつどんなところにいても、彼はその生真面目さで見る人の頬をゆるませ
    るのに違いない。
     そして今日もどこかで、あの魅惑のボイスを天高く響かせているに違いない。
 

     頑張れ、米良くん。

                                     2000.7.12
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る