ライン

>

 
 

     ああ、目が喜んでいる。
     先日、京都近代美術館で開催されているルネ・ラリック展を見ながら、しみじみと思っ
    た。
     ラリックはガラスや宝石のデザイナーとして有名である。
     光り物に興味が薄いわたしだが、この日ばかりはずらり並んだ指輪やネックレスにかぶ
    りつきになった。
     それは決して、「こんなアクセサリーが欲しい、身につけたい」からではない。
     わたしが欲しいのは、この類い稀な「ライン」の群れだ。
 

     目が貪欲である。
     所有欲に関しては、おそらく世間一般の尺度からしてかなり低い方だと思う。ものに対
    する執着が薄い。
     けれどその代わり、人様の何倍も目がいやしい。
     美しいもの、胸ときめかすもの、思いもかけないようなもの、うっとりするようなもの、
    あるいは信じられない程醜いものも、皆みんな、見ていられるなら所有できなくて構わな
    い。ただただ、飽かず、あらゆる細い襞の奥まで舐めるように目で追いたい。
 

     中でもとりわけ自分の「目が喜ぶ」事象、それが「ライン」だ。
     線の動き、流れ、からみ、緊張、そういうものに目が奪われる。
     複雑でわきたつような、のびのびとしたラインを見ると胸がわくわくする。
     例えばそれはジョン=エヴァレット=ミレイの描く草の葉、伊藤若冲の紡ぎ出す枝のか
    らみ。自然なようで実はその「自然な乱雑さ」が事細かに計算し尽くされている、それが
    目にたまらない。
 

     ビアズリーや月岡芳年のような、洗練の極みを尽くした線も好きだ。一分の無駄もなく、
    かっきりと確実なラインで浮かび上がる物の輪郭。
     その昔ビアズリー展を見に行った時、サロメのシリーズより何よりも、最も目を釘付け
    にされてしまった作品がある。
    『アーネスト・ダウスン「詩歌集」表紙』。
     そう、「絵」ではない。本の装丁だ。
     本の表紙には、細い2本の金線に枠どられた中に、蔓のようにラインが踊っている。
     長方形という制約を受けた本の表紙で、これだけ少ないラインで、これだけ絶妙に空間
    を分割できるとは。「これに似たもの」はあるかもしれない、でも「ここまで高められた
    もの」はきっとない。その強烈な美意識の具現に目がしびれる。
     月岡芳年といえば、何をおいても『藤原保昌月下弄笛図』がラブだ。この立ち姿! 心
    臓にビリビリきます。月に叢雲。風をはらんだ狩衣の袖。1ミリズレても壊れてしまう、
    パーフェクトな三角形の構図。すべてが見得を切っているがごとくの粋の極み。
 

     ラリック展でわたしが有頂天になってしまったのは、こんなにも精緻で細かい微妙なラ
    イン、それが何と金属を使って立体として現れている点である。ペンで書くことはできて
    も、それがこんな風に「物質として」つくられていることが驚異だ。
     特に好きなのは「踊るニンフたち」のペンダント。横の長い長方形、そのまわりを植物
    の枝になぞらえた細い線がかこっているのだが……これが、実に絶妙に「左右不均衡」な
    のだ。片方は長方形の表面に現れているのが、片方では隠れている。
     この「崩し」がたまらなく良い。これ以外のものも、彼の作品には左右不均衡なものが
    大変多いが、これ程「粋」に崩してあるのはそうはない。
     これ、当然のごとく自分には絶対に買えない代物だろうが、このワク部分だけでいいか
    ら欲しい(笑)。本気です。
 

     粋、と言えば「枯葉」のペンダント(ブローチだったかも)もいい線いっている。普通
    なら前面に出すだろう宝石を、落ちた木の実のように、枯れた葉でくるりと包んでいる。
    その「隠して見せる」やり方が上手いし、葉のこちら側にまくれた部分の縁のラインが最
    高に目に美味しい。
 

     こういうものが大好きなわたしだが、以前、ウイリアム・モリス展にでかけた時には、
    何だか非常に消耗してしまいました。
     その時の展示では、壁紙の類が多かったんですが、それをいくつもいくつも見ていたら
    息苦しくなってどっと疲れた。美術ものは平気なのに、商業ものが非常に疲れる。壁紙と
    か、じゅうたんとか。
     線がねえ……多過ぎるんですよ、自分には。空間をこれでもかこれでもかと執拗に埋め
    尽くす線。目にうるさい。気力が萎える。
     若冲なんかでも画面中にびっしりものが描き込まれた絵があるんですが、これが一面埋
    めているように見えて、実に微妙に、すこんすこんと抜いてある。この「抜き」があるか
    ら、息苦しくならずに素直に目が喜ぶ。
 

     多分こういう「抜き」「崩し」を喜ぶのは、わたしが日本人であるという面が大きいん
    だろうな。日本には恐るべきことに「欠けた型」という美の形がある。
     この「欠けた型」についてはまたいずれ稿を改めて書くつもりですが、本当、モリス展
    を見た時にはつくづく自分は日本人だと思いました。こんな風にまわり中すべてを埋め尽
    くされるのには耐えられない。頼むからワシに「間」や「余白」をくれえ。
     そういう意味でも、若冲は凄い。描き込む時は徹底して描き込むが、抜く時は徹底して
    抜く。空間に何をどう配置して、それをどんな線で描くか、すべてが奇跡のようにハマっ
    ている。天才というのはこういう人のことを言うのだ、きっと。
 

     勿論、普段の日常の中に目を惹きつけるラインは山とあるけれど、たまにまとめて集中
    してこういうものを見ると、こう、心満たされて、満腹になって暖かいところに丸くなっ
    た猫のような何とも言えん満足感がある。たまにこういうのを補充してやらないと、自分
    はダメになっていく気がする。
     極めて優れた線を目で追っていると、甘露を舌で舐め回しているような心地がする。い
    くらなぞっても何度たどっても飽きない。目が喜んで脳がぞくぞくする。自分は本当にい
    やしくいやらしいと思うこの瞬間(笑)。でもやめられない。麻薬みたいだ。
 

     そんなわたしが今最も期待を寄せているのが京都での「月岡芳年展」。ああ、でもその
    前にサントリーミュージアムのガレ展にも行かなくっちゃ………お金もないのに、忙しい
    なぁ←だが顔は笑み崩れている(笑)

                                       2001.3.8      
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る