乙女の純情

 
 

     どうも近年、「イベント前倒し現象」が加速化している気がしてならない。
     うちの母親は無類のイベント好きで、わたしが子供の頃は「せっかく飾るのにすぐしま
    うんじゃつまらないから」と、12月に入るやいなやクリスマスツリーを出すような人な
    のだったが、当時まわりにそんな家はなかった。誰に話しても「気が早いお母さんだね」
    と言われたものである。
     それが今や、全く当然だもんね。下手したら11月の末くらいから、もうそちこちでク
    リスマスモードが開始されている。
 

     ……しかし、さすがに、1月、まだ上旬なのに、ある店でもう「バレンタイン商品」が
    並んでたのにはびっくらしました。それも、製品としてのチョコレートではなく、いわゆ
    る「手作りチョコレート用品」みたいなものがずらりと並んでいるの。あのう、つくるの
    は、半日あればつくれると思うのですが、何故こんな早くから……あ、練習?(笑)
 

     コンビニなんかでも綺麗に包装されたチョコが並んでるのを横目で見つつ、この時期、
    チョコレートが好きで好きでたまらない男の子は、自分用のチョコを買うのもさぞはばか
    られることだろうなぁ、と同情してしまう。また、バレンタイン品って、手のこんだ、美
    味しそうな物が並ぶじゃないですか。ああいうの、食べたくてもさすがに買えんよなー。
    女の子はその点トクだな。普通の顔して普通に買って、家で自分で食べればいいんだもん
    ね。
 

     ……と考えてふと気づく、違う、そうじゃない……女の子だって、やっぱりイヤだ。
 

     まわり中みーんな女、そして学外でもおよそ男というものに縁のなかった女子高時代、
    女同士でチョコあげあいっこなどをしてことがありまして。とは言っても、世間の人が期
    待するような「バスケ部の憧れのお姉様に……」てなもんでなく、単に「いろいろ面白そ
    うなチョコが出てるから、皆で違うの買って食べてみよう!」というノリでしたが(世間
    の方の願望を満足さしあげる為に述べておくと、そういう子もいた。マジである)。
 

     そういう訳でわたしもいざ、チョコ売り場へ繰り出した訳なのですが……いやいやいや、
    これが何とも、今思い出しても実にこっぱずかしい体験でした。顔から火が出そうであっ
    た。人の後ろに並びつつ、内心で「これは女友達にあげるんです、男の子にあげるものじ
    ゃないんです!」と、誰に届く訳もない言い訳を一人叫んでました(笑)。
 

     長じてあの時の恥ずかしさというものは、かなりのレベルで若者特有の自意識過剰さか
    ら来ていたのだと理解しましたが、しかしやっぱり、それだけではない気がする。あの時
    の感情から自意識過剰さをすべて抜き取っても、まだ残る気恥ずかしさ。
 

    「どうしてあの時、自分はあんなに恥ずかしかったんだろう?」と考えはたと気がつく、
    そうだ、今は全然平気で買える。一体どうして?
 

     大人になって買う「バレンタインチョコ」の種別は3つ、「恋人用」「義理用」「自分
    用」。実はそんなにチョコレートというものを好まないわたくし、この内「自分用」を購
    入することは滅多になく……結果、殆どが「恋人用」「義理用」となる訳で……で、これ
    が全然、恥ずかしくない。
 

     「義理用」はつまり、その昔、女友達とやりあっていた状態の変種みたいなものだから、
    この行動については変化をしていない……と言うことは、当時と自分が変わったのはここ、
    「恋人用のチョコを買っている」、イコール「恋人がいる」ということ。
 

     ここではたと目からウロコが落ちた。ああ、そうか……わたしは昔、「つきあっている
    相手にチョコをあげる」というケースを、何故かかけらも、考えたことがなかったのだ。
     自分が全くそういう事態と縁がなかったせいだろうが、わたしはバレンタインというヤ
    ツを、まんま「女の子が男の子にチョコをあげて自分の想いを伝える日」と思い込んでい
    た。つまり、「バレンタインは告白の日」だった訳だ。
 

     それであの異様な恥ずかしさの正体もほぼ得心がいった。あれは、「はたから見ると、
    これから片思いの相手に告白する為の決戦準備をしているみたい」だから恥ずかしかった
    のだ。
     それだって自意識過剰の一種ではないか、と言われそうだが、ここは微妙に違う気がす
    る。だって、もし当時、つきあっている相手がいて、その子にあげる為のチョコであった
    ら、あんなにも恥ずかしくなかっただろうと思うもの。
 

     「これから告白する」という状態は、すなわち「まだ想いが自分の中にしかない」状態
    な訳です。「自分だけの心に秘めた感情」、それも片思いのような、非常に個人的で、か
    つ切羽詰まった感情を抱えているということが、こんなにもあからさまにさらけだされて
    しまうことに大変な抵抗があった。
     勿論、高校の時は「友達用」のチョコでしかなかった訳だけど、そんなの外から見分け
    がつく訳はない。自分が「たった今そういう感情を持っている」、そして「それをこんな
    に平然と人前でさらけだしている」ように見られることが、たまらなく恥ずかしく、嫌だっ
    た。「外からの視線の有無」でなく、「内情を平気で外に出してしまう自分自身」という
    ものが嫌なのだ。
 

     この年になってそれにやっと気がついて、ほとほと感心しました。自分は何て純な高校
    生だったのだろう(笑)。今どき、そして当時でさえ、「告白をバレンタインに決行だッ!」
    なんてアナクロな子はそうそういなかったろうに。
 

     しかしやっぱり、この年になっても「恋人にイベントチョコ」は平気だが、「片思い告
    白チョコ」を購入するのはこっぱずかしくてできない気がする。あげるのはいいが、買う
    のがイヤ。
     それが真実「恋人用」「義理用」ならば、「人がどう見ようが平気だもーん」と思える
    のだが、「片思いを公共の空間に出してしまう自分」はイヤだ。「自分だけしか知らない
    思い」は、できれば隠して、隠しておきたい。

     ……しかしこれは、純情と言うよりただ単に極端な秘密主義なのだろうなぁ(笑)。

                                      2001.2.7
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る