100年の終わり

 
 


      21世紀、というヒビキは明確に「未来」だった。
 

      思えばわたしが小学生の頃、例の「1999年恐怖の大王」ってヤツが爆発的に広まり、
     「もし本当にそんなことになったら人間みーんな死んじゃうのかなぁ……」と子供心に漠
     然と思ったものだったが、それでも、何故か、完全に1999年の先にある筈の「21世
     紀」は、自分にとって「必ずそこにあるもの」「絶対に訪れるもの」だった。
 

      それは多分、その言葉が自分には「未来」という概念そのものだったからだ。
      「1999年」は自分にとって「未来」ではなかった。それは数ある年のひとつに過ぎ
     ず、その時にはやはりまだ訪れていなかった他のたくさんの年と同じように、特にイメー
     ジを持ちようがない数字でしかなかったのだ。
      けれど21世紀は「未来」だった。それは「現在」や「過去」と同じ、概念のみで、そ
     れでもどこかに確かに存在している、「道標」のようなもの。
 

      それは多分、子供の頃から数限りなく刷り込まれたイメージのせいなんだろうと思う。
     アニメや漫画や小説での「未来世界」は、いつも大抵21世紀だった。20世紀と21世
     紀の間には何か関門のようなものがあって、それをぐいっとくぐるといろんなことが一度
     に開ける、そんな風に感じていた。
 

      勿論、年をとるにつれ、そんなことはないのだと判ってきた。年の移り変わりに100
     年単位で区切りをつけるのは、人が勝手にやっているだけのことで、その年から突然スペ
     シャルに世界が変わることなどないのだと。
 

      けれど、それでも、21世紀はわたしにとって「未来」だ。あと数日で暦が変わる今で
     もそうだし、きっと本当に新世紀に突入しても、この漠然とした「ずうっと先にある未来」
     という21世紀に対するイメージは変わらないのだろうと思う。
      街を一望できる小高い丘の上に爪先立ちして、額に手をかざして見つめる、遥か遠い、
     霞んでぼやけた地平。それがわたしにとっての「未来」という場所だ。
 
 

       船窓からは長い旅のかわあいい二十世紀の子供たち
       歌は夢の中から次々紡ぎ出されるけど
       あの日摘んだ彼等の花達はどこへ行ってしまったのお!

       ここから先は僕らにはもう視えない
       ここから後もう僕らには遠いところ

                      あがた森魚「七面鳥のパパたちへ」より
 
 
 

      ……寒いと思ったら、雪が降ってきた。

                                     2000.12.26
 

                 観象日誌のTOPに戻る

                 犀の山のTOPに戻る