『ヴィーラ』(原題:Veera)

  不純な動機で始めた音楽の道、だが娘の音楽への情熱に彼の心も動く。やがて成功を収めるも
 娘の訃報にうちひしがれる彼。だがそれを救ったのは、もうひとりの音楽を愛する女性の献身的
 な支えだった。我等がスーパースター、今回は限界ギリギリの歌詞とダンスで攻め捲り!
 
 
 
 
 

  ……うーん。  
  ちょっとですね、何もかもが微妙に中途半端な感ありの仕上がりであります。  


  不純な動機で始め、やがて真剣にのめり込んでいくという主人公の音楽への情熱も、二人の女
 性との恋物語も、ダブルで出てくる悪役も、どれもこれももう少し力が入ってれば、て感じ。盛
 り込み過ぎてどれもこれもパワーが弱めな感ありなのですな。  


  最初は「音楽に心を捧げる青年(?)の話」なのかと思っていたら、成功しちゃってからは 音
 楽エピソードは殆どなくなっちゃったし。もっと、仕事として音楽やってく中で、いろいろ悩み
 が出たり歌手としての仕事上で問題が起きたりするんかと思ったのですね。  
  そしたら別にそういうこともなく、完全に成功しちゃってからは、別段「職業・シンガーソン
 グライター」ということがそんなに話とは関係なくなっちゃって、ちょと拍子抜け。  


  また、そうならそうで、もうこの「二重生活話」をメインに据えて、そっちをもっとやって
 いった方が良かったんでないかと。『歌う色男・愛・ラブ・パラダイス!』的に。あまり他のエ
 ピソードは多く盛り込み過ぎんと。  


  また、今回は悪役が皆何ともびみょーに半端な気がしたのですが。  
  特にあの「俺はハリッチャンドラ」くん!  
  こう、こんなにもこんなにもキャラが立っているのに、やらかすことがこの程度というのがあ
 まりにもあまりにも惜しいです。もっともっと悪行の限りを尽くしていただきたかった。  
  また、あんなに鉄棒ひんまげられる程鍛えに鍛えているのだから、おとなしく釈放の日なんぞ
 待たずに自力で牢破りくらいしていただきたかった。ヘンなところで律儀です、ハリッチャンド
 ラ。せっかく嫁二人を勾引したというのに、それを盾に取るてでなくふつーに戦うわ、手下に加
 勢もささんとステージ照明担当させるわ。  


  でもって「若旦那」はまああの程度で結構なのですが、「若旦那父」があまりと言えばあまり
 でびっくら。アンタ、そんな変心の仕方ってアリですか! てアリですか。インドだし。  


  そしてアクションも今回あまり殺陣の人がうまくないのか、ヘンなとこでスローにし過ぎるの
 が悪いのか、キレがいつもより悪いというか、特に集団と戦うシーンでは、敵役の人がどう見て
 もラジニが自分達の仲間をやっつけるのを助けているようにしか見えないシーンがやたらめった
 ら多くって(笑)。  
  いや、いつもだってそういうとこはあるんですが、今回あまりにもそれが激しくて。どう見て
 も両側から支えてラジニが正面の敵二人にラジニ両足キックをかますのを助けているようにしか
 見えません。  
  この話でここまでアクションシーンが多く長くなくてもいいんじゃないか、とも思ったし。逆
 にラストのハリッチャンドラ戦はもっと長くてもいいんでないの、その方がハリッチャンドラが
 いかに強敵か判るのに、と思いました。  


  なんかねえ、話がばらけちゃってて、どこに集中して見れば良いんだか良く判らなかった。陽
 気でお茶目でその日暮らしの男が不純な動機で音楽始めて、でも事件をきっかけに音楽の道に真
 剣に取り組みだし、その極めた技で母親のピンチも救い、でも自分は愛を失って悲しみの中、そ
 れでも再び立ち上がり音楽の道へ、てとこまでは一貫して見られたんですが、急にここで『歌う
 色男』になられても(笑)。  
  そこまでのヴィーラのキャラとその後の「二人女房」状態の時の彼とに大分違和感を感じてし
 まって。  


  あと、もう少し女優さんが踊ってほしかった。  
  とは言え今回実に実に歌詞もダンスも下全開でそれはもう素晴らしいのですが(笑)。だから
 さあ、そこまでやっていいならキスのひとつでラブシーンの終わる日本の映画やドラマの方が余
 程性表現として穏当だって! キスよりこっちの方が余程問題のある表現だって!  ああ、イン
 ドの性表現規制の意味がよく判らないいい。  


  まあ、そしてこれは日本人にはもう致し方ないことなのでしょうが、『歌う色男』でも思った
 のですが、やはりそれは圧倒的に男が自分勝手だろう、と思うし、ラストとしても全然納得いく
 もんでないんですね。いや、ソレ女二人が悪いのか? 違うだろ? どう考えたってお前の息子
 が、そしてまあどうしようもなかったとは言えアンタが悪いねんで、おかん。  
  でもってやはり最後は「女が我慢」の方向で終わっちゃうし。うーん。  
 『歌う色男』でも思いましたが、インドの男性は、そして女性はこれでスッキリ納得大団円、な
 のでしょうか?? 聞きたいものです。  


  ラストが「つづく」でしたがこれが1994年で、その後どうやら続きがつくられた様子が無い、
 というのもまあ致し方ないかなぁ。  


  2006.10.08




  ……しかしふと冷静になって考えてみると、あの「赤い唇にイイコトしたいダンス」、あれっ
 て全部、ルーパーの脳内妄想ワールドなのですね(笑)。  
 「ウチ旦那は夜が激しくて」だそうですがアナタも相当なもんでは、ルーパー?  

  ……にしてもおかん、キミはもう少し色んなことを反省すべきでは。  
  自分の勧めで強引に結婚させておいて「そんな態度は裏切り」て。にも関わらず二重生活につ
 いては責めもせず、「アナタ達どちらも要らないわ」てさぁ。  
  また、いくら殴っている相手がろくでなし共とは言え、自分の息子が人にガンガンに暴力ふ
 るっている姿を薄笑いで眺めるのもどうかと思います(笑)。  

  ……だが「Yesなら灯明を」言われてアレを完成させるデヴィも、自宅の床にあんなスゴイも
 ん仕上げるルーパーも、実はすごく似たもの同士なのかも(笑)。  
 『愛と憎しみのデカン高原』で風船100個ふくらますカーヴェリを思い出しました。  
  インド人ってこういうの好きなのね。  

  ……にしても「小さなショックで命を落とす」んじゃなかったのかデヴィ(笑)。  
 「実は2号さん」ショックもともかくも、突然背後から拉致されて車に乗せられ見知らぬホー
 ルに連れ込まれ、舞台で訳の判らんいかがわしい巨体の男と旦那が血しぶきあげて戦うなんて
 ショックは人生にそうそうないものだと思うのですが、何故にそこまでけろっとされているの?  

  ……しかし、ラストに村に帰って、家にルーパーがいるのはいい、デヴィがいるのもいい、だ
 が何故キミがいるルーパーパパ(笑)。  
  ピラミッド社の仕事はどうしたの!!  

  ……あの部長、海賊版も横流しも確かにいくないことだとは思うが、あんな社長にあんな娘
 じゃそりゃちょっとは悪事を働きたくなっても致し方ない、という気が(笑)。  
  ちょっと我儘に育て過ぎですがなパパ。会社の経営に大損害が出るってのに「友達のパパが社
 長だから取引きやめたらダメ」て。またそれを聞き入れるなパパも。締切り過ぎたコンテストに
 強引にラジニねじこませるわ。でもって「フン」て顔して見せて。  
  そらー多少の横流しもしたくもなりますわ、これじゃ。  

  ……それにしてもミーナちゃんは間違いなく「インド一の鼻輪美女」では。  
  今回「ラジニに鼻輪を揺らされてはにかむミーナちゃん」が見られたのが最大の収穫かも。  

  ……だがしかしラジニ、殆ど楽器使ってないよ!(激笑)  
  あんなに後生大事に抱えてたのに。脇に置いたっきりで。びっくりした。  
  そして音楽家たるもの、楽器を演奏する為の手はもっと大事に扱うべきでは……あんなに人ぼ
 こぼこに殴ったりしてはすぐに指を痛めてしまいますよ、スーパースター。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る