『ユージュアル・サスペクツ』

  人々から恐れられる謎の男「カイザー・ソゼ」。彼は語る、彼等に起きたすべての出来事、そ
 の背後にたたずむ男の影……そして明かされる驚愕の真実!
 
 
 
 
 
 

  映画が始まって数分後に、「オチはきっとこれだ!」と思ったが、「まさか、そう簡単には来
 るまい!」と思って、更にひねられたオチを期待に燃えつつ見守っていたら、本当に思った通り
 のオチできたので、思わず心の中で「ありがとぅ!」と谷村新司(字あってたっけ?)のように
 叫んでしまいました。かなしい〜。
 

  けれどケヴィン・スペイシーはかわいらしいし、ガブリエル・バーンはかっこいい。やっぱり
 わたしはおぢさま好み。
  キートンの恋人役のスージー・エイミスは、いかにもこういうシチュエーションで出てくるこー
 ゆー男の恋人、って感じでとってもはまっていた。
  実は彼女が……だったらすごいぜ(奥さんは? って? 実は彼女はミスター・レディだった
 か、キートンとはエム・バタフライ状態だったのだ!(大笑))、と思っていたけどあの始末(笑)。
 かわいそ。
 

  回想シーンで、あの波打つ美しい黒髪のカイザー・ソゼ、あれに彼の顔を頭の中でシミュレー
 トしてみたら、限りなく笑えました。
  昔は、こんなに豊かだったのにね……(笑)。
 

  この映画、オフで見たのですが、やはりみんなの一番人気は「コぉバヤぁシ」(アクセントは
 「コ」と「ヤ」)でした。事務所の入り口に、おそらく訪れる客の誰も読めないだろうに、「小
 林弁護士」って看板(しかも日本語のみ)をあげている律儀さも好き。
  よく見えなかったけど、謎の日本語がもっといろいろあったよね?
 

  しかし、わたくし、絶対あのファクスは謎のままだ! じー、って紙が出てきて、そこで見え
 ないまま終わるんだ! と念を込めて画面を睨んでいたのですが、結局その願いは届きませんで
 した。でも絵が下手で髪型しか似てなかったのがおかしい(笑)。
  もう謎いっぱい! のまま終わってくれた方が楽しかったのになぁ。

  1996.5.15
 

  ……劇場のトイレにまで、「決して結末は話さないで下さい」って書かれてたのがおかしかっ
 た。何もそこまで。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る