『運動靴と赤い金魚』

  どうしよう、妹の靴をなくしてしまった。親に言えば怒られる。見つかる前に、何とか新しい
 靴を手に入れなくちゃ……イランからまたも届いた、ステキな子供達の物語!
 
 
 
 
 
 

  お兄ちゃんはずるい。
  怒られてぶたれるのが嫌さに靴をなくしたことを隠して、妹に「サンダルで行けよ」「お前も
 ぶたれるぞ」なんて言うお兄ちゃんは、それはもう絶対にずるいのだ。
  でも決して誰にも言い訳をしない、援助を求めないそのいさぎよさは、時にもどかしくも気持
 ちがいい。
 

  遅刻をしても、先生に訳を言わない。マラソン大会に出たくても、その真の理由は言わずに全
 力を尽して出場をつかむ(毎日の走りでさぞ鍛えられたのだろうなぁ(笑))。きっと話せば3
 等の子はあっさり賞品を交換してくれるだろうに、黙ってすごすごとひき返す。
  それは妹の方も同じだ。親には決して言わないし、自分の靴を売った少女に腹は立てても本当
 のことは話さない。
  その、彼等が彼等なりにつくりあげた、時に大人から見ると可笑しい程の気真面目でやさしい
 規範が、胸にしみこむようだ。
 

  妹はひと目で兄の失敗を見抜くが、一言も彼を責めない。
  けれど多分、その方がかえって彼の胸をしめつける。
  走りに走って優勝をして得たものは、足のつぶれたマメばかりだ。
  白い石畳の中の丸く青いプールの中には、真っ赤な金魚が泳いでいる。
 

  この、祝福の約束されたラストシーン!

  1999.9.3
 
 
 

  ……それにしてもどうしてイラン映画に出てくる子供というのはこうも泣き顔が絶品なのだろ
 う。つついて更に泣かせたくなってしまうぞ。
  特にお兄ちゃん、あんた妹より泣くの速いよ(笑)。全体的に見ても妹の方がしっかりしてる
 し。長じて思いきり妹の尻にしかれてる兄貴の姿が目に見えるようである(笑×笑)。

  ……しかしイランの学校システムってどうなっているんだ?? 妹は昼までで、兄貴は午後か
 ら?? 謎だなぁ。

  ……しかし庭師ってあんなにテキトーでいいのか(笑)。あんなにどぼどぼに肥料やって、あ
 の家のバラはきっと枯れるな(笑×笑)。

  ……お父さんが非常にいい味を出していた。でも、素人さんなんですってねえ。トルコ人おそ
 るべし。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る