『undo』

  もっと縛って。強く強く、魂が呼吸する余地が残らないよう、強く、堅く、私を縛り上げて。
 恋の変質と不安を「縛る」というかたちで現わした、岩井監督の佳作(ビデオ鑑賞です)。
 
 
 
 
 
 

  かたちのないものは、とても不安だ。
 

  それに気づかないうちはいい。でも、一度気がついてしまうと、もう際限もなく不安になる。
 足元に風が吹き抜けていくような心地がする。
  だから縛ってしまいたい。縛ることによって、目に見えなかったその「かたち」が現われる。
 そうやって自分を、相手を、固定したい。
 

  自由とは、自分の意志で動くことだ。
  無論、社会の中で暮らす以上、その秩序をはみださない範囲で、という枷はあるが。
  そして自由とは、「良いこと」だと言われる。
  他からの影響を受けず、自分の意志や感情で、自分の行動を決めること。
 

  けれども時に、それはひどく疲れる。
 「何もかも自分で決めなさい」、そういうことが、何故かひどくさみしい。
  どうして、あなたに決めてほしいの。どうして、私がいなくていいの?
  他の人では絶対にイヤ、けれどもこの世にたった一人、自分の暮しに、自分の心に口を出して、
 縛ってほしいと思う相手。
  それが多分、「恋」の証拠だ。
 

  だが彼には判らない。届かない。本当に縛ってほしいのは、そうじゃない、こころだ。
  けれど、判らなくても、彼は彼女の為に必死になる。彼女はきっと、その姿にとても嬉しく、
 そして、どんどん不幸になる。
  想いあっている、その事実は確かだ。けれど自分が欲しいかたちと相手が与えてくれるかたち
 が違う。どこまでいっても二人の溝は埋まらない。
  それを悟って、彼女は去っていく。
  彼のこころに空いた穴は、もう「縛る」ことができない。
 

  2000.6.25
 
 
 

  ……登場人物が山口智子、豊川悦司、田口トモロヲと非常に少ないんですが、この3人がみん
 な非常に頭が良くて、「見せること」を大変によく心得ている。こういう、頭の良い役者さんの
 芝居を見るのは楽しいものです。

  ……しかし、自分にはこの「かたち」は無理だ。としみじみ思った。縛られるのは息苦しいし、
 放り出されると胸苦しい。わたしはつくづく勝手な女(笑)。

  ……それにしても、わたしも実は歯列矯正してたんですが(現在は矯正は終了し後戻りしない
 為の取り外しOKな器具をつけている)、冒頭のアレはないと思う。絶対、外した後の方がいいっ
 て(笑)。あれは3週間に一度は締め直さないといけないんですが、締め直した後の何日かは結
 構痛い(個人差はあるらしい)んで、それどころじゃないもん(更に笑)。頬の内側とか、当る
 部分は腫れたりするしね。それに、相手の方も結構痛いと思うんだけどなぁ……。

  ……田口トモロヲ演ずる医者があまりにいかがわしいのに笑った。こんな医者はイヤだああ(笑)。  
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る