『ツリー・オブ・ライフ』

  横暴な父と慈愛に満ちた母との間で育った三人の兄弟。世界の理不尽さ、手が届かない光、
 かつて望んだ場所とはかけ離れてしまった自分。世の始めからすべてを与え同時に奪ってきた、
 神よ、今そこにわたしの大事なひとはいますか?
 
 
 
 
 
 

  えーと、つまり、要するに『親子の歪んだ愛情 または私は如何にして心配するのを止めて
 神を愛するようになったか』てことでよろしいでしょうか(笑)?  


  どうも骨の髄まで東洋人の自分には、それ程強烈な感銘を受けることはできませんでした。
  ただ、「神様フルパワー映像」辺りは非常に美しく、映画館の大画面でアレを見られたのは
 大変良かった。海辺の首長龍に激萌えしました。あの、傷ついた体を抱えて夕陽を振り返る姿、
 胸キュン(←死語)です!  


  しかしこの「宇宙の隅から隅まで神はいませ映像」は、近代になって判明してきた宇宙の
 歴史やサイズやそこで起きている様々な現象などを想起するに、「そらこんなに手広くあれ
 これと長年やり続けてんだったら、地球の隅っこのほんの百年も生きない生物が死んだって
 それでまわりが悲しんだって、感知するような出来事じゃないよなぁ」と作品が言いたい方向
 とは別の方に思いが寄ってってしまいました。  


  いや、そういうマクロとミクロが同時に成り立ってんのが神様の偉大さなんだよ、てことは
 判るんですが、でも、なんかねえ、うん。旧約の神もキリストさんも、どっちかってと人間の
 ことばっか気にしてるので、この「宇宙大紀行画面」に壮大にラクリモサがリフレインされる
 様子に大変違和感が出てしまって。「いや、こんな遠いとこの方とか聖書の神さんはそんな気
 にしてない気がするよなぁ……」と。いっそ声明とかの方が合うんじゃないかしらとさえ(笑)。  


  だって、ラストの方の「あの世画面」には人間しかいないんだよね。まあ旧約も新約もそう
 いうもんだから仕方がないんだけども。でもあの「宇宙創世」「地球黎明期」みたいのさんざ
 やっておいて、海辺にいるのはヒトだけかぁ、と。  


  その辺りも含めて、これは手塚治虫『火の鳥』の方が上なんじゃないかと思ってしまう。  
  世界をつくった偉大なる存在、宇宙の一片にまであまねくその力、あらゆるものに宿る魂、
 人にはどうにもできない運命の輪。様々なものが峻厳に与えられ奪われる様、宇宙と個人とが
 同時に描かれて違和感の無い画面。そしてそういうことを描きながらもエンターテイメントと
 して見事に確立された完成度の高さ。勝ちでしょう(笑)。  


  それにしても最初の辺りの大人ジャックの状態を見ているに、何とのう「自分がこんな風に
 なってしまったのってパパ達の影響だよね」的雰囲気が横溢していて、それはどうなんかと
 ちょっと思いました。  
  だってこのパパ、確かに「ひどい父親」なんだけど、それと同時に「良き父親」なんだもの。  


  普通はなかなか、そうはならないですよ。「ひどい父親」は同時に「悪い父親」であること
 が殆どかと。  
  その差は「真の愛があるか」という一点に尽きるかと思うのですが。一般の「ひどい父親」
 は、「子供を愛してないからひどい父親になってる」ので、同時に「悪き父親」となってしまう
 のが通常かと思うんですが、この人は違う。  
  まあそうでなければそもそもこの母が伴侶として選んでる筈が無いんですが。もし結婚時に
 目がくらんで選んじゃったとしても、相手が「悪き父親」なら迷わず子供三人抱えて家出してる
 と思うよ、この母親なら。    


  でもってあんなに真っ当に、あんなにまっすぐに正面から、今まで押さえつけるように育てて
 きた、まだたかが十二、三歳程度の自分の息子に向かって「自分が間違ってた」と、謝れる、
 「自分の誇りはお前達だけだ」とはっきり言葉に出して伝えられる、こんな希有な父親はそう
 そういるもんではないと思うのですよ。  
  しかもこの時、パパはおそらく職無しで挫折して街を去ってるのに、次男の訃報を受け取った
 家、ものすご立派。訃報受けた時も、あれは仕事先が空港なのかそれとも出張かなんかで海外
 なのか、いずれにしても大変華々しい雰囲気。次男の享年から考えたら9年後くらいじゃないか
 と思うのですが、そんなわずかな間にあの様子で、あの家とあの家具が買えるまでに持ち直し
 てる訳で。すごいぞパパ。  


  おまけに喧嘩も強ければ溺れた子供に真っ先に気づき緊急救命してまわりに素早く指示する
 冷静さも持ち、ガーデニングもできて更に音楽にも造詣深し。とどめにイケメン(笑)。  
  もう、こんなパーフェクトな父親がいたら、その完璧ぶりに苦しんでグレたり堕落したり
 する方向にいくなら判るが、この大人ジャックみたいな方向にねじくれるってどうなのよ。
  世の中の大半がキミより遥かに人間としてダメでろくでなしの親父にひどい目に遭わされて
 育ってるぜ、ジャック。  


  しかも、例えばごく幼い頃に母を失ってあの父のもとだけで育てられたとかならまだしも、
 あんな希有な母のもと、あんなに愛情注がれて育って、「自分の今の人生で愛を感じられない
 のは両親の影響」みたいな雰囲気ってどうよ。  
  まだ十代ならギリギリ許せても、あの年で、経済的にも精神的にも「自分があの両親の元で
 育てられたこと」の幸福に気づいてないってもう腹さえ立ってくるよ。あの年齢までそれに
 気づかないって遅過ぎ。気の毒なのはジャック妻だよなぁ。  


  そんな訳で自分にはあまりのめりこむことのできない作品でした。いや、良くつくったなあ
 とは思うのですが、心に訴えかけられたかと言うとそれは特段無かった。  
  家族にふりかかる不幸がもっと巨大で暴力的で、全く理不尽で納得がいかないようなもので
 あればまだ感銘を受けられたかもしれませんが。  
  いや、例え世界中にどれ程「よくある死」であっても、その家族にとっては唯一無二のもので
 あって、理由がはっきりしていてもそれで納得なんかできないことであるのは判るのですが、
 でも何て言うか、乗り越える際のパワーのでかさはやはり違ってくるだろうと思うので。これ
 程までに壮大に乗り越えるのであれば、それだけのものが欲しかったなと。
  まあ、勝手な考えなんですけれどもね。


 2011.9.2  


  ……ママの衣装がどれもステキでした。清楚でそれでいて体の線が強調されたこの時代独特の
 セクシーさがあって、非常に似合っていた。  

  ……三男、気の毒な程影が薄かった(笑)。もう少しこの子にもエピ入れてやっても良かった
 のではないか。  

  ……おちびジャックが壮絶にかわゆかった。まつげ長っ!  
  そして演技力も半端なかった。あの、赤ちゃん返りしておもちゃぶん投げるとこ凄過ぎ!  

  ……このおちびジャックが、何というか、非常によくママになついていて感動しました。  
  余程人好きな子でなければ、この年齢で全くの他人にこんなに心を開いた状態にはなり辛いと
 思うので、かなりの時間をかけて仲良くなったのだろうなぁ。大したものです。  

  ……しかしアメリカが舞台の小説やら映画やらで、特に郊外の街なんかで顕著ですごいなーと
 思うのが、もう本っ当にものすごい底辺貧乏であっても、車だけは持ってるんだよね。  
  下手したら家なくても車はあったりするし(笑)。日本人なら金がなくて家を手放すのなら
 その前に間違いなく車を手放すと思うのですが。さすが車社会。  

  ……また、あのパパも、「人生失敗したわー」みたいなこと言ってたけど、まあ確かに芸術の
 道へ進めなかったとか、経営者側にはなれずに会社勤めとか、そういうことに対して挫折や屈折が
 あるのは判るんですが、日本人からしたらあのサイズであの庭であの環境の家に住めて、家族と
 あれだけ触れ合える時間のある、でもバリバリ海外出張なんかも行っちゃう仕事で、家具や食器や
 服、子供のおもちゃや自転車などを見るに専業主婦に三人の子供を養うに十二分な収入があって、
 嫁さん美人で、自分イケメンで(笑)、って、「貴様どんだけ自分が勝ち組か判ってんかコラ」と
 襟元鷲掴みにして罵ってしまいそうです。パパといい息子といいキミ達贅沢だよ全く。
 

 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る