『頭目』(原題:Thalapathi)

  生まれてすぐに母に捨てられた男は、周囲の温かい手で仁侠心あふれる青年へと成長する。友
 情と家族愛と恋が熱い! 「踊るゴットファーザー」ラジニの腰つきを見よ!(笑)
 
 
 
 
 
 

  ラジニカーントが結構悪い奴の役、と聞いていたんでドキドキしてたんですが、なんだ、ええ
 奴やん。ちょっと乱暴だけど(「ちょっと」か!?(笑))。
  タイプ的にはムトゥだよね。熱血漢で、好き好き相手(『ムトゥ』なら旦那様ね)の為なら一
 直線。
 

  しかーし、あれだけのことをやってしまって、「証人がおりませんから」って、それでOKな
 のか? インド警察!
  で、「正義の人」知事も、それをあっさり受け入れちゃうし。もし兄貴じゃなかったらそうは
 してないんだろうと思うと、一応ハッピーエンドにおさまってはいるものの、なーんか複雑。大
 体この人さ、スーリヤやデーバラージが町をしきってるという無法に怒って取り締まりするのに、
 取り締まる方の警察官達がやる無法は気にもしないんだよね。この人の「正義」がもうちょっと
 きちんと一本筋が通っていれば、もっとしっかりした話に仕上がったと思うのに。いや、それを
 言うなら、殆どの人が性格に筋が通ってないから、話が破綻気味になってしまったのか。
 

  スーリヤも、確かにいい奴なんだけど、冒頭に殴り殺したラマナンの奥さん、パドマーが出産
 した、そのお祝いに行くところ。奥さんのあのまなざしを浴びて苦悩する姿を見て、きっとこれ
 から、いくら悪い奴と言えども、このまなざしが脳裏に浮かんでさすがに殺すことまではできな
 くなるだろう、と思ってたら、それからもがんがん殺りまくりだし(笑)。これで「俺はあいつ
 にもこんな風にかわいい奥さんと子供という家族がいるなんて考えもしなかったんだ〜」と苦悩
 されても説得力がないぞ、おい。何故それを、他の奴にもあてはめて考えようとしないのだ、スー
 リヤ。
 

  だがしかし、まぶたの母親とついに名乗りあった後、ぺったり甘えて膝枕してもらってるラジ
 ニの姿にわたしの心はとろとろに(笑)。それまでは、「けっ、いくら血がつながってたって、
 捨てた母親をそんなに簡単に許せるもんかよ」と思っていたが、あまりにラジニがかわいいので、
 「ああもう、君がそんなに甘えたいならそれでOKさ!」という軟弱な気持ちになる(爆)。
  しかし、捨てた我が子を拾ってこの年まで飢えさせもせず一人前の人間に育ててくれた人達が
 いる土地を、「こんなひどい町」はないやろ、おかん(また、デーバラージにそう言われると言
 い返す癖に、母親のこの言葉には反論しないラジニが……(笑))。
 

  そんな訳でわたしを始め、家族とか血縁とかというものをあまり神聖視してない人から見たら
 今ひとつ納得できないラストではあるんですが、しかし、これ、

 
 「まげを結って鎧をまとい白馬に乗るラジニカーント」

  
  これが見られただけでこの映画はオールOKでしょう!!(大爆発)  
  これがスクリーンに現われた時にはもうくらくらっときました。こ、これは……どうしよう、
 夢に出てきたら…………逃げるか……(笑)。
 

  そしてもうひとつ、パドマーの娘、タミルアラヒちゃんが、もう身もだえする程かわゆくて、
 やはりこれがあるならすべてOK的な気分に。泣いてるスーリヤを慰めるところなんか、もうの
 たうつ程かわいいい〜〜。
  お母さんのパドマーが、自分の夫を殺した男、スーリヤに、ゆっくりゆっくりそのかたくなな
 心を開いていくところも、丁寧に描かれていて好きだ。
 

  歌は、どれもマル。特に、スーリヤと恋人(名前忘れた)の初めての出会いのダンスと、二人
 の恋の歌(「お寺にカンナンはいない」とかいう奴)が好き。ああ、見たインド映画見たインド
 映画、みーんなサントラが欲しくなってしまうではないか〜〜。
  しかし、今回も踊りの時には、首に手ぬぐい巻いてましたね、ラジニ。ちょっとドキドキして
 しまった。今回の決めアクションは、あの「指ですーっと襟立て」でしょうか。シャツの襟は指
 で立てて着るのが粋だぜ、そこの若人!(笑)

  1998.9.12
 
 
 

  ……しかしこのような映画ばかり見ている今日この頃、『キスト』を見たのだが、こぎれいに
 まとまっていると思いつつどうもすっきりしない。映画一本見たという気にならない。
 「何故?」と思いながらその足でそのまま『炎のアンダルシア』を見に行ってはっと気がつく、
 そうだ、「歌と踊り」が無いからだ!(激爆)
  『キスト』にも踊るシーンはあるのだが(笑)、やはりあそこで歌が入っていっそ死体も起き
 上がって踊り出すくらいじゃないと、ってそれぢゃ違う映画になっちゃうか。
  自分が確実に「歌と踊り」のある映画、に魂を犯されつつある、と判ってうれしいようなかな
 しいような(複雑)。あ、できれば「休憩」もつけてね(おい(笑))。

  ……ちなみに『炎のアンダルシア』は、途中話がだれてしまう嫌いがありつつも、あの「椅子
 をぶんなげテーブルをすべらせ踊りまくるダンスシーン」には目をむきました。酒場の主人夫婦
 が大好き!
  最初、いかにも主役っぽく出てきて、その後すんごく影が薄くなり女にもふられるジョゼフが
 かわいそうだった(笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る