『タイガー 伝説のスパイ』(原題:Ek Tha Tiger)

  心の声を消し去って組織の命ずるまま、非情に徹してきた男。彼の行く先には必ず死体が
 転がる。だがそんな彼の前にひとりの女が現れた時、彼は初めて自分の心の声を聞き、今
 までとは違う戦いに身を投じる──インド映画歴代2位興収のサルマーン・カーンの大ヒット作!
 
 
 
 
 

  あれ、サルマーン・カーンってこんな背低かったっけ、と思ったらカトリーナ・カイフが
 デカいんですね! 180cmて! びっくらしました。    


  さてそのサルマンがインドのCIA、RAWの腕っこきの諜報員という設定なのですが、アイル
 ランドにいるインド人大学教授がパキスタンに情報を流しているのでは、という疑惑を探る為に
 ダブリンへ向かうんだけど、これが本当に腕ききなのかと(笑)。  
  スパイたるもの、あんなにあっさりとターゲット前に姿を表していいのか。まずはじっくりと
 影から相手の生活パターンや好みを探り出し、そこから近づいていくべきではないのか。レン
 タル犬を使って犬の散歩先で知り合うとかさ。  


  そもそも隠密的働きをしないといけない諜報員が、都会のど真ん中であんなにも目立つドン
 パチをやっていいのかと。もう次の日にはダブリン警察のお尋ね者だよ、サルマン。腕が良い
 なら相手に気づかれんように地味に尾行しようよ。  


  そのダブリンでのそもそものターゲットの教授がほんとにちょっとしか出てこないんですが、
 その割にキャラが立っていて、もっとあれこれ話に噛んでくるかと思ったのにあっさり消えて
 ちと拍子抜けしました。  
  それ以外にも、これは後でおいしく使えるのでは、と思う設定がどんどんその場限りで使い
 捨てられていくのにオドロキ。教授のわんことか、料理上手設定とか、上司をもてなすのは
 得意の豆スープとか、ゾヤちゃんがダンス学校の生徒だとか。  


  だが大したことないと思っていたゴーピーが話にぐぐっと食い込んできたのは意外でした。
 で、この人がこんなにいい味出すとは思わなかった。好きだなぁ、このキャラ。  
  また、単なるポジション役でしかないと思ってた大佐も良かった。あのわずかなシーンだけ
 で、わずかな会話とまなざしだけで、内心にゾヤへの想いがあることが判るのがすごい。それに
 ゾヤの側が全く気づいてないのが良いな。


  しかしそれにしてもタイガー、教授への接近の仕方もともかくも、逃亡後での呑気さっぷりも
 これが本当に腕利きのスパイなのか、という思いが。整形とまでは言わんけれども、街出歩く
 時は変装くらいしようや。  
  何に驚いたかって、あんなにバッチリ防犯カメラに映り、それをがっちりカメラ目線で確認
 しながら、逃げ出しもせずに呑気にボクシング観戦してるとこにたまげました。キミ達自分の
 立場が判っとらんよ!  


  そして途中まではもう二人共に死にラストしかないか、と思っていたのであのラストに驚愕。
 だから世界中のカメラにカメラ目線で映る際には変装くらいしろと(笑)。  
  いくら今後インドとパキスタンが仲良くなったとしたって、この二人逃亡時にかなり身内を
 やっちまってるんで、到底見逃してはもらえないと思うしなー。  


  歌と踊りはさすがに題材が題材だけに数は少ないんですが、エンドクレジットでのサービス
 ダンス「Mashallah」が曲・ダンス・衣装共に実に良かった。いいなあアラブ。訳詞も古語っ
 ぽい雰囲気を出していて素晴らしかった。  
  わたしこのインド映画ダンスでの、男性がよくやる仕草の「顔半分を手で覆ってるとこから
 ちらっと流し目」がすんごい好きです。セクシー!



 2013.5.9  




  ……それにしてもサルマン、筋肉もスゴいが贅肉もスゴかないか(笑)。特に腹。  
  ダブリンでベンチで座ってるシーンで、ボタンがついてる生地と身頃の他の部分の生地の色が
 違うシャツを着てるんですが、そのせいもあってまるで腹でボタンが取れそうになってるみたいに
 見える。  
  もともとダンスがそれ程上手じゃないのに、体のキレが大変悪く見えてしまうので、もう少し
 筋肉・脂肪共に落として、ボディビル用の筋肉じゃなくて実用的な筋肉にした方が動きが良く
 なると思うのだけどなー。  

  ……とは言いつつも、オープニングで夕暮れの町並みにすっと歩み出るシルエットの格好良さ
 にはぐっときました。クール!  

  ……何がスゴいって、サルマンとカトリーナが昔つきあってた、てのが。  
  年の差カップル、て意味もともかくも、日本でも欧米でも、双方がそれなりのビッグネーム
 だと破局後に共演、それもカップル役、て基本無いでしょう。当人達が嫌がるんかまわりが遠慮
 すんか知らんけど。  
  パンフの限りではどっちも別にそんなん気にもしてないみたいで、何と言うか、プロ魂だ。  
  日本だったらキョンキョンと永瀬くらいしか思いつけない。他にいるかな?  

  ……だがしかしこれだけの年の差がありながら、それを全く感じさせないカトリーナ・カイフの
 貫禄が本当にスゴい(笑)。 『命ある限り』でも4つ下のアヌシュカ・シャルマよりも19 歳上の
 シャールクの方が年が近く見えるという事実が衝撃でした。どう見ても20代には見えないよ、
 カトリーナ姐さん……。  

  ……ダンスは少ないんですが曲は全体的にメロディアスでアラブ風味が強く、本当に良いです。
 「Saiyaara」 のサビがまさに胸きゅんでどツボに入りました。サントラ買ったよ!
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る