『タンゴ』

  失った愛と事故で障害を負った体を抱え、男は舞台の上にアルゼンチンの歴史、タンゴの歴史
 を空想する。現れる若く美しい女。繰り返される悲劇。それらすべてをカメラが見つめている。
 
 
 
 
 
 

  ……何じゃあああ、こりゃぁぁあ!
  と、ラストで思わず一徹返しをしそうになったのはわたしだけではあるまい(笑)。
  いやー、別にね、それまでは何とか見られたのよ。何てったってタンゴシーンはどれも絶品揃
 い。だがしかし、その間にはさまるストーリー部分がかったるい。が、それもまあこらえて見て
 きたんだけれども……何なんだああああ、この終わり方はぁっ。
 

  だってさー、あんたの芝居でしょ? あんたが書いて、あんたが演出した芝居やん。それを何
 故ホンマに舞台に飛び出していくのだっ。
  あれはどう見たって芝居の一部じゃないもんなぁ。アンヘロが声を入れるのは芝居の中に組み
 込まれてるんだろうけど(これは多分いわゆるスポンサーへのサービス出演って奴だろう)、マ
 リオのあれは芝居の筋には見えん。だって、もしあれがホンマに筋なら、あんなんではここまで
 の芝居がぶち壊しだし、優秀な演出家である筈のマリオがそんな展開にするとは思えんもの。と
 するとあれはやはり、目の前の迫真の芝居に入ってしまったマリオがその気になって飛び出して
 いっちゃったとしか思えない。
  正直、もし自分がこの中に加わっているダンサーだったら、げんなりしたと思うなぁ。「あー
 もうこのおっさん、若い女にメロメロなのはええけど、大概にせえよ」って(笑)。
  そしてアンヘロ、あんたもかなりヘン。「後悔するぞ!」「私を侮辱するのは許さん!」って
 さんざ脅してこれからの展開に期待を持たせつつ、いきなりそのひよった態度は何や(笑)。実
 に肩すかし。へなへなのラストである。
 

  それに、まあこの辺はお国柄の違いもあるのかもしれんけど、普通、日本ではこういう大舞台
 をつくってる最中に、脚本兼演出家と、後から突然採用されたダンサーがラブラブになった挙句、
 一緒に暮らし始めたりはしないよな。いや、ラブラブになることはあるだろうが、普通は公演が
 終わるまで周囲にひた隠しにするもんだろう。
  だってさー、これではどう見ても、彼が恋に目がくらんで彼女を抜擢したようにしか見えんで
 はないか。例え彼女にどんなに才能があっても、いや、事実才能はあるんだけどさ、こんな状況
 じゃ、絶対その才能は色眼鏡付きで見られちゃうよ。
 

  ……と、まあ、ストーリー部分を追ってくと何かイヤになっちゃうというか、ちょっと脱力気
 味になってきちゃうんだけど、それでもこの映画は絶品なのである(笑)。
  何故か? 
  それは、すべてのタンゴシーンが図抜けて優れているからだ。
 

  特に「マエストロ」フアン・カルロス・コペスは最高ですね。凄すぎる。一分の隙も無い。鋭
 い鷲のようなまなざし、全くブレのない上半身、スムーズになめらかに体重移動する腰、キレの
 いい足使い、それらを支える強靱でしなやかな筋肉。素晴らしい。まさに眼福とはこのこと。
  そしてセシリア・ナロバ。くわ〜、もう、たまりません。
  彼女と、エレーナ役のミア・マエストロ、男性にこの二人のどっちが好みか聞くと面白いかも
 しれん(笑)。しかし、これはどう見ても、セシリア貫禄勝ちですね。ミアは蜜蜂のように軽や
 かで重みを感じさせない速さのある動きがいいんだけれど、女王蜂・セシリアの前ではやはりか
 すみます(笑)。この堂々として優雅でかつ鋭い動き! やっぱタンゴって、男でも女でもある
 程度厚みのある体をしてる方がぐんと映えます。ミアはちょっと細過ぎ。
 

  この二人が『暗殺の森』の女性二人タンゴばりに踊りまくる「タンゴ・リュネール」が実にい
 い。ああ〜、何てお耽美なのかしら。ステキ。デカダンだわー。何もそこまで強烈にキスしなくっ
 てもいいと思うが(笑)。まさに蜂のひと刺しって感じ(でも、よく考えてみたらこれって彼の
 想像なんだよね。あんた、前の奥さんと今惚れてる女でナニ想像しとんねん(笑))。
  しかし、やっぱりこういう時って、「白と黒」なのですね。この後に男性同士のタンゴがある
 んだけど、その時も白と黒で、そしてやはり、白い方が女性っぽい顔だちをしていて、振り付け
 も女性サイドに寄っていた。いかにもで可笑しい。
 

  すごく好きなのは、レッスンシーン。ダンサーがずらりと並んだ前でマエストロが8ビートや
 16ビートを踊ってみせる。さっと一度踊って前に立ち、「5、6、7、8」、タン、と全員の
 足が鳴って、一糸の乱れもなくたった今見たばかりの動きを違わず繰り返す。すごい。息をのん
 でしまいました。
  後で学校のシーンが出てきますが、何と、こちらでは小学校からちゃんと授業にタンゴのレッ
 スンがあるんですね。感服しました。これは、身につく訳だなぁ。そうやって子供の頃から当然
 のようにタンゴのリズムを呼吸して、その中でも特に踊りが好きで「踊りの血が流れてる」人達
 がこうやってダンサーとなって集まってきてる。一度見ただけでさっと踊れるのもむべなるかな、
 ですね。
 

  それから言うまでもなく、セシリアの「タンゴ・バルバロ」、これがメロメロに良い。この時
 の曲は結構短めに編集してある気がするんだけど、フルバージョンで見せてほしいくらいに良い。
 ところどころでそれを見つめるマリオの顔に切り替わるんだけど、それがもう邪魔で邪魔で(笑)。
 ずーっとこっちを映しててほしいと思った。
  ……いや、このようにマリオが基本的にはただずっと「見る男」であるということ、それがこ
 の映画の重要なテーマであることは理解してるんですがね。その彼が、ラストで初めて「筋書き」
 を壊す為に「見るだけ」の位置にいることをやめる。
  そんなことは判ってるんですが、それでもね。この踊りでも、セシリア・ミア・カルロスの3
 人タンゴでも、「頼むからマリオに切り替わらずに踊りをずっと映しててくれえ」と思った(笑)。
 いや、それ程ダンスが優れてるってことなんですよ。ホントに。
 

  2000.5.23
 
 

  ……しかし、この映画、わたしのように素晴らしいタンゴを見てるだけで充分しあわせ、って
 人にはいいんでしょうが、そうでない人にはかなり苦痛を強いる映画だと思います(笑)。だっ
 て、前にも言ったように、ストーリー部分が中身が少なく、たるいんだもの。
  実を言うと、WOWOWで放送された際、タンゴ部分だけを抜き取って録画したんですが、ほぼ2時
 間の映画でタンゴシーンが1時間近くあった(爆)。これは、興味ない人は辛いわ。まあ、タン
 ゴに興味がないのに『タンゴ』というタイトルの映画を見ること自体ある意味間違っているとは
 思うが(笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る