『サンシャイン2057』

  黄金のシールドに守られて、人類すべての希望を背負い、彼等は太陽を甦らせる旅を続けてい
 た。かすかな救援信号からその旅に大きな歪みがもたらされる。極限空間でのSFサスペンス!  





  冒頭、巨大なぎらぎらと輝くシールドの表面から、ぐうっとまわりこんでその後ろの真っ暗な
 闇、そしてそのシールドのどでかさっぷりに比べ、あまりにあまりにか細くひょろ長い宇宙船の
 胴体──もうこのシーンで、直球打ち抜かれました(笑)。  
  このビジュアルだけでご飯3杯は軽くいけます。  


  とにかくこの宇宙船が大変に大変に良かった。  
  表面のぎらんぎらんと、その裏の対比がたまりません。  
  この造型だけでも本当にたまらんのに、酸素ルームとか展望室とか地球室とか、もう次から次
 へと楽しくて楽しくて。特に酸素ルーム、あの、上からずっと、しとしとしとしと水が落ちてる
 ビジュアルがたまりません。美しいなー。  


  コンピュータの女性ボイスのトーンがまた絶品。  
  指示に従わなかった時とか、「5人です」とか、「メインフレームへのアクセスは許可されて
 いません」の辺りとか、もうわくわくして悶えました(笑)。2001年魂くすぐりにくすぐられ
 ました。たまりません。  


  宇宙服の造型だとか、宇宙遊泳の描写だとか、宇宙空間での死の描写とか、そういうディテー
 ルの凝り方が最高です。  
  特に、宇宙空間の何ともいえないしんとした表現がもう。
 「太陽表面を横切る水星の影」とか、ほんのわずかな時間でも太陽の輝きそのものを体に受けて
 みたいと思う心、太陽に照りつけられるカネダに向かってひたすら「何が見える」と叫ぶサール
 の心情、など、ちりばめられたSF魂がもう嬉しくて嬉しくて。  
  強烈な太陽光の描写と、それと対比した暗闇の描写がことにツボ。  
  停電が起きて、船体本体の明かりがざーっと消えていくのが外から映るところとか、最高。  


  この辺がたまらなくて、もうストーリーなんざ途中でどうでも良くなってました(笑)。  
  特に、あのトンデモ太陽教くんなどは、正直に言って邪魔なくらいでした(更に笑)。こんな
 余計なことはしなくていいから、ただただひたすら、この素敵な宇宙の旅を満喫させてくれてた
 らいいのに。

 2007.05.15  



  ……それにしてもどうも納得いかないのは、あのひとり新興宗教教祖くんは、「偉大なり太陽
 神」な訳で、そうしたら太陽を蘇生させようなんて計画には諸手をあげて大賛成なんではないの
 か、という気がするのだが、どうか。  
  このような宗教のヒトにしたかったのなら、むしろ逆に、太陽の活動が異状に活発化して、そ
 れを抑える為の物体を放り込みに行くのを「我が偉大な太陽神様の活動を人間ごときが抑え込も
 うとは何ごとぞ、人類皆すべて太陽様の炎で焼かれるべし!」て阻害するとか、あるいは活発化
 の為の核爆弾であっても、1個ならOKだが2個なら活発化し過ぎてさあ大変、となる、という
 設定で、わざと1個めを放り込まずに2個めが来るのを待って、2個めが来たら一緒に放り込ん
 でやろうと画策している、の方が流れ的に自然なのではと思うのですが。  

  ……しかしあのひとり教祖くんは、それでもやっぱり、ご飯は食べていただろうと思うのです
 が、お食事の際は一体どうなさっていたんでしょうか。  
  イカロス2号の食事風景を見るに、食事は普通に食材を調理して食べていたようだし、宇宙船
 そのものの構造や技術面があまり変わらないのを見るに、1号でも似たようなお食事風景だった
 ろうと思うのですよ。  
  そうしたらあのひとり新興宗教状態のまま、あの年月、毎日毎日、ああやってフライパン振っ
 てご飯つくってたと思うとなんや間抜けです(笑)。そんなんしてる際、「あれ、なんかオレの
 してることってアホくさないか……?」とふと我に返ってしまったりはしなかったんかしらん。  

  ……しかし結局1個で無問題だった訳で、ほんま、あんなヤツのもとになんぞ立ち寄らんかっ
 たら何ごともなくすべては丸くおさまっていたのですよね(苦笑)。  
  わたしはてっきり、やはり1個ではうまくいかずに、何としてでもあのもう1個を放り込むん
 だとばかり思っておりましたよ。まさに骨折り損の何とやらというやつです。  

  ……大体あの救援信号を拾えたのってまさに「偶然」で、気づかれなかったらあのヒトものす
 ごくむなしい感じがしますね(笑)。わざわざ救援信号出してたのって、きっと「次回の連中」
 の邪魔をしようと思ってたんだろうし。  
  全然気づいてもらえず、遥か遠くを2号がさーっといっちゃって、「あーっ」と思う間も無く
 爆弾落とされちゃってたらものすごくナサケない気がします。  
  まあでもそれはそれで、その後も充分ひとりで楽しくやっていけた気がするので、あの「立ち
 寄り」はまさに双方にとって余計なお世話以外の何ものでもなかったような。  

  ……それにしても、シールドがあれだけちょっぴり角度ズレただけであんなに大変なことにな
 るというのに、帰りは爆弾ごと放り出していっていいんですか?  
  それとも、あの放り出し方はイレギュラーなやり方だったの?  
  でもあの位置にあのかたちで爆弾がついてる以上、シミュレーションとか見ててもどう見ても
 シールドごと放り出してく設計にしか見えないんですが、どうなのだろうか??  

  ……最初にCMとかでちらっと「凍り付いた地球を救う為に太陽に向かう宇宙飛行士達」てくだ
 りに触れた時、まっ先に「それは『太陽の黄金の林檎』の映画化か」と思いました(笑)。  
  さすがにこの21世紀のSF映画では、巨大な杯で太陽をアイスディッシャーのごとくすくって帰
 る、という訳にはいかんとは思いますが、しかしこの映画のあの素晴らしい太陽光描写で、この
 ビジュアルをやってくれたら、さぞ美しかったことでしょうね。想像してうっとりしました。  
  読み返した時、船長の顔が頭の中でカネダになってました(笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る