『スペシャリスト 自覚なき殺戮者』

  「私は上司の命令に従ったまでです」1961年に行われたナチスの戦犯、アイヒマンの裁判は
 その全行程をカメラにおさめられた。淡々と語られる罪の記録、そのおそるべき「無自覚」。
 
 
 
 
 
 

  ……これが「凡庸」か?
  これが、「平凡」で「普通の人間」か?
  だったらわたし、生涯「普通で平凡な人」とはおつきあいをしたくないです。ええ。これが
 「普通」な訳はない。こんな奴はそうはいない。
 

  何で「普通」って言っちゃうんだろうなぁ。
  確かに「つまらない」人間であることは認める。別に何の罪も犯さなかったとしても、特に親
 しくおつきあいをしたいという気も起こらない。人の目をひくような何ものもない、つまらない、
 いてもいなくても気がつかないような人間。
 

  けれどもこれは、間違っても「普通」ではない。
  この無自覚さ、無責任さ、おそるべき鈍感さ、想像力の無さ、悔恨の無さ、精神の硬直ぶりは、
 ただ事ではない。
  それがナチスに入る以前からのものなのかどうかは知らない。ナチスの中で神経をすり減らし
 てこうなった、という可能性だって否定はできない。けれども……このあまりな無神経ぶりは、
 程度の大小はともかく、多分、その前から持っていたものだろう。こうまできれいさっぱりとは、
 なかなかなれるものではない。
 

  パンフレットや宣伝でもしきりに彼の「普通」さを強調している。どこにでもいそうな小役人
 や教頭タイプ。平凡で、凡庸な特徴のない男。
  でもねえ、こういうの、ほんとは「普通」って言っちゃいけないと思う。
  勿論、自らを顧みて「自分だってこんな面があるかも」とか「自分もこんな風に流されないよ
 うに気をつけなくちゃ」とか、「組織」というものに対して真剣に思考したりすることはいいと
 思うんですよ。それは全然問題がない。
  でもそれと、彼を「普通」の位置にひきずりおろすことは別だ。
  それは「普通」を貶めている。
  元来「普通」というものは、もっとまっすぐで勁いものの筈だ。
  そんな風に簡単に、「誰もがこうなるかもしれない」なんて、決して言ってはいけないのだ。
  それは自分の精神を放棄しているに等しい。そして他人の精神を冒涜するに等しい。
 

  2000.6.19
 
 
 

  ……しかし驚くべきことに、これ、笑える場面もあるんですよね。
  それは彼の態度や返答が、あまりにもすっとぼけていることがあるから。いや、当人はすっと
 ぼけて言ってる訳じゃないんですね、全然。それでは笑えはしない。ただ、腹が立つだけだ。
  でもねえ、この人、マジメなんですよ。マジメにぼける。いや、ぼけてはいないんだけど、こっ
 ちの言っていることがあまりにもすかされて、全く別の方向からアサッテの方角に向けて返事が
 ひゅーんと返っていくので、その軌跡を呆然と見送って、次いで笑ってしまう。勿論、イライラ
 もさせられるんだけど、その前に呆れ笑いしてしまう。「あんたアホ?」とまで思ってしまいま
 したよ、わたしゃ。裁判官さんさえ時に失笑している。あまりにもひどくてキレたりもしてます
 が。
  でもこの、笑われたりキレられたりしてるのが、これまた全然、当人には通じてないんですね。
 ポカンとしてる。真面目にポカンとしてる。それがまた、滑稽で笑えつつ、どうしようもない絶
 望感に襲われるんですけどね。ああ、通じない人間という奴は、本当に何をどうやったって決し
 て通じない。

  ……この映画は裁判記録を編集し、デジタル処理なども入れつつ作られたものなんですけれど
 も、ところどころに「映画くさい」演出が入っていて、それが鼻についた。
  そのせいで、何だか薄まってしまった感じがするのね。多分つくってる側は強調させようと思っ
 て入れてるんだろうけど、逆効果になっている。そんなことをしなくてもこれだけで充分なのに
 なぁ。どうしてそういじらずにいられないのだろうか。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る