『スペース・カウボーイ』

  見ろよ、月だ、あそこへ行くのがずっとずっと夢だったんだ……年は取ってもハートはハード、
 アメリカの「老人力」ぞここにあり。4人の宇宙のカウボーイが人類のピンチを救う!
 
 
 
 
 
 

  うおおおおお、イーストウッド男だぜ!!!!
  ……と、握り拳で叫びたくなる作品(笑)。いやぁ、もう、サイコー。愛すべきジジイ共。
 

  真っ平な地平線を割って、ぐうん、と飛行機が空へ駆け上っていくすべり出しでもう胸がワク
 ワクする。空気がすうっと薄くなって、青空の底に沈み込むような黒、そして月と星。嬉しくて
 嬉しくて心臓がドキドキする。
 

  難を言えばちょっと前半、あっさりし過ぎていた感あり。
  チーム・ダイダロスの仲間達に会いに行って宇宙に誘うとこなんか、皆もうちょっと迷ったり
 してもりあげてくれるか、この通りすぐに話を受けるにしても、もちょっと決め台詞や見得切り
 みたいなものがあったら楽しいと思うんだけど、結構事務的なのよね。
  現役しりぞいてかなり長い時間がたっていて、しかもどう見ても健康チェックや体力テストに
 パスしなそうな体型の方も若干1名いるにも関わらず、こんなに簡単にテストに通っちまってい
 いのかとも思うし。この辺でもっとゴタゴタしてくれて、それをジェリーの「サングラス」のよ
 うな姑息な手段(笑)でクリアするようなエピソードがあっても良かったんでは。
 

  逆に後半、ピンチのシーンでは展開がぎゅーっと詰まって、ちょっとついていきにくくなった。
 衛星を月に向かわせるところの説明なんざ、早すぎてぱっと理解がしにくかったし(もっともこ
 れは、字幕が悪かったのかもしれん。わたし、林完次氏の字幕、キライなんだよね。意訳が多過
 ぎ)。
 

  ……だがそんなことはどうだっていいのさ! そう、見るべきはこの「男四匹狼」チーム・ダ
 イダロスのイカした老人共だぜ!
  んもう、何だってこんなにどこからどこまでカッコいいかなぁ。若干1名、かなりの内臓脂肪
 体型だったが、他の3名はもうバリバリ。セミヌードでもばっちり見られるぜ。だが前は隠せ、
 ドナルド・サザーランド(笑)。
 

  とにかく何と言っても星。宇宙。そして月! これだよねぇ。理由や理屈じゃなく、そこへど
 うしようもなく惹きつけられる心。
  ついに月へ向かっていく4名を見送りにイーストウッドの奥さんが来ていて、彼に泣き笑いで
 親指を立てる、ここでまず泣きが入る。好きだなあぁ、こういうの。
  それからシャトルに乗り込む4名に「サー」と呼び掛ける若いNASAの職員も良かった。若い宇
 宙飛行士の面々はみんな小生意気な連中だったけど、さりげにこういう人がきちんと存在してい
 るのが嬉しいじゃないか。
  衛星を調べる為に宇宙遊泳に出て、イーストウッドの顔が大写しになる。そのバイザーにうっ
 すらと映る地球。その時の彼のまなざし! 泣けるなあぁ。
  「可能性ゼロ」を乗り越えシャトルで強引に帰還する3人。「"そろそろ下げるとするか"」
 「ちょっと散歩に行ってきたようなものさ」くうううー、カッコええっ。
 

  この辺でもう実に泣き入ってたのに、とどめにイーストウッドが月を見上げ、そしてその目線
 の先に…………
 

  くわー、もう。いいぞ。良すぎるぞ。もしかして人によっては、これは「やりすぎだ」と思わ
 れるのかもしれん。大体あんな風にうまいこと無事な姿で月に到着できる筈がない。だがそんな
 こたぁどうだっていいのさ、わしは許す! このラストでもう何もかもオールオッケー!!
 

  バイザーが光ってて中が見えないっつーのがまたたまらない。すうっとなめていくカメラがさ
 りげに名札を映すあたりもニクい。そしてバックの「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」。ああ、
 熱いぜイーストウッド。これを見せてくれたらもう何も要りません。

  2000.11.29
 
 
 
 

  ……しかしどうしてサラはいっきなりホークに惚れたんだろう。あの展開では「男性更衣室で
 目撃したモノが凄かったから」としか思えないのだが(激爆)。
  まあ、こんなカッコいい男共なら誰でも惚れるけどねぇ。奥さんがいるフランクや神父のタン
 クは除外して、したら女好きジェリーよりはやっぱホークか(笑)。

  ……そういやパンフレットで「外国のオヤジって助平でも何故か許せる」てな話をしてました
 が、それは彼等がちゃんと年齢相応な相手とイチャついてるからだと思う(笑)。まあ、ジェリー
 はそうでもなさそうだが、でもこの人相手が女であれば老若は問わず口説くだろうし(更に笑)。
 自分の年齢と外見をわきまえず、ただただ若い女ばっかりに助平心を発揮させてる日本のオヤジ
 とは全然違うよね。

  ……それにしてもクロムウェル、貴様なんつー卑怯者なんだッッ!
  悪事が露見した途端にロシアの閣下に手の平返して「私はそんなことは初めて聞いた」ってオ
 イ。唇の端に親指突っ込んでぎゅーっと吊って、「そんなん言うんはこの口か! この口かァ!!」
 ってやりたくなりました(爆)。

  ……しかし、69歳だよ、69歳(ため息)。グレン議員だってあの年で宇宙に行ったし、
 61歳なんて宇宙に行くにはまだまだ「ちいさい」年だよ、マックス。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る