『スリーピー・ホロウ』

  私は決意を抱いて、この山深い土地へやって来た。連続する殺人、首なし騎士の恐怖、魔女の
 伝説……愛らしい少女の頬によぎる蔭、夜ごと夢に見る母の微笑。「呪い」を解く術はどこに?
 
 
 
 
 
 

  ……いやいやいや、面白かった。
  なんか、こういう、「何にも考えていらん映画」ってたまにはやっぱいいですね。純粋にきゃー
 きゃー怖がってね。すごい、楽しかった。
  ホラーもんでも、最近、こう、なんか、重たいではないですか。いろいろ考えされられちゃっ
 たり、怖いんでも、深い、芯の部分が揺さぶられるような恐怖を感じさせられちゃったりしてね。
 

  でもこの映画の「恐怖」はとっても楽なんです。まあ、元々が「地方の怪談」だからなんだろ
 うけど。ただただ怖がってればOK。「人間のどうしようもない業がこんな無念を引き起こして
 ……」てなずるずるとした情念なんかが全然無いので、見ていてすごい気楽に怖がれました(笑)。
  「犯人」も登場人物紹介の段階で判っちゃうし。だって、こういう「昔話」においては悪い奴
 はあの立場の人と大体相場が決まっている(笑)。
 

  そんな訳で、怖いのに安心して見ていられる、安心してクリスティーナ・リッチの可憐さや
 ジョニー・デップの顔のデカさやリサ・マリーの胸のふくよかさなんかに目を配っていられる(笑)、
 そういう映画です。デート映画にお勧め。

  2000.3.4
 
 
 

  ……それにしてもあの「小道具」の数々には笑った。何の役にたつのかよく判らないところも
 含めて(笑)。

  ……子猫のようにびびりんなジョニーがキュート(笑)。でも、時々すごいいさぎよく動くと
 ころがあって、まあ後の方ではそれでいいのだが、途中時々違和感があった。

  ……実は全く情報をシャットアウトしていたので、知っていたのはポスターにもなっているあ
 の二人の顔と「幽霊の引き起こす殺人事件」ということだけ。この二つの情報から、わたしの頭
 の中では「クリスティーナ・リッチは美しくも無気味な美少女幽霊」役になっていました(笑)。
 だって幽霊顔なんだもーん。

  ……しかしイカボット、帰ってからあの事件をどう報告したというのか。あれは彼の大事な
 「テスト」だったんじゃないのか?(笑) それをあの報告では、「どこが科学の子やねん」と
 鼻で笑われてしまいそうだ。

  ……それにしてもウォーケン格好良過ぎ! あんな騎士様なら、地獄のキスでも何でもされた
 いものです(爆)。マジっすよ。ええ。でも体はダース・モール(笑)。それはちょっとイヤ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る