『シックス・センス』

  見えること=力ではない。否応なくそれを持つ少年は、孤独で、いつも怯えている。そこへ現
 れた医者……僕の言葉を信じてくれる?  あなたは果たしてこの「秘密」が見抜けるか?
 
 
 
 
 
 

  できる限り情報をシャットアウトしようと思って、テレビで予告が出ても即座にチャンネルチェ
 ンジ。その甲斐あって、予備情報は、ブルース・ウィリス主演、それから「僕、死んだ人が見え
 るんだ」これだけ。
 

  そして映画が始まってものの数分、即座に「秘密」は読めてしまった。
  どの辺で気づいたかというと、「翌年の秋」(笑)。
  ミステリずれってイヤねぇ(笑×笑)。
 

  ……でもまあ、例えば「犯人が判ってしまったミステリは面白くない」というのは嘘で、もし
 ほんとにそれが「つまらなかった」のなら、それは「犯人が判ってしまったからつまらなくなっ
 た」のではなく、それがただ単に「つまらない作品」に過ぎないというだけで。「本当に面白い
 ミステリ」は例え読む前に犯人を聞いてしまってたって面白いのだ。読み方の作法が変わるだけ。
  そういう意味で、これは「犯人が判っていても面白く読める」部類の作品だと思った。いや、
 むしろ、判ってた方がより楽しめるんではないか?
  特に、彼に対する少年のまなざし、言葉、徐々に心を開いていくそのかたち、妻のふるまい、
 この辺りは判っている方がより理解が深く、グッとくる。
 

  「秘密」がどうのということよりも、最も大きな問題だと思うのは「それホンマに解決になっ
 てんのか?」ということ。だって戸棚の幽霊さんみたいに問答無用の暴れん坊さんだっている訳
 だしさ。大体無念を持って死んだ人が全員善人だとは限らない。連続少年レイプ犯、てな人が無
 念を抱いて死んでやってきたらどーすんだ。
 

  と考えていたのだが、そういうことを描きたい映画ではないんだろうな。と見ていて思う。
  親子、夫婦、友人、生者と死者、そういう「関係を持つ者達のつながり」が言いたいのだとい
 う感じがひしひしと伝わってくる。
  特に圧巻なのはコールママ。最初出てきた時は、「これがイヤな母親やったら最悪やな〜」と
 思っていたのだが、「ママの顔を見て」でおっ? と思う。この台詞にはしびれました。特に最
 後。いい母さんでほんと良かった。ほっとしました。
  それから、キラの父親にもたまらなくしびれた。あの、人形劇を見てる辺りの何ともいえない
 味のある表情、そしてそれから徐々に衝撃に直面して変化していくところは凄かった。これだけ
 でアカデミー助演男優賞をとってもいいと思うくらい(笑)。

  1999.12.4
 
 
 

  ……それにしてもコール役のハーレイ・ジョエル・オスメント、あんなに可愛いのにもう顎が
 割れているう(涙)。将来やはりブルース・ウィリスとかトラボルタみたいにおっとこ臭い大人
 になってしまうんでしょうか。ううう。こんなに可愛いのにいい。

  ……そういえばもうひとつ謎だったのは「何故ヴィンセントは脱ぐのか」ということ(爆)。
 何故、何故そこで脱ぐヴィンセント。誰か教えて。

  ……映画を見て外に出たら異様に寒くて「これはいるのか!?」と思ってしまった(笑)。しか
 し冬に風邪でもひいてぞくぞく寒気がきている時にはどうやって連中が来てるかどうか区別する
 のだろう(更に笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る