『シャッター・アイランド』

  牢獄の島から姿を消したひとりの女、そして失われた自分の幸福を追って、男はその孤島へ
 とやってきた。鉄の扉の向こうに広がる新たなる世界。「驚愕」のラストへ向かう138分!
 
 
 
 


  ※警告:オチを完全に割ってます  







  えー(157秒間)ーっ。  


  いや、これ、有り得んくない?????  


  何というか、大変にショックなラストでした。  
  多分、つくった側の意図しない意味で。  


  だってさあ、「妻は事故で死んでる」「孤島の何だかヤバそげな精神病院に捜査に来る保安
 官」「驚愕のラスト」って設定だけでもう「オチこれ?」てなるのに、その上に「一目で見抜
 けるバリバリ合成画面」と来たらば、それはもう「ハイ全部主人公の妄想でした、実はこのヒ
 ト患者なんでしたー」「妻も自分が殺ってましたー、それで自分は収容されましたー」で、決
 まりじゃん。普通はもうオチそれ以外ないじゃん←何故か関東弁  


  でも、何せここまでしつこくしつこく「すごいラストなんだから!」と宣伝で言いたくり、
 「超吹き替え」はつくるわ、映画前に「アナタの脳を信じちゃダメだぞ☆」てな思わせぶりな
 断り入れるわ、「ラスト話すな」と駄目押しするわで、これはもう絶対、「ハイおかしかった
 のは主人公の方でしたー……と思わせておいて実は!!!」的な、「二度のどんでん返しモノ」
 としか思えないじゃないですか! これだけ振りに振っておいて、どんでん返しが一度だけと
 か、それ有り得んでしょうが!!  


  まあそういう意味ではわたしも「この映画に騙された」クチかもしれない。いやでもこれは
 映画に騙されたというより、宣伝に騙された、宣伝に期待し過ぎて裏切られた感でいっぱい。
 もう本当にがっかりしました。  


  だってね、これだけ、「台詞に謎のヒントがあるから超吹き替えつくったんだよ」とか「脳
 に騙されちゃダメだよ」とか事前に言いたくってしまう、というのはつまり、「今そこで起き
 ていることが本当の現実とは限らないんだよ」て言ってるのとおんなじことじゃないですか。  
  そしたら誰だって、「この主人公の現実は真の『現実』とは異なっているのかもしれない」
 くらいのことは思って見るでしょう。普通そうでしょう。  


  でも実際のどんでん返しが「それ」、すなわち「主人公は現実では違う人でしたー」しか無
 いんだったら、これって殆ど、この宣伝によってネタバレされてるも等しくない?  
  ちょっと、監督が気の毒になりました。本国ではここまでの宣伝をしてるのか?  


  大体この設定でこのどんでん返しってありきたり過ぎ。  
  アメリカ人はこれで「おおおお!」なのかもしれませんが、日本は既に、1935年の時点で
 『ドグラ・マグラ』のレベルに到達してるんですよ。こんな単純なオチでは日本人は満足でき
 やしませんよ(←言い過ぎ)。  


  しかし原作は未読なんですが、映画を見てる途中にも思ったし、パンフの監督のインタビュー
 の内容的にも、これはホントに『ドグラ・マグラ』のパクリではないかと思ってしまいました。
  だって要するに島の連中って、「彼の妄想通りにふるまわせる実験により意識を正常に戻さ
 せる、それにより自分達の治療の有効化を確認しようとしてる」ってことでしょ? それって
 まんまじゃないですか。まあ原作とはオチが違うらしいけども。  
  だがそう思って見てみると、ベン・キングズレーの見た目はまさに正木博士(笑)。桂枝雀
 よりも雰囲気があるのではないか。マックス・フォン・シドーがもっと若ければ、この二人で
 正木・若林の『ドグラ・マグラ』をやってほしいくらいです。  


  後になって冷静に考えてみるに、この過剰な宣伝が一切無く、「驚愕のラスト」なんてこと
 は宣伝では一言も漏らさず、ただ単に「孤島の精神病院の密室で起きた謎の事件を捜査しに行
 く保安官」てだけの宣伝で見たら、頭がその「謎の事件の解決」の方に集中してると思うので、
 多分この「どんでん返し一回のみ」でも結構驚けたと思うのですね。  
  このアホみたいな「ねえねえこの映画驚くのよ、アナタも絶対騙されるから、ラストは誰に
 も話しちゃダメだから!」的宣伝、かえってこの映画を損なっていると思う。ほんと残念です。


  何せあれだけの前振りでもって見ているので、台詞は勿論、画面の様々なものに注意を払い
 つつ見てる訳ですよ。  
  で、まあ結果は思い込みでしたが、でも「どんでん返しは二度」て思いながら見ているので、
 「ああ、これもあれも、皆『実は主人公患者でしたー』ぽく見せているな、でもきっとこれを
 更に返してくれるに違いない、一体そのキーはどこだ!?」てわくわくしながら画面を注視し
 てたんですよ。我ながら莫迦。  


  ちなみに最大に注目してたのはディカプリオのデコの傷(笑)。  
  最後の最後にでかいどんでん返し二度目が来る、と思って見てたので、「キミ二年前から
 ずっとここにおるねんで」と言って、本人が完全に「そうなのかー……」と思っちゃった辺り
 で、例えば「ホラこれが収容の時の書類」とか言って見せたものの中の写真に同じ傷があり、
 「いや待てこれおかしいやないかい!」と覚醒したり、あるいは逆に、本人は覚醒せず、その
 まんまずるずるとロボトミー手術にひきずられていき、その「二年前と言いながら実は現在の
 彼と同じ傷が!=医者の言ってることはすべてウソ」ということは観客のみが知る事実のまま
 ホラーエンド、となるかのどっちか、あるいはそこまではっきり言わずに、どっちなんだか判
 定ができない謎ラストになるんだと思ってたんですよ。  
  ミステリずれって恥ずかしいですね(笑)。  


  しかし、まあ今回のことについては本当に彼女の責任ではないとは思いつつも、やはり戸田
 奈津子が映画に深く絡むとろくなことがないような気がしてならない。と言うか、戸田女史に
 字幕をやらせる映画=会社側が気合い入れて売り出す映画、てことなんだろうけど、でも戸田
 女史に字幕頼むようなプロデューサーって、映画に対しての気合いの入れ方の方向がどこか間
 違ってるんじゃないかと思うんだよね(笑)。  


  そんなこんなで、宣伝の為に非常につまらないストーリーとなってしまいました。無念です。  
  この宣伝のせいで、ついつい「映画に仕掛けられた謎を解くんだ!」てことばっか考えて見
 てしまってる訳ですが、そういうこと一切抜きで見ていたら、きっと、もっとずっと切なく美
 しく哀しい映画として見られたのに。  
  もともとディカプリオってそんなに好きじゃなかったのですが、この映画で初めて「ああ、
 いい役者だ」と思いました。妻と子に寄せるこころのきりきりと胸を締め上げるような切なさ。  


  そして何せ映像が本当に素晴らしく美しかった。冒頭の島の遠景なんて、怖さよりも美しさ
 を感じました。  
  特にディカプリオの夢映像はどれも良かった。血まみれ子供三人には、『シャ イニング』を
  思い出しましたが。  


  最高に素晴らしかったのが最初の夢。
  美しい妻の焼けこげた背中、燃える灰の飛び散る部屋で抱きしめる体から水と血が溢れ、炭
 となって腕の中から崩れ去る姿。  
  はかなく切ない、哀しい夢でした。


  2010.04.14  



  ……ちなみに二番目に注目してたのはネクタイ(笑)。これも、「途中で微妙に柄や色が変
 わったりするのではないか」とか、そういう方面で見ていた。全く関係無かったけど(笑笑)。  

  ……しかし、これといい、ラストの湖畔でしめてたのといい、奥さんアンタ本当にネクタイ
 の趣味悪いです(笑)。あのワンピースと言い、南国模様が好きなのか?  

  ……何の意味も無かったデコの傷ですが、しかしあのバンソウコウの強靭さは一言に値する
 のではないでしょうか! この年代でこの技術力。スゴいです。  

  ……ディカプリオ以外のキャストは全く知らなかったので、まさかこんなところでマックス・
 フォン・シドーが見られるとは思わず非常に嬉しゅうございました。カッコいい!  

  ……音楽が全体的に大変良かった。この映画用の作曲でなく、既存曲を使用しているようで
 すが、非常に素晴らしい選曲だと思います。サントラ欲しいなー。  

  ……でもこのラストと言い、それについて語るパンフの監督のインタビューと言い、なんか
 それではロボトミーを肯定するようにしか取れないのだが。それはいくら何でもどうかと思う
 なあ。ああ、原作の結末を読まねば。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る