『ロージャー』(原題:Roja)

  無理な結婚で出逢ったあの人、でもその本当の姿に心は花開く。幸せの頂点にいた筈なのに、
 否応無く押し寄せる国と国との争い。それぞれの幸福を守っているだけで何故いけないの?
 
 
 
 
 

  ……うーんんんんんんんん。  


  なんだかね、これ、インド映画を数重ねてくる中だんだんに思い出したことなんですが……わ
 たしもしかして苦手なのかも、マニ・ラトナム。  


  ……ああっ、インドのスピルバーグ(←今適当に名付けてみました)、マニ・ラトナムを苦手
 だなんて、貴様インド映画好きを名乗ることは今後許さん、とドゥルガ神に破門を言い渡されそ
 うな気もするんですが……だって数を見る度、そんな思いが募ってくるのだもの。  


  文句無しに手放しで好き、と言えるのは『ボンベイ』だけだしなぁ。  
 『アンジャリ』はもうズバリ嫌い、で、『ディル・セ』もラスト、「ええ〜、ここまで引っ張っ
 てきてそれですか〜?」と脱力&がっかり入ったし、『頭目』もラジニはすごく良かったんだけ
 ど、でも見ていて「いや、でもアンタそれ言うてること矛盾してるって」とどうにも納得できん
 部分多々有り、『頬にキス』もそう乗れなくて、で、この『ロージャー』。  


  うーん、『アンジャリ』まではいかないまでも……キライ、にかなり近いかもしれん、これ。

 
  しかも何がキライってずばりロージャーの性格がキライ、というのが大変にタチの悪い嫌いっ
 ぷりなんですが(泣笑)。  


  まずあの海岸できゃんきゃんキレてるところで「ちょっとうざい」というスイッチが入ってし
 まう。アラりん(←アラヴィンドスワーミの略)、よくぞ怒鳴った。わたしも怒鳴りたかった。  
  で、いくら新婚さんとはいえ、あれ、ついていったらあかんでしょう……まあそれは許可する
 旦那も旦那だから、同罪っちゃ同罪なんだけどね。  


  でもやっぱりキライ最大の原因はこれ、
  「お前のせいで旦那攫われたんやぞ、判ってっか?」
  て、とこなんですが。  


  軍に「軍は市民を守って当然」みたいなこと言うてたが、それはそうよ。それは勿論そうなん
 だけど、自ら危険なとこに考えも無く足突っ込んでく人のことまで守ってられんのよ、軍人だっ
 てアンタやアンタの旦那と同じ人間なんだから。撃たれりゃ死ぬし叩かれりゃ怪我するんだから。  


  そらまあ見張りが寝てたのは悪い(だが隣の部屋であんなん夜な夜なやられてた日にはそらろ
 くに寝られんだろう、とわたくしこの人には同情的です(笑))。悪いけど、でもあんな状況下
 で旦那に伝言すら残さず、ふらふら寺に行っちゃう自分の不用意さをもう少し反省しろよ、こら。  


  そう、何が腹立つって、この人反省が無いんだよねぇ。  
  やっちゃったのは仕方ない。でもその後が。  
  純朴と鈍感は紙一重で、あの状況下でも神様へのお祈りを欠かさずにおれない、というのは、
 確かに一途な田舎娘の純粋さなんだろうと思う。思うけど、少しでも繊細さがあれば、「自分は
 なんてことをしてしまったんだろう」とわずかにでも思うもんじゃない?  
  義母さんに電話してた時、「私と結婚したから運気が下がったのかも」とか言うてるのに目を
 むいてしまった。「運」じゃねえよ。「運」てのは人為の及ばぬところを言うんだよ。あんたが
 しゃんとしてれば旦那はあんな目にあってないんだよ。「運」のせいじゃない、あんたのせいだ。  


  でもこの人終始一環、「軍が悪い、軍には夫を取り返す義務がある、何十人も殺した容疑者を
 釈放してわたしの夫を助けろ」て主張だからなぁ。  
  若くてかわいい女の子だから見られるけど、これ図太いおばさんがやったら「これだからおば
 さんは……」て風にしか見られないよ。つまり、中身は自己中おばさんと一緒。  
  警察で「この件は軍に渡ったから後は大佐に聞いて」言われて「大佐を呼んできて、それまで
 ここを動かない」とか……あのさ、早く知りたいんだろ旦那について。だったら自分が動いて大
 佐のところに行こうという気にならないか? 何でそんな偉そうなの?  


  テロボスに会いに行く、言い出して、おお、ちょっとはまともな手段に出る気になったか、こ
 こで男女の愛、ひいては家族愛そして愛国心、人類愛まで訴えてボスのハートを動かすのか、あ
 るいはもしかして「彼の代わりにわたしが人質に!」などと言い出してボスの気持ちを揺らすの
 か、と思たらアレだもん。びっくらこきました。
  「ワタシと彼とは新婚なのよ!」はあ、だから?(失笑)  


  でもってとどめに知事さんに訴えて、その後に大佐がやってきて、「おめでとう、君の御主人
 は助かるよ、私達が一ヶ月も山狩りして多くの犠牲者を出してまで捕まえた彼を釈放して、君の
 御主人と引き換えることにした、本当におめでとう」て超強烈なイヤミをかまし、それに一言も
 答えられない姿を見て、「おお、さすがに今のはちょっとこいつも答えたか」と嬉しく思った次
 の瞬間、「夫が戻ってくるのよ!」て嬉しそうに走っていくシーン……椅子から落ちかけました、
 マジで。  


  そう、そうなのよ、わたしがマニ・ラトナムがダメなのってここな気がする。  
 『頭目』でもそうだったんですが、殺しまくりのラジニが「オレはヤツにもこんな家族がいるな
 んて考えもしなかったんだ……」て苦悩して、おお、反省して改心したかラジニ、て思った返す
 刀でまた殺りまくり、で顎が外れかけたりしたのですが、こういう、「そうなるんやったらその
 前のコレは何やったん!?」的な行き当たりばったりさが辛いのかも。その前までが本当に丁寧に
 つくってあるだけに、普通のインド映画だったらスルーできるかもしれない手の平返しが辛い。  


  これはロージャーではないんだが、旦那もあれだけ「暴力はいかん」訴えていて、でも国旗を
 焼くヤツはぶん殴っていいのか、と。  
  それはそれでひとつの主義主張であって、でも自分の主義や思想を押し通す為に他人の命を
 奪ったり暴力に訴える、てそれ今の今まであなたが「こんなことは間違ってる」と言っていたこ
 とではないのかな。どれだけ素晴らしい愛国心を持っていたって、それを誰かに暴力で押し付け
 るような真似をしたらその瞬間にその美しさというのは変質してしまうんではないか。  


  で結局、最終的に助けだせる状況をつくってくれたのは軍で、それにプラス旦那の努力と自分
 を拉致した加害者に対しても誠実で平等な心、だもんな。ロージャーが何になった、て感じで。    
  なんかもうこの人の性格に疲れ果ててしまったので、本来メインで伝えたかったのであろう
 「インドはひとつ」とか「暴力反対」とか、そういうテーマや、インドが抱える政治的な問題、
 とかに頭がいかなくなってしまった。とほほ。
 

  2005.11.29
 
 
 
 

  ……ロージャーも大概だと思うが、ロージャー姉も大概自己中でムッときました。  
  や、好きな男がいるから結婚できません、それは良いんですよ。でも自分はちゃんと恋をして
  青春を謳歌し、のに初恋すらまだの妹を見ず知らずの男にいきなり嫁がせて平気、てそれどうよ。  
  また、田舎の縁談ってそんなもんだからろくに知らない男の元に嫁ぐのはまだしも、ああいう
 形になって、リシもロージャーも親や親戚や御近所に陰口叩かれてんのに、それを訂正もしない
 その根性もイヤ。
  ばーちゃんのたったあれだけの説得であっさり許しちゃうくらいだから、言う程「確執」なん
 て根深く無かったんだろうし、だったら父親の許しが出て結婚決まった後でも構わないから、
 「実はあれはわたしが無理に頼んだことだった、彼もロージャーも何も悪くない」て言いなさい
 よ。そしたら多分男の方は「天晴」言われロージャーも「こんな人のとこに嫁にいけて良かった
 ね」て祝福の中でわだかまりなく結婚できたよ。  

  ……それがもし無理にしても、ロージャーにだけは打ち明けるべきじゃない? 
  自分は幸せ絶頂で結婚式をあげといて、その横で妹が「わたしのせいで姉さんがこんな目に、
 もう顔向けできない」思いつつ「姉さんをこんな目にあわせた憎い男」とも思いながら結婚の誓
 いを立ててるんだぜ。あんまりひどい仕打ちだと思わないのか、姉さん。てめえだけ良けりゃそ
 れでいいんか。  

  ……ロージャーが義母に電話するとこで、「こっちは心配ないから来なくていいわ」とか言う
 てるとこでまた腹が立ってしまった。  
  あのね、お母さんなんだから。あんたの旦那はその人の息子なの。あんたの為に来るんじゃな
 くて、息子が心配でたまらないから行きたいのよ母さんは。自分の心配ばかりが重要事だと思っ
 てんじゃないよこのお子様が。  

  ……「小さい小さい願い」の曲はすごく良かった。マニ・ラトナムですごく好きなところは、
 「インドを美しく撮る」ところだよね。素敵でした。  
  しかし、様々なインド映画で滝傍でダンスを踊る時によく見かける、幅の広い謎のハシゴ状の
 物体、あれは一体何なのでしょうか? 滝壺専用ダンス補助器具??  

  ……撮影と言えば、この人カメラワークも大変に上手いのですが、今回はあの「カメラがアジ
 トに向かっていくシーン」で感動しました。やるなあマニ・ラトナム。  

  ……そうそう、この映画で何が感激したってこれだ、「スマートアラりんの姿が見られたこと」!(笑)  
  お腹が出てないよ。顎が二重じゃないよ。スゴイよアラりん!  
  ラストで雪山転げ回ってハードに走ってましたが、「ああ、以後もこういう映画を選んでれば
 この体型を維持できたかもしれなかったのに……」思いました。こんなに走るアラりんが見られ
 たのも感激です。でもやはり踊らない。  

  ……そして『ボンベイ』ではそのぽっちゃり体型からかもし出される気のいい人モードであま
 り目立ちませんでしたが、この映画見ていてしみじみ思いました、「アラりん、あんたムッツリ
 助平だよ……」(笑)。  
  なんかもう、こんなにヤらしくていいんですか! 自宅ならまだしも! 極秘の任務でやって
 きた危険地帯の軍の施設内で! ここまでバカップルのらぶらぶエッチぶりを発揮してしまって! 
 本当にそれでいいんですかインド軍隊の皆さん!!  

  ……しみじみ思いますが、インドは性的表現規制でキスも御法度、でもここまでやっちゃうく
 らいなら、日本のドラマや映画でキスしてそのままベットに押し倒し、後はすうっと電気が落ち
 てフェードアウト、その間わずか1、2分、の方がよっぽど表現として穏当だと思うのですが、
 どうですか皆さん。
  ほんと、唇ひとつ触れさせないのにあの「初夜ダンス」の振り付けと歌詞、あれが許されるっ
 て一体どういう表現規制の国か(笑)。なんか間違ってるぞその規制方法。  

  ……最も好きでぐっときたキャラは、あの一言の台詞すらないテロの副リーダーの妹さん、彼
 女ですよ。やー、美しーい。  
  美人だわ清楚だわ健気だわで、もうたまりません。この人を主人公にして一本撮ってもらいた
 いよ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る