『理想の女』

  すべての妻に嫌われる女。ドレスの趣味も化粧の仕方も自分とは何もかも違う、なのに何故あ
 の人は彼女の元へ、そして私は……何故、こんなにも彼女の言葉に心を動かされるのだろう?
 
 
 
 
 

  見てる途中から、自分の中でタイトルが変わりました。  
  タイトル『理想の男』。主演−トム・ウィルキンソン(笑)。  


  もう、イカし過ぎです。たまりません。くらくらきました。  
  スクリーンの中の男性にここまで心がときめいたのは初めてです。タピィが画面に現れる度に
 内心で歓声を上げ、一言喋ることにタピィ、素敵! と胸の内で叫ぶ始末。  
  こんないい男はそうそういるもんじゃないですよ。時代は今「タピ様」ですよ。ええ。  


  ま、タピィというこのキャラクターがとにかく最高の出来であって、他の映画でのトム・ウィ
 ルキンソンにはこんなにも入れ揚げられないんでしょうけどね。役者の力がそのキャラの良さを
 最大限に引き出しています。ナイス・キャスティング。  


  この人が素晴らし過ぎて、もう、ヨハンソンの旦那役なんかかすむかすむ。  
  またね、コイツがヤなキャラなんですよ(笑)。  
  確かに妻ラブであることに間違いはないんですが、なんか、見てたら、「そらまだ1年だしこ
 んなもんだけど、将来はどうか判らんよこういう男」と思ってしまった。奥さんの為を思って云
 々言うが、内実は世間体だろてめ、と。  
  所詮「自分の妻」という立場の人間がゴシップにさらされるのが耐えられないんだけではない
 か。大体他人の気持ちをあんたが決めるなよ。浅い男です。  


  その旦那からヨハンソンを誘惑する若い垂れ目のにいさんも魅力が弱い。ちょっと待ってよ、
 これでプレイボーイとしてならしてきたんですか!? と、そこはかとなく悲しくなってしまいま
 した。
  ……や、それは顔の好みは人それぞれですからね、コレが超絶美形な分類の女性も勿論いらっ
 しゃるんでしょうが、もう少し一般的な美形が欲しかったよ、わたしとしては。  
  で、顔差し引いても(笑)、口説きもじぇんじぇんぐっときません。  
  キスもしないで(まあシーンとして無かっただけで、パーティの段階では既にそれくらいお済
 みだったんでしょうが)ヘレン・ハントの心を射抜いたタピィを見習え。  


  とにかくこの若い男二人に全然ぐっとこなくって、その代わりにタピィは勿論のこと、ダン
 ピィ、セシルのおじいトリオがとにかく最高。  
  こういうおじい仲間ってなんでこんなにいい味出るんでしょうね。全員女好きなのに、「男の
 世界」がちゃんと確立してんだよね。この独特の友情にまたぐっときます。  


  振り返って女性はどうかというと、これもやはりヘレン・ハントの貫禄勝ちですな。  
  まあ時代設定が設定だから、ある程度の制約は致し方ないと思うんだけど、もう少し似合う髪
 型をさしてあげられなかったものか、ヨハンソン。なんかね、顔がでかく見えるんですよね、あ
 の髪。  
  あれは帽子をかぶってこそ映える髪型で、実際帽子の時にはかなり可愛いんだけど、ひと度脱
 いでしまうとなんか今いちなんですな。  


  同じドレス対決なんか、正直、可哀想なくらいで。だって色気度勝ってるんだもん、ヘレンの
 方が。  
  想像力をかき立てた方が勝ちって判ってんだからさ。若い女性はもっと隠しに隠してごくわず
 かなチラリズムでいいんです。肉体的な若さは遥かに勝ってんだから、見せる部分はちらっとだ
 けで、残りはなんぼでも想像していただいたらよろし(笑)。
  ああいう「勝負ドレス」は、あまりに隠してしまってはかえって悪い方に想像されてしまいが
 ちな年齢になってから着るもんだ(無論、年齢だけで想像される体より抜群に良いボディを保持
 してないとできない技ですが)。  
  自分と真反対の女と張り合うのにその真反対の土俵に上がったって絶対に勝てる訳はないんだ
 から、真反対の土俵のままで勝負するか(目も覚める程天使チックな雰囲気で現れるとか)、あ
 るいは全く別ジャンルの方を開拓するとか(シャープ系の知的セクシー路線とか)しなくちゃ勝
 負になりませんよ、メグ奥さん。  


  とにもかくにも、タピィが良過ぎて、夫婦愛だとか母娘愛だとかが全部頭から吹っ飛んでしま
 いました(笑)。あ、でも、ドレスや宝石は大変良かった。特にヘレンの、あれ何だろうな、青
 い石が胸元近くに垂れ下がってるペンダント、大好きです。  


  街並も美しかった。タピィがヘレンをオペラ会場から連れ出して、一面群青色に染まる街並、
 その向こうに広がる海、ちらほらと灯る街明かり、「美しい街だ」。うん、本当に。  
  ここ、余りに画面が美し過ぎて、字幕が邪魔だと感じてしまう程でした。  


  ええと、以後はタピィ絶賛コーナーです(笑)。どうでも良い方はお飛ばしに。  


  何がまず素敵って、ヘレンの自宅に送っていって、やんわりと断ろうとする彼女にめげずに家
 に上がり込み、ああ、こいつもどうせ彼女を今まで取り巻いてきた男共と同類か(まあ、タピィ
 は離婚してるので独身ではあるのですが)、と思ってしまったのですが、だがしかし。  


  家にあがったタピィ、女の家に来てるのに、自分が彼女の為に美味しいサンドイッチをつくっ
 てお給仕するんですよ!  


  まず、ここでぐっときました。「自分の家にあげて自分が料理する」ならまだありがちかと思
 いますが、初めてあがる女の家で、さっとうまいものをつくって食べさせるとは。  


  その至れり尽せり度合にしびれていたら、食べる彼女に一言、「食欲は愛情の基礎だ」。  


  これにまたぐっと。そうそう、正直、趣味や価値観が合わないことって大した問題ではないん
 ですよ。でも、食の嗜好が完全に違う男と女はやっていけない。逆に、そこさえ合えばそれだけ
 でものすごく深まってしまったりするもんだ。
  これが判ってる男って、実はそうそういないんですよ。女は判ってる人多いんですが。  


  でもってプロポーズされたのに、「私にとって結婚は日の射さない窓も無い部屋、毎日起きる
 度に狭くなっていき、気づくと閉じ込められている」と語るヘレンに一言「悪い男にあたってし
 まったんだね」。  


  もう、マグナムで心臓撃ち抜かれ状態(笑)。これだけの悪評が流れる女に、こういうことを
 言われて、こう返せるって大したもんです。それも、自らも離婚歴2回というところに更にこの
 台詞が生きてくる(更に笑)。  


  だがしかしヘレン・ハントはそれしきの言葉では参りません。  
  近寄ってきたタピィに一言「煙草の味は嫌いなの」。  
  するとタピィ、懐から葉巻を取り出し、深く一服して彼女から離れる。  
  あれ、諦めたんか、と思ったら、一服だけ吸った煙草を灰皿で揉み消し、  

 「これが最後だ。たった今から禁煙するよ」  


  ……二度目の大撃ち抜き(笑)。もう、早撃ちにも程がありますよ。胸に大穴あきましたよ。
 どうしてくれるんですかトム・ウィルキンソン。  


  だが彼に容赦は無い。とびきりの笑顔を浮かべ両手を広げ、  

 「僕には財産がある」。  


  ……くうっ。もう撃ち抜かれ過ぎて胸に富岳風穴があいています。    


  ええと、財産があるから素敵、て話じゃないんですよ、無論。  
  不幸な結婚を捨てて逃げ出し、一人きりで生きていく為に体を張って男を食い物にしてきた女、
 男達の妻に憎まれ同性の友人など無論無く、遊びの男とは長く続かず、異国の地にまで来て標的
 を探す、そういう女に、「自分はこれを持ってる、君が欲しいのはこれだと知ってる、ならそん
 なものは喜んで君に差し出すから僕の元においで、それで君は満足できる、僕も倖せだ」と、そ
 ういうことを言ってんですねこの人は。  


  この後におじい仲間に「あの女はお前の金に目がくらんでるだけだ」言われて、

 「俺だって彼女の美しさに目がくらんでる、おあいこだ」。  


  ……また撃たれました。ここまでくるとマシンガンです。弾倉空にする勢いで連射です。  


  指輪を用意して二度目のプロポーズ、「僕には財産があるよ」とまたも言い、「一年後には一
 文無しかも」とやんわり断わりに入るヘレンに「その来週に僕が死ねば君には遺産が入る」。  
 「人生はギャンブルだ、そうだろう?」  


  ……もう白旗でも何でも降りますから許して下さい、と殆ど涙目になりつつ思ってるところへ、
 メグの軽挙を留まらせる為飛び出そうとするヘレンに質問を浴びせ、「私と結婚したいならそれ
 はやめて」「それって?」「どこへ、何故、誰と、何を、そういう質問」  
  するとタピィ、ちょっと目を丸くして肩をすくめ「判った、君を信じよう」「今のは女性への
 マナーとして聞いただけだよ」。  


  ……わたしと結婚して下さい(爆)。  


  もう、この瞬間のヘレン・ハントの顔が最高です。二度のプロポーズの時よりもずっといい。  
  多分それまでは「どうせこの人も」と心のどっかで思ってた、それがさあっと溶け去る瞬間、
 自分の未来にもまだ輝ける余地が残されていた、この人と一緒ならその未来が自分にも得られる、
 そう理解した喜びの表情。  


  だからもう、この先しばらくは歯ぎしりの連続でした。ジョン、てめ旦那はどうでもいいけど
 とにかくタピィにだけは真相を言え、ヨハンソンあんたもや、と苛々ギリギリ。  
  もうヨハンソンカップルがどうなろうがいいがタピィが手前等の勝手で不幸になったら許さん
 ぞコラ、と拳握ってまして、朝っぱらからさっそく仲直りのことに及んだらしき二人の姿なんか
  正直マジむかつきまして。自分が良ければいいんかヨハンソン! とキレかかっていたので、あ
 のラストには大幸福を感じました。  
  しかし、あのタイムスケジュール内でいつ打ち明けたんだ? 話して、タピィが飛行機に間に
 合って(その間に旦那とすることして(笑))、って。  


  もう来てくれただけで撃ち倒されてんのに、「彼女が話してくれたよ」と言うのに、きっとメ
 グの性格からしたら包み隠さずそのまま言ったことだろうに、ブラジル人の運転手(笑)やら、
 意味不明のことを持ち出すその優しさと、その後、「で、私も言い訳をしたいんだが……」と肩
 をすくめて、「何も無い」。  


  ……ブラボー! タピィ!! ←もう完全に脳がやられてます  


  もう、わたしの中で主役は貴方。タイトル無論『理想の男』。  
  これは本当にナイス・カップルですよ。祝杯をあげたい。この女にこの男。素晴らしい組み合
 わせです。大層な魅力です。友人に持ちたいのは、メグ夫婦でなく間違いなくこっち。 

    
  映画終了時にはひたすらこの二人の幸せのみを願ってました。大丈夫、タピィが相手ならきっ
 と彼女も日のさんさんと射す野原のような結婚生活が送れるよ!
 

  2005.11.1
 
 
 
 

  ……脇の女性で最高だったのは伯爵夫人。何がステキって、旦那が浮気したんだと思い泣くメ
 グを慰めるシーンが最高。あの、「人の不幸は蜜の味よ!」と顔中で叫んでいるかのような表情
 が絶品です!  

  ……そしてその夫人の手の中にいつもいて、「どーにでもして〜」という大変やる気のない態
 度のチワワちゃんがかわゆうございました。なんかもう、あまりにもなすがまま状態で、具合で
 も悪いのかとちょと心配する程。  

  ……例の「勝負ドレス」、パンフレットでヘレン・ハントが「難点はちょっと重かったこと」
 と言ってたのにびっくり。  
  重いんだ。そうなんだ。あんなに布地少ないのに。のに重いんだ。そうか。  
  まあ、きらきらじゃらじゃらしてるから、その部分の重さで、正味の布地オンリーの重さは吹
 けば飛ぶようなもんなんでしょうが(笑)。  

  ……パンフと言えば、このパンフさぁ〜。もっといい写真は無かったのかな。せっかくのこれ
 だけのドレス三昧の映画なんだからさ、そういう写真をもっと使って。  
  垂れ目のプレイボーイの写真なんて、コレだけですか(笑)。気の毒に。  

  ……やはり人というのは多少の屈折を内面に持っている方がずっと魅力的であるなあ、と見て
 いてしみじみ思う。深さがあるかですね。  
  メグ夫婦と何かの席で一緒になっても、会話続く自信無いもん。  

  ……無垢な女とこなれた女、確かに無垢には無垢の魅力が強くあるのですが、大きな違いは、
 こなれた女はかつては無垢な女であった、ということですね。両方を知ってる。無垢な女が何故
 無垢なのか、無垢というのはどういうことか、その無垢さに男はどう惹かれるか、を既にきちん
 と判っている。かつては自分の中にあったもので、消えてはいないのだからそれを取り出すこと
 もできる。  
  無垢な女はこなれた女の複雑さや屈折に憧れることはできても、理解することはできないもん
 な。そりゃこなれた女勝ちに決まってますわ。  

  ……ところで最初に紹介された貸別荘を訪ねるシーンで、ヨハンソンがひと通り中を見て出て
 くる門、そのつくりがものすごく『ノスタルジア』でアンドレイが滞在したホテルの門に似てい
 たように思うのですが。ホテルからボーイに荷物運んでもらって出てくるとこ。アーチ状になっ
 ていて、奥の上の方に黒々と見える建物の何かのシルエットまでそっくりに見えたのですが。  
  まあ同じイタリアだから、似たようなつくりの建物は多いか。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る