『REPULISION 反撥』

  お願い、私を放っておいて。大人しくして、いい子にしてる。だからどうか、誰も私の邪魔を
 しないで、誰も私の世界を犯さないで……ポランスキー監督の狂気あふれる傑作!
 
 
 
 
 
 

  映画を見終わった後、吐いた。
 

  幼い頃、時に世界は、自分にとって恐怖だった。
  時々頭の中のアンテナがものすごく鋭敏にふれてしまうことがあって、動くことすらできなく
 なった。
  特定の色が異様に鮮烈に目に入る。風景がやたらに光を反射する。かすかな音が鼓膜を突き刺
 すように響く。普段は気にもならない匂いに突然吐き気を覚える。
  街を歩くと、まわりの人間の思考が雑音の多いラジオのように脳をかき乱した。時折右のこめ
 かみにすっと長い針を刺すように、目の前の知らない人の思考がはっきりと言葉になって入って
 きた。
  時に世界は自分を押しつぶした。何の前ぶれもなく突然それはやってきて、ありとあらゆるも
 のがただもう圧倒的に自分の中を駆け抜けていくのだった。その時には本当にもう、動くことす
 らままならず、ただもう呆然と横たわってそれが去るのを待つしかないのだった。世界が自分の
 中に押し込んできて、自我も何もかも押しつぶして去っていくまでの、あの永遠の一瞬。
  世界の刺激と啓示をすべて受けとっていたら、人は間違いなく発狂する。だから目も耳も鼻も
 鈍らせて、それを感じないようにして生きるしかない。
  自分もそうやって、いつかあの逃れようのない圧倒的なものを忘れた。
 

  この映画を見て、あの時の感覚が一度にどっと甦った。
  とどめようもなく世界が自分を押しつぶす、あのおそろしい瞬間をまざまざと思い出した。
  やめてくれ、頼む……入ってくるな、入ってくるな、入ってくるな。
  来ないで、こわい。
  立って出ていくこともできずに、ただ画面を見ていた。
 

  どうしてこの映画が『REPULISION』なのだろう。反撥というのは圧力を押し返すことだ。彼
 女は全然、押し返せてないではないか。何とか逃れようと、ありとあらゆる手を打つが、結局
 「圧倒的に自分を呑み込もうとする世界」をはね返すことはできてない。
 

  しかし子供の自分にとって、「世界」という存在そのものが恐怖の対象だったが、これを見て
 まだ自分はそれで良かったと思った。
  彼女は姉やその恋人やまわりの人間の存在によって、特にその恐怖(=興味)の対象を性的な
 ことにしぼっていく。この「恐怖」と「興味」の間をつなぐ細い細いラインがこわい。自分にせ
 まる様々な圧倒的なものに怯える、そのどこか遠くの方で、かすかに興味、願望に近いものがち
 らちらとうごめいている。それは恐怖が大きく、そして現実的になるにつれ、だんだん遠くへ消
 えていき、最後には無くなってしまうのだが……もしもこの、細いラインがまだつながっている
 時に、何かうまく物事の歯車が回れば、この運命は避けられたのだろうか。
 

  映画の後、外を歩くのがおそろしかった。
  どうしよう。こわい。あんなことはもう二度と嫌だ。あの場所へはもう二度と戻りたくないの
 だ。
  アンテナを隠せ。鈍くなれ。目をふさげ、耳を閉めろ、鼻を閉じろ。
  何度も心の中で唱えながら、無意味に街をうろついた。ぼんやりとなることが最大の防御だ。
 入ってくるな。わたしの中に……入ってくるな。やめろ、わたしはあの場所へは決して戻らない。
  鈍くなること。それは生きる上で必須だ。
 

  どうか彼女の上に、やさしい茫昧が訪れますように。

  1998.7.3
 
 

  ……しかしパンフレットが1500円はあまりに暴利では(涙)。しかも文章ちょびっとしかなかっ
 た。結局買ってしまったが。しかもCD付2000円の方を ← ヤケ(笑)

  ……通路をはさんで斜め前に座っていた女性が、本編が始まると同時にガサガサとビニール袋
 を広げ、なんと割り箸をぱきんと割っていた。何を食べていたのかは不明だったが、箸を使って
 いるということは、弁当の類だろう。おいおい、この映画見ながら、よくものが食えるな(笑)。
 それにしても、食べたいならせめて予告の内に食べ物は袋から出して、箸も割っておけ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る